■時間帯によって大きく動く


通常、米ドル・円の為替チャートを見ていると、 夕方ごろから、大きく動き出すのですが、
これは、外国為替市場として世界最大とされているロンドン市場がスタートするからです。


基本的に外国為替市場は、土日以外は24時間取引が可能とされているわけですが、
大元である銀行間の取引時間をチェックすると取引時間により取引量に差があります。


上述した通り、外国為替市場にて最も取引量が多いのは、いわゆるロンドン時間と呼ば
れる時間帯でして、日本では夕方から深夜にかけて取引が行われます。


【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドで提供中!






■オープン直前が大きく動く

ですので、ロンドン市場がスタートすると、その後 ヨーロッパ全域の銀行が 活発な取引
を始めます。そして、ロンドン市場がスタートしてもしばらくの間は東京や香港、シンガ
ポールなどのアジア市場のディーラーも途中まで継続して取引を行っています。


そして、ニューヨーク市場がスタートする前の早朝にあたる時間帯に米国の銀行が参加
しますので、ヨーロッパ、アジア、アメリカと、全てのディーラーがロンドン市場がオープン
している間に取引をするので取引量が増すことになるわけです。


あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義





■狙い目はここ!


上述した点が相場を造りますので、取引が活発かされるので為替の値動きも大きくなる
傾向にあるので、ニューヨーク市場がスタートする直前の相場は活況となります。


ロンドン市場はニューヨークの動きを見据えて取引量が一気に高まりますので、この短い
時間帯だけを狙って取引されている投資家が少なくありません。


一般の方がFX取引を行う上でも非常に良い相場が形成される可能性が高いです!。


【PR】 FX取引はスプレッドで利益に大きな差がでます!