FXの税金についてのカテゴリ記事一覧

FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。

カテゴリ:FXの税金について

FXの税金についてのカテゴリ記事一覧。FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。
No Image

FXの税金について
基本的に所得税を求めるにあたって2つに分かれます。一つは「総合課税」で、もう一つが「分離課税」です。そして、総合課税は全ての所得を合算したうえで求めることがで…

記事を読む

No Image

FXの税金について
確定申告の時期が今年もすぐそこまで迫ってきているわけですが、くりっく365や店頭取引でのFXで利益をあげた場合、当然のことながら確定申告しなければなりません。そ…

記事を読む

No Image

FXの税金について
FX取引を副業的に行っている会社員の方も少なくありません。中には本業の給料よりも大きな利益をあげられている方もいらっしゃいます。ここで注意したいのが確定申告の手…

記事を読む

No Image

FXの税金について
 基本的にFXの利益は雑所得にあたります。そして、キャンペーンなどによって得られるギフト券などは一時所得に該当します。今回は一時所得について解説させていただ…

記事を読む

No Image

FXの税金について
FX取引で年間を通して一定条件を満たす利益をあげられた場合は必ず確定申告を行わなければなりません。所得税の確定申告する必要がある条件は以下の通りになります。 【A…

記事を読む

総合課税の仕組みと算出方法について


基本的に所得税を求めるにあたって2つに分かれます。一つは「総合課税」で、もう一つが「分離課税」
です。そして、総合課税は全ての所得を合算したうえで求めることができます。


総合課税は通常の課税方式ですので、所得がある場合はまず総合課税が適用されると考えて下さい。
そして、分離課税は他の所得と分けて納税額を計算する方法です。


これは、税金の負担を何らかの理由によって調整する必要があるために行われます。総合課税の求め
方についてですが総合課税は全ての所得を合算して所得控除を差し引いて課税総所得金額を求めます。



ここでいう全ての所得とは配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、譲渡所得、一時所得、雑所得
の10種類の所得です。そして、店頭取引のFXは雑所得に該当します。


店頭取引のFXは為替差益とスワップポイントによる利息収益から必要経費を差し引いた額が雑所得と
なります。これと他の所得をあわせた金額が総所得金額となります。


そして、これらから所得控除を差し引くことで課税総所得金額となります。これに税率をかけることにより
控除額を差し引きます。こうして導き出された金額が納税額となります。


店頭取引でFXを取引した場合、取引条件がくりっく365よりも良いため利益があげやすい反面、税金に
関しては条件が厳しいうえに面倒な点が多いので、この点に注意する必要があります。

 カテゴリ
 タグ

雑所得はどういった所得なのかについて


確定申告の時期が今年もすぐそこまで迫ってきているわけですが、くりっく365や店頭取引でのFXで
利益をあげた場合、当然のことながら確定申告しなければなりません。



そして、実際に確定申告するにあたって、所得の区分は両者ともに雑所得となります。ちなみに、所得
に関する区分は雑所得を含めて10種類(利子所得、配当所得、譲渡所得、一時所得、事業所得、
不動産所得、給与所得、退職所得、山林所得)あります。



基本的にここでいう雑所得とは他の9つの所得に該当しない所得のことです。FXの所得がなぜ雑所得
に区分されるのかは分かりませんが、FXは実際に誕生してから日が浅いため、どの区分に属するの
か定義するのが難しいと考えられたのかもしれません。



FXの場合は株のように配当所得、譲渡所得ではありませんので、税制面で不利です。これまで雑所得
は税務署側もそれほど目を光らせていませんでした。これが盲点となりました。



一般の家庭の主婦が数億円の利益をあげながら確定申告を怠たり、脱税の容疑をかけられたケースが
以前ありましたが、今後も増えるようだと規制がさらに強化されることになるかもしれません。


特に今現在世界的に金融危機が広がったことによって日本においても例外なく経済が疲弊していること
から税収が大きく低迷しています。こうした動きを抑えるためにも国は色んな手を打ってきます。取れる
ところから取るしかないので仕方がありません。ですので、税制が今後大きく変るかもしれませんね。

 カテゴリ
 タグ

会社にバレずに確定申告するポイント


FX取引を副業的に行っている会社員の方も少なくありません。中には本業の給料よりも大きな利益を
あげられている方もいらっしゃいます。ここで注意したいのが確定申告の手続きです。


会社にはFXで稼いでいることを知られたくないと思っている方は沢山います。不況のため、色々なこと
にシビアになっているので些細なことでも咎められてしまう可能性もあります。


安定した収益をFXであげられるのも毎月確実に会社からお給料が支給されるといった安心感が基に
なっているので、会社に知られずに確定申告を済ませたいところです。


今回は会社に知られずに確定申告するための方法について誠に簡単ではございますが、解説させて
頂きたいと思います。基本的に住民税の納付方法には『特別徴収』と『普通徴収』の2種類あります。


基本的に会社員の方は特別徴収です。特別徴収は勤務されている会社に送付された納税通知書を
もとに会社側が毎年6月から翌年の5月までの給料から天引きして納税します。


ですので、この段階で給与以外の収入があることがバレてしまいます。このため、確定申告するさいは
申告書に住民税に関する項目がありますので、ここで普通徴収を選びます。


そうすると納税通知書は自宅に届きますので、ご自身で住民税を支払います。実際に面倒ではありま
すが、後々嫌な思いをしないためにも、率先して手続きされることをオススメします。

 カテゴリ
 タグ

キャンペーンの景品などの税金について

 

基本的にFXの利益は雑所得にあたります。そして、キャンペーンなどによって得られるギフト券などは
一時所得に該当します。今回は一時所得について解説させていただきたいと思います。


基本的に一時所得とは競馬などのの懸賞金や国債などの満期金などといった、一時的に入る所得の
ことをさします。一時所得の課税金額の求め方は以下の通りとなります。


 
 『 実際の収入金額−収入を得るのにかかる費用−特別控除(50万円)÷2 』



ですので、実際の収入額から収入を得るためにかかった費用を差し引いて50万円未満であるならば
課税されません。この点に関しましては十分注意する必要がありそうです。


具体的な例では、FX取引で18万円しか利益がだせなかったので、確定申告する必要がないと思って
いたところキャンペーンでもらったギフトカードが3万円見つかりました。


これにより利益が20万円を超えてしまうのですが、基本的に3万円分のギフトカードは課税対象になり
ませんので、利益は18万円のままですから基本的には確定申告する必要はありません。


毎回確定申告前に色々とトラブルが発生するので文字通りドタバタすることになりかねません。そうなら
ないためにも事前に余裕をもって取引できるように注意する必要があります。

 カテゴリ
 タグ

FX取引で確定申告が必要となる各条件


FX取引で年間を通して一定条件を満たす利益をあげられた場合は必ず確定申告を行わなければなり
ません。所得税の確定申告する必要がある条件は以下の通りになります。



【A】 給与所得者で年間の給与収入が2000万円以上ある場合

【B】 給与所得者で給与所得ならびに退職所得以外の所得の合計額が20万円以上ある場合
【C】 退職所得がありながら退職所得以外の所得による納税額がある場合
【D】 公的年金をはじめ総合課税の雑所得があり、所得控除を差し引いても納税額がある場合

【F】 【A】から【B】に該当しない方で自営業で納税額がある場合、年間所得が38万円以上ある場合


基本的に所得がある場合は、年間所得から38万円差し引くことができるのですが、これを基礎控除と
いいます。基礎控除は課税最低限度額です。38万円以下の場合は課税されません。



このため、もし、FX取引を専業で行われているためFX取引以外での所得が無い場合は必然的にFXの
利益から38万円差し引かれます。FXの利益が38万円以下の場合は申告の必要はありません。


一方、住民税に関しては基礎控除が33万円で設定されています。申告免除もないので子、仮にFXの
利益が20万円以下であっても住民税だけは申告する場合があります。

 カテゴリ
 タグ
さらに詳しく調べる


 検索例 
  FX 通貨ペア 手数料などと入力
メニュー
カテゴリ
お問い合わせフォーム

btn_msg.gif

相互リンク随時募集中!
タグクラウド
タグ
  • SEOブログパーツ
  • SEOブログパーツ


Copyright © FX取引の基本が分る外貨投資入門 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。