外貨投資の基本についてのカテゴリ記事一覧

FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。

カテゴリ:外貨投資の基本について

外貨投資の基本についてのカテゴリ記事一覧。FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。
No Image

外貨投資の基本について
今回は外国為替の仕組みについて誠に簡単ではございますが、解説させて頂きたいと思います。海外旅行でアメリカに行くこととなり、10万円をお小遣いとして持っていくこと…

記事を読む

No Image

外貨投資の基本について
外貨投資に限らず投資には取引するに当たって手数料が発生します。これが結構バカになりません。年間を通して取引すると結構な額になります。【PR】 全通貨業界最高水準…

記事を読む

No Image

外貨投資の基本について
基本的に海外と日本とでは祝日も異なれば企業の決算期も異なりますので、この点を意識して取引する必要があります。例えば企業の決算期は1月から12月の事業年度で活動し…

記事を読む

No Image

外貨投資の基本について
FX(外国為替証拠金取引)の歴史は浅く、実際にFXが誕生してからまだ10年程度しか経っていません。きっかけは1998年に金融ビックバンによって一般にも外国為替取引が開放…

記事を読む

No Image

外貨投資の基本について
【FXが判る外貨投資入門】米国株式市場が小幅ながら続伸したことを受けてドル円は日経平均の上昇に引っ張られるように上昇し一時115円台をつけました。しかし、その後、1…

記事を読む

No Image

外貨投資の基本について
【FXが判る外貨投資入門】米国のサブプライムローン問題が欧州に波及し、フランスBNPパリバファンドの16億ユーロの凍結が明らかになりました。これを受けて、ユーロを軸…

記事を読む

No Image

外貨投資の基本について
 【FXが判る外貨投資入門】前日、NYダウが280ドル以上の今年最大となる暴騰により、ドルが買われ、一時、急落前の119円前半まで急騰したまま東京タイムに引き継ぎま…

記事を読む

No Image

外貨投資の基本について
【FXが判る外貨投資入門】先週の金曜日で発表された米非農業指数が軟調なデータだったため、ドル円は117.58の安値で低寄りすることとなりました。また、本日、内閣府が発…

記事を読む

為替が変動すると生活に大きく影響する



今回は外国為替の仕組みについて誠に簡単ではございますが、解説させて頂きたいと思います。
海外旅行でアメリカに行くこととなり、10万円をお小遣いとして持っていくことにしました。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



このため、近所の銀行に日本円を米ドルに両替してもらいに出かけました。


このときの為替レートは1ドル=90円だったので、10万円は1111ドルになりました。


こういった形で円をドルに替えることが外国為替です。


ですので外国為替とは異なる通貨を交換することです。そして、おなじようにオーストラリア
の人が日本に旅行するために豪ドルを日本円に両替すればこれも外国為替取引になります。


また今現在インターネットが普及したことにより簡単に海外の通販を利用することができます。
海外の通販を利用して買い物する場合はクレジットカードで決済します。


海外の通貨で価格設定されている商品代金を日本円で支払うわけですから、実はここでも為替
取引が行われているのです。こういった形で為替取引がより身近になっています。


そして、経済のグローバル化が進む中で日本の多くの企業が為替取引を行っており、輸出企業
は国内で物を製造して代金として受け取った外貨を日本円に替えます。


反対に輸入企業の場合は円を外貨に両替したり、もしくは海外で外貨建ての債券を発行すること
で外貨を調達して代金を決済しています。今後さらに為替取引が身近になることが予想されます。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


 タグ

外貨投資では取引コストもリスクの一つ



外貨投資に限らず投資には取引するに当たって手数料が発生します。これが結構バカ
になりません。年間を通して取引すると結構な額になります。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



年間を通じて難しい相場が続くと場合によっては利益を大きく削られます。


例えば豪ドルを外貨預金した場合、大手都市銀行では平均して往復5円です。豪ドル
が5円以上上昇しないと外貨預金では為替益をえることができないわけです。


しかも外貨定期預金の場合は金利が良くても一定の期間外貨を預け入れる必要があり
ますので、せっかく円安に向っていても常にリスクがつきまといます。


例えば満期を迎えるころには急激に円高が進んでしまうこともあります。


つまり外貨預金ではそう簡単には為替差益を得ることができないのです。一方、FXは
豪ドルで往復5銭〜10銭程度ですので、比較にならないぐらい割安に設定されてます。


ですので、外貨預金のように大きな為替差益を必要としなくても良いのです。豪ドル
を仮に1万ドル取引しても手数料は往復で1000円程度です。


取引コストが格安であるため、小さな動きでもFXでは十分収益になります。


欧州の金融危機により、これほどまで世界的に経済が混乱している状況下では、外貨
預金のように中長期で外貨を保有しなければならないのはリスクが高すぎます。


多くの方が外貨預金よりもFXの方がリスクが高いと考えられています。しかし、実際
には外貨預金の方がはるかにリスクが高いということがお分かり頂けると思います。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


欧米企業の海外投資が活発になると自国通貨安となり、引き戻されると自国通貨高になる


基本的に海外と日本とでは祝日も異なれば企業の決算期も異なりますので、この点を意識して取引する
必要があります。例えば企業の決算期は1月から12月の事業年度で活動しています。


そして、米国は情報開示義務が日本では考えられないほど厳しいことから決算も年に4回行われます。
四半期ごとに決算が行われるので1年のうち1月、4月、7月、10月は海外への投資が活発化します。


そして、決算月である3月、6月、9月、12月は反対に海外で運用していた資産を引き上げていきます。
こうしたことから、米国の場合は米ドルを買い戻す動きが活発化しますのでドル高が進みます。


米国の企業の多くが生産拠点が海外のため、米国の年度末にあたる12月にはドル高が進みますが、
12月はクリスマスが控えているため、ホリデイを有意義に過したいと従業員の多くは考えます。


このため、11月の後半から徐々に動かす傾向が強いです。ですので、12月の2週目くらいまで相場は
かっきょうなりますが、上述した理由から感謝祭やクリスマス前後は為替取引が減少します。


また、欧米ではイースター休暇前も相場は閑散とします。一方、中国などアジア諸国では旧正月を盛大
に祝うので1月末から2月初めまではお休みとなりますので、東京市場が本当に静かになります。


欧米のこうした動きの背景には色々な要因があるわけですが、毎年決まった時期に同じように動きます
ので、しっかりと把握したうえでFXなどを取引されることをオススメします。

FXの誕生からこれまでの歴史について


FX(外国為替証拠金取引)の歴史は浅く、実際にFXが誕生してからまだ10年程度しか経っていません。
きっかけは1998年に金融ビックバンによって一般にも外国為替取引が開放されたのです。


それ以前というのは海外投資に関しては非常に閉鎖的でした。外貨預金できる銀行も大蔵大臣に認可を
受けた一部の大手銀行に限定されていましたしので外貨投資は一般向けではなかったのです。


しかし、1998年に外為法が改正されたことによって状況は大きく変化しました。これまで個人には認めら
れていなかった外国為替取引や通貨のデリバティブ取引も可能となったのです。


当時すでに日本の金利水準は大きく低迷していましたので、日本のお金が一気に海外へと流出すること
になったわけです。これによりFXはインターネットの普及にともない人気が一気に拡大しました。


実際に市場規模は年々拡大しており、FXの保証金残高は1兆円に迫る勢いです。株式投資を始められる
投資家が年々減っているにも関わらず、FXの人気が高まっているのはわけがあります。


現物の株式投資は買いからしか入れないため、今現在のような下落局面では利益を出すのが難しいわけ
ですが、FXの場合は売りからも入れますので相場が下落局面でも利益を得るチャンスがあります。


また、レバレッジをかけることで投資効率と資金効率を高めることができますし、24時間いつでも取引でき
るのは、日中仕事を持つ人でも自分のペースで取引することができます。


中にはパチンコからFXに切り替える人もいます。1万円で100万円以上の取引をして数万円程度の利益
を稼ぐのですが、そういった取引を不定する気は毛頭ありませんが、できるだけ長く取引しながら確実に
運用資産を拡大することを目的にFX取引を行った方が色々な面でメリットがあります。

円・ドル相場概況(8月21日)



【FXが判る外貨投資入門】


米国株式市場が小幅ながら続伸したことを受けてドル円は日経平均の
上昇に引っ張られるように上昇し一時115円台をつけました。


しかし、その後、115.00円台で売り圧力が強いことから、昼ごろ、相場
は再び下落に転じることとなりました。


また、ドル円の1月限のインブライド・ボラティリティが上昇したので、
円キャリートレードのリスクは高まっております。


一方、欧州時間に入りますと、欧州株市場の下落に追随して、ドル円は
下げ幅を拡大する展開となるも、114.01の安値を付けました。


そして、全体的には、テクニカル指標は先安に傾き、ドル円の反発は
一段落となると思われます。




応援クリックおねがいします。

FC2 ブログランキング

人気blogランキングへ




FXをはじめ外貨への投資を開始する、各機関のサービスを受ける際には
必ずご自身で実際にご確認頂けますようお願いします。当方では利用者
の損害につきましては、誤字、御配信を含めましていかなる場合にも、
責任は負いませんので予めご了承下さい。

FXが判る外貨投資入門
トップへ
 タグ

円・ドル相場概況(8月10日)



【FXが判る外貨投資入門】



米国のサブプライムローン問題が欧州に波及し、フランスBNPパリバ
ファンドの16億ユーロの凍結が明らかになりました。


これを受けて、ユーロを軸に暴落することとなりました。



また、クロス円においても、ほぼ全通貨で8月の安値を更新する勢いで
下落が進む展開となるも、東京タイム後半からは安値を拾う注文も出始
めたことで今回の暴落に一服感が出てきました。

 

東京タイムで暴落の進行を止めた後の欧州時間は特別大きなニュースが
飛び込んでこない限りは多少なりとも円売りが進むと思います。



幸い本日は重要指標の発表がありません。

日経平均株価も406.51安となっております。
非常に値動きの激しい一週間となりました。
 
 


【編集後記】


ここ最近、ここまで値動きの激しい相場展開を体験したことが
ないので、困惑しております。


米国株式市場に引っ張られる形で、各国の株式市場が値をつけ
る状態にあり、株価の動きで通貨も変動します。


金融市場の信用不安が改善されることを期待します。



応援クリックおねがいします。

FC2 ブログランキング

人気blogランキングへ




FXをはじめ外貨への投資を開始する、各機関のサービスを受ける際には
必ずご自身で実際にご確認頂けますようお願いします。当方では利用者
の損害につきましては、誤字、御配信を含めましていかなる場合にも、
責任は負いませんので予めご了承下さい。

FXが判る外貨投資入門
トップへ

 タグ

円・ドル相場概況(8月7日)

 


【FXが判る外貨投資入門】



前日、NYダウが280ドル以上の今年最大となる暴騰により、ドルが買われ、
一時、急落前の119円前半まで急騰したまま東京タイムに引き継ぎました。



しかし、皮肉にも急騰への不安から円は買い進まれる格好となりました。



そして、戻りも限定的で118円後半で様子を見る気配が漂っています。


今晩、米国FOMC政策金利の発表がありますので、マーケットは小動きと
なっていることから様子見状態が続きそうです。



また、米国政策金利発表後に、オーストラリアの政策金利が発表されます。


市場では、この局面で0.25%の金利引き上げが予想されております。

 

サブプライム問題の影響をオセアニア通貨も受けることとなり、急落する
こととなりましたがファンダメンタルズ的には継続して好調です。




応援クリックおねがいします。

FC2 ブログランキング

人気blogランキングへ




FXをはじめ外貨への投資を開始する、各機関のサービスを受ける際には
必ずご自身で実際にご確認頂けますようお願いします。当方では利用者
の損害につきましては、誤字、御配信を含めましていかなる場合にも、
責任は負いませんので予めご了承下さい。

FXが判る外貨投資入門
トップへ

 タグ

円・ドル相場概況(8月6日)



【FXが判る外貨投資入門】


先週の金曜日で発表された米非農業指数が軟調なデータだったため、
ドル円は117.58の安値で低寄りすることとなりました。



また、本日、内閣府が発表した6月の景気動向指数速報は、先行指数
が80.0%と、市場予想とほぼ一致したことから、8カ月ぶりに分水嶺
の50%を上回ることとなりました。



また、6月の一致指数は5月の60.0から77.8まで上昇しております。



しかし、こうした好材料も相場への影響は限られました。



全体的には、ドル円は117.30の上方で引けるてんかいとなれば、
今後反発する可能性が高いように思われます。




応援クリックおねがいします。

FC2 ブログランキング

人気blogランキングへ




FXをはじめ外貨への投資を開始する、各機関のサービスを受ける際には
必ずご自身で実際にご確認頂けますようお願いします。当方では利用者
の損害につきましては、誤字、御配信を含めましていかなる場合にも、
責任は負いませんので予めご了承下さい。

FXが判る外貨投資入門
トップへ

 タグ
さらに詳しく調べる


 検索例 
  FX 通貨ペア 手数料などと入力
メニュー
カテゴリ
お問い合わせフォーム

btn_msg.gif

相互リンク随時募集中!
タグクラウド
タグ
  • SEOブログパーツ
  • SEOブログパーツ


Copyright © FX取引の基本が分る外貨投資入門 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。