その他のカテゴリ記事一覧

FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。

カテゴリ:その他

その他のカテゴリ記事一覧。FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。
No Image

その他
■今だに危機を脱していない!世界の市場はグローバル化が急速に進んだことにより、例えば世界のどこかの国の相場が暴落すると、その余波を世界中が一体となって受けるこ…

記事を読む

No Image

その他
■こうして業者は騙そうとする為替レートを動かす要因として政府や金融当局などの要人の発言があげられます。昨年黒田日銀総裁の大胆な金融緩和を行うと発言したのをきっ…

記事を読む

No Image

その他
■外貨預金の取り扱い通貨は少ないFXが人気化する前まで、一般の個人投資家にとって外貨投資は外貨預金しかありませんでした。外貨預金をされている多くの個人投資家が米…

記事を読む

No Image

その他
■中短期の下降トレンドに要注意シリア情勢が混乱しているため、一時大きく円高が進み市場全体が混乱しましたが、ようやく1ドル98円台まで回復しています。しかし、依然…

記事を読む

No Image

その他
■今後の相場展開は?よく相場では「良い円高」、「悪い円高」といった言い方がなされています。ようやく昨年の暮れから円安化が進んでいますが、だからといって安心はで…

記事を読む

No Image

その他
■ようやく円安方向へ動き出すほんの数年前まで「円高・ドル安」という言葉を聞かない日がないほど頻繁に新聞やテレビで報じられていましたが、2012年末に新政権が誕生し…

記事を読む

No Image

その他
■バブル崩壊で土地神話も崩壊1990年代初頭までは土地神話が生きていましたから、マイホームを購入すること自体が立派な投資と考えられていました。毎年地価が確実に上昇…

記事を読む

No Image

その他
■株取引で損する仕組みFXをはじめとした外貨投資と株式投資とを比較した場合、投資対象が株式市場に上場している企業であるため、株式投資の方が圧倒的に身近に感じられ…

記事を読む

No Image

その他
■なぜデリバティブが拡大したのか?原油価格が高騰すると日本国内の製造業は大きな打撃を受けます。殆どの資源を海外から輸入に頼っているため、原油価格の高騰によって…

記事を読む

No Image

その他
■景気が上向くさいの注意点これまで投資は、一部の富裕層のみが行うものとされていました。ビジネスで成功したら投資でさらに資産を増やすのがお金持ちがさらにお金持ち…

記事を読む

No Image

その他
システムトレードが人気を集めていますが、システムトレード自体はかなり昔からある手法の一つですが、パソコンの性能が急速に向上したことによって一般に浸透しつつあり…

記事を読む

No Image

その他
金融不安がここにきて沈静化していますが、秋ごろにまた不安な動きが顕在化する可能性があるようなので、日本のお盆シーズンくらいか注意が必要えす。【PR】 全通貨業界…

記事を読む

No Image

その他
株式投資からFX取引に乗り換える方が少なくありません。やはり、個別銘柄への投資は複雑な銘柄分析に時間を取られますし、取引時間の制限も大きな障害です。【PR】 全通…

記事を読む

No Image

その他
新聞の株価一覧をご覧になったことはございますでしょうか?。一度でも株価一覧をご覧になればお分かりいただけると思いますが、株式市場は色々な市場あります。【PR】 …

記事を読む

No Image

その他
外国為替市場は24時間取引可能であるため、FXはいつでも好きなときに取引出来るわけですが、他の外貨商品は金融機関が営業している間しか取引できません。【PR】 全通貨…

記事を読む

No Image

その他
基本的に外貨預金は外貨定期預金を指します。外貨普通預金ではほとんど金利はつきません。今回は外貨定期預金とFXでの運用効果の比較について解説さえて頂きます。【PR】…

記事を読む

No Image

その他
FXに限らず投資で自らを失敗に追込んでしまう要因の一つにプロのトレーダーやファンドマネージャーのような取引を目指してしまう点があげられます。取引を難しくしてしま…

記事を読む

No Image

その他
FXはレバレッジをかけることで手持ちの資金よりも多くの外貨を取引することができます。くりっく365ではじめる安心FXこれがFXの最大の魅力とです。しかし、レバレッジを…

記事を読む

No Image

その他
外貨商品のなかでFXの次に人気が高いとされているのが外貨預金です。多くの投資家の方が預金とついているだけで安全度が高いと思われるようです。しかし、リスクにかんし…

記事を読む

No Image

その他
【為替レートの仕組みについて】これまでにFXのような外貨投資の経験がない方でも、海外旅行など日本円を外貨に両替された経験があるかと思います。基本的にはこういった…

記事を読む

長期的な円安局面に入ると起こりうる問題




■今だに危機を脱していない!


世界の市場はグローバル化が急速に進んだことにより、例えば世界のどこかの国の相場が
暴落すると、その余波を世界中が一体となって受けることになります。


こうした動きを残念ながら世界は避けることはできません。


数年前のドバイショックにより一時的に市場が混乱しました。


その後、ドバイが抱える負債額が少ない点やアブダビによる救済案がまとまったことにより、
一旦は難を逃れたようにみえたのですが、ここで止めることはできませんでした!


問題は解決したようにみえますが、常に危機が世界中に広がっています。


FX取引はスプレッドで利益に差が出ます! >>






■バブル崩壊後に起こりえることとは?


ドバイに多額の資金を投入した欧州諸国に飛び火することとなりました。


そのまま欧州の不動産バブルは崩壊し、「PIGSショック」でユーロ諸国のデフォルトリスクが
一気に高まり、世界中が混乱しています!。依然として改善される兆しがありません。


そうした影響からドルキャリーの巻き戻しが起こり、南アフリカランドようの高金利通貨の投げ
売られることとなり、日本の個人投資家も大きな損失を被ることとなりました。


ここでいうドルキャリーとは正確には「キャリートレード」といいます。金利の安い通貨を売って
金利の高い外貨を買うことによって金利差を効率よく稼ぐ為替取引の手法の一つです。


あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義






■キャリー・トレードとは?


ドルキャリーの巻き戻しとは大きなスワップ金利を狙って金利の高い通貨を取引していたところ
に、突然不安材料が流れたため、大きな損失を避けるために投げ売りすることをさします。


中東の小国のことで日本企業の抱えることとなる負債も大したことないとして、そのままポジシ
ョンを放置してしまった方は大きな損失を被ることになってしまいました。


2007年前半までは日本円が主要国通貨の中で圧倒的に金利水準が低かったので、円キャリー
トレードが活発に行われました。まさに金で金を稼ぐ究極の取引方法です。


リーマンショック後は一時日米の金利水準が逆転することとなり、ドルが円に代わってキャリー
トレードの餌食となりました。こういったことが繰り返されるので注意してください!


為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>


 カテゴリ
 タグ

政府要人の発言が与える相場への影響力




■こうして業者は騙そうとする


為替レートを動かす要因として政府や金融当局などの要人の発言があげられます。


昨年黒田日銀総裁の大胆な金融緩和を行うと発言したのをきっかけに円安が一気に進み、
市場を大きく動かしたことは、記憶に新しいところです。


為替レートに影響力が最も強い要人といえばFRB議長です。


今現在イエレンFRB議長が米国の金融政策に関する最高意思を決定します。






■FRBとは?


FRBは米国だけでなく世界中に大きな影響を及ぼします。


そして、このFRB(Federal Reserve Board:連邦準備制度理事会)が中心となって開催
しているのがFOMC(Federal Open Market Commitee:連邦公開市場委員会)です。


FOMCはFRBの理事が7名、そして、米国内の各地区から選ばれた連邦準備銀行総裁5名で構成され
ており、米国の政策金利であるフェデラル・ファンド金利など金融政策に大半が決定します。


基本的に「FOMC」は、年8回6週間おきに開催されます。


また、緊急時には臨時で電話会議が行われることが過去に何度かありました。


あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義






■FOMCが市場にあたえる影響は依然大きい!


そして、実際にFOMCが開催されると声明文が発表されます。


この声明文から米国の今後の金融政策を示すものとなっているため、世界中が注目します。


ですので、当然のことながら為替相場にも大きな影響をおよぼしますので要注意です。


基本的に経済指標と同じで事前予想に対してどれだけサプライズが見込めるかがカギです。


市場予想通りの内容にとどまると、折込済みということで反応することはほとんどないです。


また、政府要人の発言を予測するのはプロでも難しいとされています。


FX取引はスプレッドで利益に差が出ます! >>



 カテゴリ

外貨預金にないFXのメリットについて




■外貨預金の取り扱い通貨は少ない


FXが人気化する前まで、一般の個人投資家にとって外貨投資は外貨預金しかありませんでした。


外貨預金をされている多くの個人投資家が米ドルを中心に外貨預金を行っているわけですが、
実際に、外貨預金できる外貨はFXほどではありませんが、色々な物があります。


FX取引をすでに行われている方はメジャー通貨の中で比較的金利が高い、オーストラリアドル、
ニュージーランドドルを思い浮かべますが、外貨投資を行ったことがない方は知りません。


為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>






■円高が進と外貨預金が人気化する


ちなみに外貨預金が注目されるのは、極端に円高が進んだときです。


それに合わせて「金融機関」の多くは新規顧客を獲得するためにキャンペーンを打ち出します。
この時に提示されるキャンペーン金利の高さに引かれて外貨預金る方も少なくありません。


高金利通貨を保有した時のスワップポイント以上に年間利回りが高いのが特徴です。
しかし、これは長期間で保有することが前提となっています。


このため、中途解約した場合には原則的にペナルティが科されます。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義






■こうして業者は騙そうとする


金融機関側も長期間にわたって口座を維持してもらうことにより、よその銀行にに乗り換え
られることを防ぐことを狙っているわけですが、効果のほどはどうなんでしょうね。


実は驚くべきことに期間が長ければ長くなるほど、サービスが全般的に特別良くなくても、
他の銀行に乗り換える気というのは、次第に薄れていくものなんです。


しかし、気をつけなければならないのは為替レートがさらに円高に向かってしまった時です。
実際に満期を迎えたときには、高い金利が一気に吹っ飛ぶ可能性もあります。


それでも「 外貨預金 」には外貨預金の良さがあります。


しかし、やはり相場に合わせて柔軟な取引ができるFXに魅力を感じずにはいられません。

為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>



 カテゴリ
 タグ

下降トレンドでの売買戦略とは?



■中短期の下降トレンドに要注意

シリア情勢が混乱しているため、一時大きく円高が進み市場全体が混乱しましたが、ようやく
1ドル98円台まで回復しています。しかし、依然として不安定な状態が続いています。


短期的な下降トレンドでは、当然上昇トレンドと違った売買戦略が必然的に求められます。
長期的な上昇トレンドにあるときは、買ったまましばらく放置しても問題ありません。


相場が上昇トレンドにあるときというのは、二国間のどちらかが基本的に好景気にあるわけで
すから、金利差が大きいのでスワップポイントを狙うのも有効な手段となります。

全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう >>





■難しい相場展開が続く

そして、押し目買いを入れても失敗する可能性も低かったので、どのような取引を実践したと
しても儲けやすかったわけですが、残念ながら下降トレンドでは厳しいです。


しかし、中・短期的な下降トレンドにある場合は下落するときは一気に下落します。このため
短期間で相場が大きく動きますので、迷っているとこうした動きに飲み込まれてしまいます。




■無理やりスピーディーに取引させられる

たった数日で10円前後乱高下することもあるので、迷っている暇はありません。下降トレンド
にあるときは、相場が戻ることは期待し無い方が良いでしょう。


そうしないと適切なタイミングで損切りができません。


金利差が縮小している場面ではポジションを長く保てば保つほどマイナスのスワップポイント
が拡大することになりますので注意が必要です。戦争ともなれば、相場は大荒れとなります。


売り買いをスピーディーに行わないと、ひたすら損失を拡大し続けることになります。

為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>


 カテゴリ
 タグ

投機色の強い乱高下が激しい相場展開へ



■今後の相場展開は?

よく相場では「良い円高」、「悪い円高」といった言い方がなされています。ようやく昨年
の暮れから円安化が進んでいますが、だからといって安心はできません。


国内政治は政権が変ったことによって安定してはいますが、中国、韓国などの新興国経済が
厳しい状況にあり、しかも米国はQE3を縮小する可能性が高く、欧州も再びギリシャの借り
換え問題が浮上しているため、混乱した状況が年末に向けて予想されています。


そうするとマネーの行先は日本となり、とりあえずということで日本国債が買われることと
なり、金利低下と円高が進む可能性が高いので十分注意が必要です。

全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう >>





■これから年末にかけて要注意!

米国経済は表向き株価が史上最高値を更新するなど、一見景気がよさそうですが実体経済が
深刻なレベルにまで悪化しています。ボストンはすでに財政破たんしています。


雇用を改善するために、米国はグローバル化ではなく外に出た企業を呼び戻そうと必死です。
米国の例を見えれば完全にグローバル経済は失敗であることが証明されています。


一方、ユーロもようやく安定したように思えますが、再びギリシャの借り換えリスクが浮上
してます。年末にかけてマイナス要因が余りにも多いので、十分注意してください。




■中長期はしばらくお休みがベター

しかし、世界中のマネーは利益を求めてとてつもない早さで世界中を動き回っていますので、
そうした動きが、より加速する可能性が高いです。大失敗するファンド筋も増えそうです。


そうなると余計に金融不安が拡大することとなり、市場は大きく混乱し、ハゲタカが容赦なく
仕掛けてくるため、相場は魑魅魍魎の世界になりそうです。とにかく危険がいっぱいです。


このため極端にドル安が進んだり、反対に極端に円高が進むような、乱高下の幅が過去に経験
したことのない状況に陥る可能性が高いので中長期投資は注意が必要です!

為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>


 カテゴリ

為替が円高・円安に動く仕組みについて



■ようやく円安方向へ動き出す

ほんの数年前まで「円高・ドル安」という言葉を聞かない日がないほど頻繁に新聞やテレビ
で報じられていましたが、2012年末に新政権が誕生してようやく円安方向に転じてます。


円高、円安は実際に外貨投資を経験されたことがない方でも、どういった状態になるのか、
おおよそ分かると思いますが復習の意味をこめて、解説させていただきたいと思います。


円高・円安とは為替レートが変動することによって、 二国間の通貨の力関係を示してます。
1ドル=100円と仮定して、円高が進んだ状態は相対的に価値が変化していることです。

全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう >>





■円高・ドル安の仕組み

リーマンショック後の米国経済は、日増しに悪化したことから、世界中でドルを売りたい人
が一気に増えたことによってドルの価値が下がることでドル安となります。


その反対に円の価値が上がりますので円高・ドル安となります。この状態が未来永劫続くか
のようにメディア(1ドル=50円説など)は報じていましたが、そんなことはありえません。


金融緩和策をとったことで米国経済が回復に向かったためドルが買われだすとドルの価値は
上がりますので、ドル高となり、反対に円の価値が下がるので円安・ドル高となります。




■円高・円安どちらが得?

今度は物を買う場合です。1ドル=90円のときに1000ドルのブランドバックを買うには9万円
必要です。しかし、1ドル=100円まで円安が進むと同じものが10万円になります。


つまり、 ドルに対して円の価値が下がったため、同じものが1万円多く支払わなければ購入
できなくなったわけです。ですので、円安とは円の価値が下がったことを意味します。


反対に1ドル=80円まで円高が進めば8万円で買えますので円の価値が上がったので1万円少なく
支払って同じものが買えるわけです。この状態が円高でこれまで日本経済を苦しめていました。


日本経済が長期的な経済成長を実現するためにも、110円から120円で推移することが望ましい
とされています。そうなれば、FXで中長期で投資する旨みも増すことになります。

為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>


 カテゴリ
 タグ

FXと住宅購入を比較して分かることとは?



■バブル崩壊で土地神話も崩壊

1990年代初頭までは土地神話が生きていましたから、マイホームを購入すること自体が立派な
投資と考えられていました。毎年地価が確実に上昇したため資産価値も連動して上昇しました。


このため、例え長期でローンを組んだとしても、ローンの支払いを終えた頃には購入したとき
よりも資産価値は上がっているという思惑から無理をしてでも住宅を購入したわけです。


しかし、残念ながら90年代半ばからは土地神話は崩壊し、それにともなって地価が下降局面に
入りました。ローンの支払いを終えても、買ったときより資産価値が上がる保障はありません。

全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう >>





■不動産購入のリスク

これまでローンを組んでマイホームを購入するといった投資法は通用しません。住宅を購入
された人達は当然のことながら、不不動産に投資しているという感覚はありません。


住宅購入をFX取引で置き換えた場合、例えば物件価格が3000万円で頭金300万円で購入した
場合はレバレッジ10倍で取引していることと基本的には同じです。しかも超長期投資です!


しかし、実際に戸建住宅やマンションなどの不動産を購入されている方の中で、レバレッジ
をかけて取引しているという感覚を持ち合わせている方は恐らくいらっしゃらないでしょう。




■疑うことも必要

そうした方々でさえも、FXでレバレッジを10倍かけて取引することに対してはリスクの高い
取引と思われるでしょう。利用目的や見た目は違っても中身は似たようなものです。


ですので、安全とされているものや危険とされているものを比較して検証してみたり、世の
常識とされていることを疑ってみることは、大変重要なことだと思います。


もしかすると、「 これまで安全と信じていたことが実は大変リスクが高かった 」といった
ことが多数あるかもしれませんが、知ることで新しい未来が確実に開けます!。

為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>


 カテゴリ
 タグ

FXにはない株のリスクについて



■株取引で損する仕組み

FXをはじめとした外貨投資と株式投資とを比較した場合、投資対象が株式市場に上場して
いる企業であるため、株式投資の方が圧倒的に身近に感じられると思います。


上場している企業の中には 国内外で有名な企業が沢山あるので 当然といえば当然ですが、
株の場合は、実際に株式投資を行っていない方でも仕組みを理解している方が多いです。


株取引で利益があがる仕組みは単純で、A社の株を買って、買った値段よりも上がって売却
すれば利益がでます。反対にA社の株を買った時よりも安い値段で売れば損をします。

全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう >>





■意味もなく株を長期保有してしまう理由

語弊があるかもしれませんが現物の株取引は外貨投資でいうところの外貨預金に近いです。
現物の株取引は、安く買って高くなったら売れば良いわけです。


レバレッジがないので仮に建てたポジションが目減りしたとしても、どこかの時点でプラス
になれば、その時点で売却すれば儲かります。(投資効率の面では良くありませんが)


ですので、 株式投資を中心に行っている投資家の多くが売るタイミングを逃し、その結果
として株を「塩漬け」にし、最終的には損失を被ってしまうわけです。




■外貨投資にはない株の信用リスクについて

外貨投資にはない株のリスクとして信用リスクがあります。投資した企業が倒産することで
株は文字通り紙くずとなってしまいます!実際にそういったケースがあります。


世界経済が低迷し、中国などの新興国にまで影響が広がっている状況では、破綻に追い込ま
れてしまう企業も今後増える可能性があり、同時に損失を被る投資家も連動して増えます。


一方、外貨投資の場合はそうしたリスクが低いです。 数年前にアイスランドが国家破綻した
のでゼロとはいえませんが、投資対象が破綻して取引停止になる可能性は低いです。

為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>


 カテゴリ
 タグ

投資は大手金融機関の動きに注意!



■なぜデリバティブが拡大したのか?

原油価格が高騰すると日本国内の製造業は大きな打撃を受けます。殆どの資源を海外から
輸入に頼っているため、原油価格の高騰によって原材料が高騰してしまうからです。


日本以外の先進国では製造業に見切りをつけて金融や不動産市場を拡大させることに奔走
することとなり、デリバティブ市場が拡大したのもこういったことが背景にあります。


このため20代や30代の若さで巨富を築き上げる人たちが続出し、中には金融機関に勤めて
いるわけでもなく、ビジネスを立ち上げるよりも小さな資金で投資をスタートしてます。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!





■年金資金もデリバティブで運用

こういったことを良い悪いで判断することは控えさせていただきますが、今では個人だけ
でなく、欧米でも年金資金の運用がヘッジファンドなどで行われています。


日本の年金資金の一部こうした海外のファンドによって運営されているのですが、2007年
まではプラスとなっているところが圧倒的に多かったのですが、リーマンショック以降は
厳しい状況が続くこととなり、依然として明るい方向には向かってません。




■いつ爆発してもおかしくない

リーマンショックによって、欧米の大手金融機関が巨額の損失を計上したことから、連鎖
倒産させないために、応急措置として法が一時的に改正されたことになりました。


これにより倒産寸前にあった金融機関の多くが確定していない損失分をバランスシートに
計上しなくても良くなったので、表向きの業績は著しく回復することになりました。


しかし、実際にどれほど含み損を抱えているのか正確に把握することが難しい状況にあり
ますので、金融機関から好材料が発表されたとしても楽観視することができません。


ある日突然大爆発なんてことになりかねません。その引き金は欧米が引くかもしれませんし、
中国が引くかもしれません。いずれにしても、上述した点は常に念頭に入れておいて下さい。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!


景気が上向くと金融機関はこうして個人を騙す



■景気が上向くさいの注意点

これまで投資は、一部の富裕層のみが行うものとされていました。ビジネスで成功したら
投資でさらに資産を増やすのがお金持ちがさらにお金持ちになるための常套手段でした。


しかし今ではインターネットが普及したことによって個人でも投資の世界に足を踏み入れ
ることが容易になり、特にFXの場合は小額の資金で取引できるため敷居が非常に低いです。


2005年頃に『預金から投資へ』といったキャッチフレーズを巧みなメディア戦略によって
一般に浸透させます。団塊世代の人たちが株式や投資信託で運用を始めたのです。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!




■世界は危険がいっぱい

大事な退職金やリタイヤ後のなけなしのお金をリスク商品に投じたわけですが、当初は、
日本市場が上昇相場にあったため大きな利益を得られた方も少なくありませんでした。


投資信託も純資産額が確実に増え、分配金も確実に支給されたので、市場が過熱します。
しかし、その後のサブプライムショックやリーマンショックで一変します。


投資元本を大きく割り込むことになった投資家が続出しました。購入時よりも半分以下
の水準にまで資産を目減りさせてしまった方も少なくありません。



■少額投資が一番安全!

しかし、投資信託の場合はプロのファンドマネージャーが運用するので、それほど知識は
必要ないとされているにも関わらず、すべて「自己責任」の一言で済まされてしまいます。


このためリスク管理を徹底するためにも知識は必要です。また、いきなり大きな運用資金
を投じるのは危険すぎます。投資を始めずに預貯金だけにしておけば、お金は大きく増え
なかったかもしれませんが、減りもしません。この点をしっかり考慮する必要があります。


投資する金融商品の特徴や世界の政治経済について広く学んでいくことに興味があるので
あれば小額の資金で投資できる敷居の低いFXから小さく始めることをオススメします。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


 カテゴリ
 タグ

システムトレードの特徴と魅力について



システムトレードが人気を集めていますが、システムトレード自体はかなり昔からある手法
の一つですが、パソコンの性能が急速に向上したことによって一般に浸透しつつあります。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



システムトレードは自動売買のことです。一般的なFX取引を裁量取引といいまして、普段
FX取引する前に相場の状態を把握してどのように取引するか戦略を練って取引します。


システムトレードは通常取引するうえで「このサインが出たら買う」、「このような状態
になったら売ろう」といったいくつもの条件をシステム上で完全にルール化しします。


システムを作り上げることによって、FXを自動売買できます。


しかし、自動売買できるからといって何もせずにほったらかしでシステムが稼いでくれる
というわけにはいきません。相場を取り巻く環境というのは常に変化しているからです。


このため、常にシステムをメンテナンスする必要がありますので、トライ&エラーを繰り
返しながらシステムを常にバージョンアップする必要があります。


ですので、システムトレードといえども、それなりのスキルも忍耐力も必要です。


システムトレードの最大の武器は設定された条件通りに取引することで、人間の場合は、
感情によって相場の動きに惑わされることが多いので適切な取引ができません。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


 カテゴリ

過去為替相場が大きく乱高下したとき



金融不安がここにきて沈静化していますが、秋ごろにまた不安な動きが顕在化する
可能性があるようなので、日本のお盆シーズンくらいか注意が必要えす。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



金融不安が拡大すると為替相場の変動率が著しく激しさを増すと指摘されています。
しかし、為替と株と比較すればそれほど大きくありません。


確かに豪ドルやニュージーランドドルなど市場規模が小さな通貨は年間の変動率は
大きいですが、昔の外国為替市場での相場の動きと比較すれば取るに足りません。


1971年以前は米ドルと円は固定相場が採用されており、1ドル=360円で固定されて
いました。それが1971年のニクソンショックにより変動相場制に移行されたのです。


それにより為替相場が日々乱高下する時代が続きます。


ニックソンショックからプラザ合意までの20年間は確かに為替相場の変動率は大きく、
一般の個人投資が為替を取引したり外貨で運用するのは非常に困難でした。


2000年以降は比較的相場は落ち着いてました。サブプライム問題が浮上するまでの間
ドル・円は110円から130円の間を行ったり来たりしていました。


こうした背景には1999年にユーロが誕生したことにより、世界の通貨はドルとユーロ
の2大巨頭体制となり、相場のバランスが保たれたことで変動率の幅が縮小されました。


しかし、リーマンショックという100年に一度の金融危機と称されるほどの危機が訪れ
たことによって、当時の相場店破壊は乱高下がかつてないくらい激しかったわけです。


過去振り返れば、危ないと思ったときにはとてつもなく大きく動くので、こうした動き
に対応できるように換金するのが容易なFXでの外貨投資がおすすめです。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


 カテゴリ
 タグ

FXにはない株式投資の破綻リスクとは?



株式投資からFX取引に乗り換える方が少なくありません。やはり、個別銘柄への投資
は複雑な銘柄分析に時間を取られますし、取引時間の制限も大きな障害です。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



短期売買で利ザヤを稼ぐのであればFXの方が向いています。


また、中長期投資するにも株の場合は信用リスクが高すぎます。「JAL」が良い例です。
上場廃止になる3ヶ月前まで同社の株は1株あたり200円台にありました。


しかし、最終的には1円で引けることとなり、無価値となったのです。


それまでも何回かJALの相場はストップ高、ストップ安を繰り返す博打相場として連日
大きな話題を集めていました。株の世界で1円というの価値がゼロと同じことです。


成長性が見込める企業であれば株の場合は青天井もありえます。しかし、その企業が
倒産してしまったら、残念ながら資産がゼロになってしまうのです。


しかも絶対につぶれないといわれていたJALが倒産に追込まれる時代です。


またリコール問題で窮地に追込まれているトヨタも一時厳しい状況に追い込まれました。


いくら製造台数が増産に向っているといわれても、世界中で数百万台もリコールを受け
れば優良企業のトヨタといえども窮地に追込まれてしまいます。


株価が暴落するときのスピードは為替とは比較になりません。


しかも、ストップ安ともなれば、どんなに指値注文を入れていても、約定しない可能性
すらあります。含み損を膨らますのを固唾を飲んで眺めることとなります。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


 カテゴリ
 タグ

FXの方が株よりも銘柄選びが簡単!



新聞の株価一覧をご覧になったことはございますでしょうか?。一度でも株価一覧を
ご覧になればお分かりいただけると思いますが、株式市場は色々な市場あります。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



東証一部、東証二部、マザーズ、ジャスダックといった具合に証券取引所だけで沢山
ありますし、株式市場に上場している銘柄だけで4000社前後あると言われています。


毎日一つずつ銘柄を調べていったとしても10年近くかかってしまいます。途方もない
労力ですよね。そして、実際に株価を動かす情報というのは実に様々なのです。


中には一般の個人投資家が知りえない情報によって動く場合も少なくありません。


そうした状況にありながら将来的に株価が上昇し、儲かりそうな銘柄を見つけるのは
決して容易ではありません。ですので、多くの投資家が情報に振り回されます。


実際に株を買った後もほったらかしというわけには行きません。その後も企業情報を
定期的に確認しながら適切な投資判断を下さなければなりません。


長期間で株を保有するとなると正直心が休まる日がありませんが、為替取引の場合は
どうでしょうか?。取引できる通貨は米ドルやユーロなど、せいぜい数十程度です。


株で銘柄を選ぶよりもFXでの通貨ペアを選ぶほうがはるかに簡単です。


また、FXの場合は誰もが知りえる情報だけで十分取引できます。


株のように個人投資家が知りえない情報を入手すれば有利に取引できるということは
ほとんどありません。こうした点も為替取引のメリットの一つです。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


 カテゴリ
 タグ

FXと外貨預金は取引される市場が違う



外国為替市場は24時間取引可能であるため、FXはいつでも好きなときに取引出来る
わけですが、他の外貨商品は金融機関が営業している間しか取引できません。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



外貨預金は銀行が営業している間しか取引できません。ネットバンクでは時間外に
注文を入れることはできますが、実際には銀行の営業時間内に処理されます。


同様に外貨MMFは証券会社が営業している間しか取引できません!。このため相場の
変化による絶好の投資機会が訪れたとしてもチャンスを逃すことになります。


FXと外貨預金は同じ外国為替を取引するにもかかわらず、どうしてこのようなこと
が起こるのかといいますと、FXと外貨預金では取引される市場が異なるからです。


まず、FXが取引されるのは世界の銀行間同士で取引されるインターバンク市場です。
このため、刻一刻とレートが変化する中で24時間取引することができるわけです。


一方、外貨預金の場合は対顧客市場で取引が行われることになります。


これは銀行と個人の間で行われる取引のレートです。


このため一日一回レートが公示されるのが基本となっています。


銀行自身がレートを決めるので刻一刻とレートが変化しているはずなのに外貨預金の
レートは変化しないのはこうした理由によるもので、これを公示レートともいいます。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


 カテゴリ
 タグ

外貨預金とFXの運用効果を比較しました



基本的に外貨預金は外貨定期預金を指します。外貨普通預金ではほとんど金利はつき
ません。今回は外貨定期預金とFXでの運用効果の比較について解説さえて頂きます。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



Aさんは外貨定期預金、BさんはFXで豪ドルを運用することにしました。


Aさんは1豪ドル=80円のときに1万豪ドルを外貨定期預金で満期1年で運用し、Bさん
もFXで同じ条件で取引します。運用効果で大きな差が出ます!


数ヶ月後オーストラリアは政策金利を利上げすることを発表したため、1豪ドルが
85円まで上昇することとなりました。Bさんは5円幅の為替差益を手にしました。


一方、Aさんは満期まで解約することができないので、そのまま相場が上昇するの
を眺めながら待つことになります。この間も容赦なく為替は変動します。


そして、1年後には再び1豪ドル=80円に戻ってしまったのです。


Aさんは豪ドルを買ったときと為替レートが同じなので損をしていないように見え
ますが、片道2円50銭の手数料を払わなければなりません!。


換金すると2万5000円の損失です。為替が変動してしまったことによる損失を避け
るためにAさんは、さらに1年間繰り越すことにしました。


一方、FX取引していたBさんは一週間以内にポジションを閉じるスイングトレード
に徹したためトータルでは損失がでていません。


手数料もスワップ金利が稼いでくれますので取引コスト分を相殺してくれます。


このようにFXの方がはるかに外貨預金よりも自由度が高く安全であることがご理解
いただけると思います。レバレッジを低くすればリスクも抑えられます。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


 カテゴリ
 タグ

プロのようなFX取引すると失敗する?



FXに限らず投資で自らを失敗に追込んでしまう要因の一つにプロのトレーダーやファンドマネー
ジャーのような取引を目指してしまう点があげられます。取引を難しくしてしまうからです。


高額の報酬を受けているプロのトレーダーは、ハードルの高いノルマが課せられています。この
ため、雨が降ろうが嵐がこようが常に取引し続けなければならいのです。

【PR】 今の年収で満足されている方はご覧にならないで下さい!



とくに厳しい外資系金融機関のトレーダーは分単位で投資成果が評価される世界です。強烈な
プレッシャーをかけながら、とにかく取引しなければならないわけです。


そうなると当然のことながら買ってはいけないところで買ったり、反対に売らなくても良いところで
売らなければならなくなる場面に遭遇することが多くなります。


ですので、最終的には損していたなんてことになります。一方、一般の個人投資家の多くは仕事
が別にあるわけですから、常に取引し続けることは物理的にできません。


しかし、誰からもプレッシャーをかけられているわけでは無いので自分の好きなときに取引する
ことができます。ですので、「休むも相場」「待つも相場」でマイペースな取引が可能なんです。


トレンドが弱く方向性がはっきりしない相場では取引しなければ良いですし、負けが続いているよう
なときには、おもいきって取引自体を休んでしまえばよいのです。


相場を客観的に見ることも大切です。プロは休むことが許されません。この点だけをとっても個人
投資は恵まれているんです。ですので、プロの真似だけは苦しくなるので止めましょう。

【PR】 非公開求人は業界最大級!≪完全無料≫リクルートエージェント


 カテゴリ
 タグ

証拠金の仕組みとは?



FXはレバレッジをかけることで手持ちの資金よりも多くの外貨を取引することができます。

くりっく365ではじめる安心FX



これがFXの最大の魅力とです。しかし、レバレッジを高めれば高めるほどリスクが高まりますので、
それに応じて損益が変化します。ですのでこの点に関しては十分注意が必要です。


例えばギリシャ問題などユーロ諸国の財政危機がニュースになると相場が極端に動きます。


相場は大きく動きますので、こうした場面では実際に預け入れた証拠金よりも損失が拡大する可能性
もあるわけですが、当然のことながら為替相場を監視し続けることはできません。

お金の殖やし方・守り方



ですので、FX会社は顧客が証拠金を上回る損失が発生しないように、FX会社独自にセーフティネット
を用意しているわけです。基本となるのが証拠金をある一定の水準に保ちます。


もし仮に割ってしまうと、その時点で取引終了となり、これをロスカットといいます。


また、強制決済ともいいます。投資家は取引に熱中してしまいますとリスクを忘れてしまいます。


このためFX会社は投資家にリスクに対して警戒してもらうために常に証拠金維持率を算出し、投資家
に促しています。これはかなり効果的でして、無謀な取引はかなり減っているようです。

あなたのお金を10倍にする外貨投資術



基本的に証拠金維持率が高いほど証拠金に余裕がある状態です。


例えば証拠金が8万円で、米ドルを1万ドル取引した場合の証拠金維持率は100%の状態にあります。


このときに為替レートが1円円高が進むと1万円損することになります。そして、証拠金から1万円を
差し引くと7万円に証拠金が目減り、この時の証拠金維持率は90%に低下することになります。


直接儲けにはつながらないので軽視する方も少なくありません。こういった形で証拠金維持率を管理
することによって投資家に対してリスク管理を促すわけですが、自分で計算する必要は一切ありません。


取引会社が直接告知してくれます。そして、FXは今年の8月からレバレッジは25倍に制限されたため、
かなり健全な金融商品となりました。基本的にレバレッジは25倍もあれば十分です。

これならわかる外貨投資のはじめ方


 カテゴリ
 タグ

実はFXよりも外貨預金の方がリスクが高いんです。その理由を比較して解説しています。


外貨商品のなかでFXの次に人気が高いとされているのが外貨預金です。多くの投資家の方が預金と
ついているだけで安全度が高いと思われるようです。しかし、リスクにかんしてはFXと同じです。


これまで預貯金以外に資産運用された経験がない方が、外貨預金を始めるケースが多いようです。

外貨預金は普段利用されている銀行で取引することができるのは大きなメリットとなります。


基本的に外貨預金は国内の預貯金と同様に外貨での元本に関しては保証されています。ここで注意
していただきたいのは、日本円ではないということです。外貨を買った後の元本になります。


外貨預金での資産運用を始めるかで迷っている方でも、この点を誤解したまま元本保証に魅力を感じ
て外貨預金を始めてしまうのですが、外貨商品である以上、為替変動リスクを避けることが出来ません。


上述したとおり外貨預金の元本保証は外貨ベースでの保証となりますので為替差損が生じても対象外
となってしまいます。確かに外貨のままで持ち続けるのであれば為替差損は関係ありません。


しかし、どうしてもお金が必要となるときが必ずきます。実際に、換金するにあたって外貨預金を開始した
ときよりも、円高が進んでいれば、投資元本が目減りするので、その分損しします。




ちなみに外貨預金の仕組みについてですが、まず、日本円を外貨に両替します。そして預け入れられた
外貨に対して預け入れた期間に応じて利息がつくわけです。問題は日本円として引き出す時です。


このとき再び外貨から円に両替しなくてはなりません。この際、元本と利息を合わせて日本円に両替され
ます。これが外貨預金の基本的な仕組みです。また、外貨預金は取引コストが非常に割高です。


1ドル両替するのに往復で20銭から2円(取引する銀行により異なります)かかります。FXの場合は2銭
程度ですので、圧倒的に有利に取引することができます。この点もFXの大きな魅力の一つです。



 カテゴリ
 タグ

為替レートの仕組みについて


【為替レートの仕組みについて】



これまでにFXのような外貨投資の経験がない方でも、海外旅行など日本円を外貨に両替された経験
があるかと思います。基本的にはこういった両替が外国為替の原点です。


なぜ両替しなければならいかといえば、例えば日本円はアメリカでは使えません。アメリカで買い物し
たり食事するには米ドルに両替しなければなりません。


その際に、米ドルと日本円を交換するための比率を為替レートといいます。為替レートなければ、人に
よって、1ドル=90円で交換してくれる人もあれば、120円でなければ交換できないといったことが
おこります。これでは混乱してしまいますよね。ですので為替レートは重要なんです。



【為替差損益がでる仕組み】



次に為替レートが変化することによって、為替差損益がでる仕組みについてですが、例えばアメリカに
旅行に行くことになったので1ドル=90円のときに10万円の現金を米ドルに両替します。


すると、1111ドル(為替手数料は含みません)になります。しかし、アメリカでお金を使わなかったので
日本で円に戻しました。(「そんなわけないだろう」と、つっ込みは入れないでください)。


日本に帰ってきたら1ドル=100円までドル高・円安が進んだので、手持ちの1111ドルは11万1100
円になりました。ドル高・円安が進んだことによって 1万1100円も得したことになります。


実際には為替手数料がかかりますので、丸々利益になるということはありませんが、為替差損益が生じ
る仕組みは上述したとおりになります。これがFXや外貨預金で儲ける仕組みです。
 カテゴリ
さらに詳しく調べる


 検索例 
  FX 通貨ペア 手数料などと入力
メニュー
カテゴリ
お問い合わせフォーム

btn_msg.gif

相互リンク随時募集中!
タグクラウド
タグ
  • SEOブログパーツ
  • SEOブログパーツ


Copyright © FX取引の基本が分る外貨投資入門 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。