テクニカル分析についてのカテゴリ記事一覧

FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。

カテゴリ:テクニカル分析について

テクニカル分析についてのカテゴリ記事一覧。FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。
No Image

テクニカル分析について
FX取引で売買のタイミングを見極めるうえでチャート以上の指標はありません。もし、今日の始値と終値の間の数値を羅列されたただけでは何がなんだか分かりません。【PR】…

記事を読む

No Image

テクニカル分析について
トレンドを把握するためにチャートを利用するわけですが、チャートをザッとみるだけでもトレンドを把握することはできますが、トレンドラインを引くことによってより明確…

記事を読む

No Image

テクニカル分析について
基本的に移動平均線は単純に上昇トレンドにあるのか、下降トレンドにあるのかを測るためだけのテクニカル指標ではありません。【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出…

記事を読む

No Image

テクニカル分析について
移動平均線はトレンドを測るだけの物ではありません。売買タイミングをはかるための指標でもあります。一つの大きな目安となるがチャートから大きく離れたときです。【PR…

記事を読む

No Image

テクニカル分析について
チャート上で長期と短期の移動平均線が交差することで売買判断を下すことができます。例えば10日移動平均線と25日移動平均線がチャート上に表示されていると仮定します。…

記事を読む

No Image

テクニカル分析について
FXのような外国為替取引では株式投資以上にテクニカル分析が重要視されます。そもそも為替相場というのは2国間の通貨が交換されるレートそのものが相対的な性質をおびて…

記事を読む

No Image

テクニカル分析について
為替が変動する場面にて為替差損が生じる場合も当然のことながらあるわけですが、ここでいう為替差損とは、例えばドルが買ったときよりも相場が下落することで生じる損失…

記事を読む

No Image

テクニカル分析について
【PR】 スカウト登録して転職成功者を目指しませんか?!すでに外貨投資を始められている方はドル・円相場は日常的に確認されると思います。しかし、これから本格的にFX…

記事を読む

No Image

テクニカル分析について
基本的にFXを取引する場合、チャート分析から相場のトレンドを把握したうえで将来的な為替レートを動きを予測するわけですが、短気売買の場合も月足から大きな相場の流れ…

記事を読む

No Image

テクニカル分析について
景気回復に対する期待感からニューヨーク市場でも株は積極的に買われて指数を伸ばしています。反対に欧州はギリシャ問題で揺れているため、ユーロをはじめめ欧州通貨売り…

記事を読む

No Image

テクニカル分析について
 為替相場を分析するにあたってテクニカル分析を外すことはできません。ローソク足や移動平均線を利用して相場のトレンドを知ることができます。しかし、全てを一つ…

記事を読む

No Image

テクニカル分析について
テクニカル指標はローソク足や移動平均線以外にも沢山あります。一つの指標だけに頼ると必然的にダマシが多くなりますので複数の指標を組み合わせて取引されることをオス…

記事を読む

No Image

テクニカル分析について
今回は基本的なローソク足と移動平均線の見方について誠に簡単ではございますが解説させていただきたいと思います。陽線は売り方よりも買い方の力が上回っている状態をさ…

記事を読む

No Image

テクニカル分析について
ファンダメンタルズだけで取引するのも困難ですが、為替レートの数字の動きだけを見て売り買いの判断を下すのはさらに難しいです。相場の動きをグラフ化したチャートがど…

記事を読む

No Image

テクニカル分析について
 FX取引においてチャート分析を行う場合は、できるだけシンプルで一般的なチャートを利用されることをおすすめします。誰もが使っているチャートを使わなければ意味…

記事を読む

No Image

テクニカル分析について
上昇トレンドは市場規模が大きくなるにしたがって、必然的に利益をもとめて市場参加者が増えるため売り買いが頻繁に行われることから価格がゆっくりと上昇していきます。…

記事を読む

No Image

テクニカル分析について
当然のことながら相場が上昇トレンドのときと下降トレンドのときでは取るべき手法は異なります。相場が上昇トレンドにあるときは上下変動を繰り返しながらゆっくりと上昇…

記事を読む

No Image

テクニカル分析について
FX(外国為替証拠金取引)取引では相場を分析するためにファンダメンタルズ分析やテクニカル分析がいうまでも重要ですが、をファンダメンタル分析とテクニカル分析とで意…

記事を読む

No Image

テクニカル分析について
FX取引では日々の価格変動からチャートの節目に対してどのように対処するかが問われることになるわけですが、こうしたチャートの節目をチャートポイントといいます。基本…

記事を読む

No Image

テクニカル分析について
FXのような為替取引は株と比較しても非常に公平性が保たれていると思います。基本的に取引に必要とされる情報の大半は一般の個人投資家でも入手することが出来ます。各国…

記事を読む

テクニカル分析を勉強する方法について



FX取引で売買のタイミングを見極めるうえでチャート以上の指標はありません。もし、
今日の始値と終値の間の数値を羅列されたただけでは何がなんだか分かりません。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



しかし、グラフ化することで値動きが分かります。過去の値動きを把握したうえで、
将来的に相場はどのように動くのかを予測することができるのがチャートの役割です。


テクニカル分析というのは、すでに先人によって数々のパターンを導き出されている
ので、これらを無視してしまうと勝てるものも勝てません。


自分独自のパターンを導き出そうとするのは危険です。


すでに導き出されたトレンドのパターンに沿って取引した方が取引しやすいです。


もちろん相場は人間に心理が反映された生き物なので、必ずチャートパターンどおり
動くとは限りません。当然といえば当然なのですが、それでも有効です。


それだけトレンドに沿って取引した方が取引しやすいのです。


チャートの読み方についてですが、こればかりは慣れるしかありませんが、チャート
の本などで勉強されるのも相場観を養ううえで非常に大切です。


また、最近では人気のブロガーが自分のブログで毎日のように相場を解説している方
が沢山いますので、こうしたブログをブックマークして毎日勉強するのも一つの手です。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


トレンドラインを引くと分析しやすい



トレンドを把握するためにチャートを利用するわけですが、チャートをザッとみるだけでもトレンド
を把握することはできますが、トレンドラインを引くことによってより明確になります。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



ですので投資判断が下しやすくなります。トレンドラインはパソコンの画面をみながらチャート上に
引くことが出来ますが、個人的にはプリントアウトして手でトレンドラインを引くほうが良いです。


基本的にトレンドラインは二つの種類があります。まず一つはサポートラインです。サポートライン
は下値指示線とも呼ばれ安値と安値を結びます。もう一つはレジスタンスラインです。


レズスタンスラインは上値抵抗線とも呼ばれ高値と高値を結びます。また、上昇トレンドにある場合
はサポートラインを引き、下降トレンドにある場合はレジスタンスラインを引きます。


トレンドラインを引くことによってトレンドが続いているのか否かが判断しやすい点が大きなメリット
です。例えばサポートラインよりも上にチャートがあればトレンドが続いていることを意味します。


そして、反対にサポートラインをチャートが割りこんだ場合はトレンドが転換した可能性が高いので、
それにあわせて取引する必要があります。それまでと同じ取引は次第に通用しなくなります。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


移動平均線の売買シグナルについて(3)



基本的に移動平均線は単純に上昇トレンドにあるのか、下降トレンドにあるのか
を測るためだけのテクニカル指標ではありません。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



売買タイミングを判断する上でも非常に有効な指標です。


例えば相場が上昇トレンドにありながらチャートが移動平均線の上にある場合は
チャートに近づいた時点で安値で拾える可能性が高いです。


つまり、絶好の買いチャンス到来となります。しかし、相場に入った途端に移動
平均線が割り込んでトレンドが転換することも十分にありえます。


ですので、注文を入れるの同時に必ずストップロスをつける必要があります。


もし、相場にエントリーした後も上昇トレンドが思惑通り継続しているのであれば
移動平均線からチャートが離れた時点で利益を確定しても良いです。


確実に利益を確保できます。しかし、上昇トレンドが続いている間はポジションを
保っておいて、トレンドが転換したときに売って利益を確定しても良いでしょう。


利益を最大限取ることができます。ただし、あまりにもギリギリまで粘ろうとすると
感情が邪魔をしてコントロールするのが難しくなりますので、予めIFO注文を入れて
自動売買できるような体制を整えた方が良いかも知れません。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


移動平均線の売買シグナルについて(2)



移動平均線はトレンドを測るだけの物ではありません。売買タイミングをはかるため
の指標でもあります。一つの大きな目安となるがチャートから大きく離れたときです。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



移動平均線はチャートから放れたり、くっついたりを繰り返しています。


基本的にこれが売りと買いのサインになります。


そして、移動平均線が大きく上に離れたら売りと判断します。


一方、移動平均線が下に大きく離れたら買いと判断します。


「何だそれだけか」と思われるかもしれません。


それほどサインが表示されるまでの仕組みは単純なのです。


しかし、残念ながら指標通りに取引すれば絶対勝てるというわけではありません。
また注意点としては実際のトレンドに対して反対売買を促すサインが表示されます。


どういう意味かといいますと、下降トレンドにあるときに買いサインが表示され、
上昇トレンドにあるときに売りサインが表示されます。


勝てたとしても利益の幅が必然的に小さくなります。


そして、利益をあげるチャンスを逃してしまいますと、しばらくチャンスが訪れない
可能性も高いので十分注意しなければなりません!。


このため先にトレンドを把握する必要があります。


そうすることによって、移動平均線が示すサインが適切か、そうでないかを見極める
ことができます。一方的にサインを過信してしまいますと裏切られる場合もあります
ので十分注意しなければなりません。特に夏から秋にかけて注意してください。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドで提供中!


移動平均線の売買シグナルについて(1)



チャート上で長期と短期の移動平均線が交差することで売買判断を下すことができます。
例えば10日移動平均線と25日移動平均線がチャート上に表示されていると仮定します。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



そして、この状態から短期の移動平均線(10日移動平均線)が長期の移動平均線(25日移動
平均線)を下から上に突き抜けた状態をゴールデンクロスといいます。


反対に長期の移動平均線が短期の移動平均線を上から下に突き抜けた状態をデッドクロス
といいます。ゴールデンクロスが買いで、デッドクロスが売りのサインとなります。


ゴールデンクロスとデッドクロスは表示されるのが遅い場合が少なくありません。


ですので、単独で利用するには信憑性にかける部分があります。必ず他の指標と組み合わ
せて利用しながらチャート分析を行う必要があります!。


また、必ずサイン通りに動くというわけではありません。反対に動くことも少なくありま
せん。そうした場合に備え、どう動くか戦略を事前に練った上で取引を始めましょう。


損切りが確実に出来ると自負されている方はサイン通りに取引して相場が反対に動いたと
しても、すぐに反対売買を行うことで損切りがスムーズに出来きます。


そうで無い方の場合はポジションを保ったまま我慢してしまうため次第に損失が膨らみま
すので事前に売買ルールをたててから取引しなければなりません!。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


FXの株式投資にない大きなメリットとは



FXのような外国為替取引では株式投資以上にテクニカル分析が重要視されます。そもそも為替
相場というのは2国間の通貨が交換されるレートそのものが相対的な性質をおびています。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!



そして、例えばドル円相場が10年も上昇し続けるということがないように、下落し続けることもない
わけです。また、レートが固定相場のように変わらずに同じ状態が維持されることもありません。


二国間の政治・経済による力関係が変化することで、相場は上昇したり下降したりといったことを
繰り返すわけです。このためトレンドを知る必要があり、テクニカル分析の重要度が高いのです。


FXは株のようにはっきりとトレンドが発生することが無い点も、為替取引においてテクニカル分析
が重要視される理由となってます。それだけトレンドを把握して取引することが重要なんです。


そして、株式投資以上に為替取引は市場参加者に対して公平性が守られています。実際に依然
としての世界ではインサイダー取引などが横行しています。


そして、チャートの動きに関係なく材料が出ると上下変動することも少なくありません。


こうしたファンダメンタルズ要因は全ての投資家が同じ条件で入手できるとは限りません。


一方、FXのような為替取引は貿易収支、GDPなどの経済指標や金利動向に影響する 金融政策
に関してては誰もが知りえることができます。こうした点も大きなメリットの一つです。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


レンジを抜けたら損切りラインを調整



為替が変動する場面にて為替差損が生じる場合も当然のことながらあるわけですが、ここでいう
為替差損とは、例えばドルが買ったときよりも相場が下落することで生じる損失のことです。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!



相場にエントリーする前は値上りすると思って買ったにもかかわらず、予想に反して相場が下落
した場合に生じるわけですが、対処法は相場が回復するのを待つか損切りするかです。


多くのFXの入門書などには損切りを徹底することを推奨しているわけですが、もちろん損切りする
のは大事です。しかし、やみくもに損切りを繰り返せば損失を拡大するだけです。


これでは意味がありません。そうならないためにも待てるところと損切りする間のラインを広げます。
つまり、損切りラインを極端に狭めないということです。ある程度余裕を持たせます。


実際に相場にエントリーして予想通りに相場が上昇したり、下降したりする可能性はそれほど高く
ありません。相場は上下変動を繰り返しながら上昇したり、下降したりします。


短期的に上昇トレンドを形成している場面で、思惑が外れたからといって直ぐにポジションを閉じて
しまうのは、せっかくのチャンスをつぶしてしまうことになります。


ですので、繰り返しになりますが、損切り貧乏にならないためにもレンジ相場を抜けた場合は、損切
りラインの幅をある程度広げて取引されることをオススメします。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


 タグ

ユーロ・ドルの動きを必ずチェックしてFX取引する



【PR】 スカウト登録して転職成功者を目指しませんか?!


すでに外貨投資を始められている方はドル・円相場は日常的に確認されると思います。しかし、これから
本格的にFX取引を始められるのであればユーロ・ドルも同じように必ず確認してください。


実際にFX取引を行う上でユーロ・ドルは重要な指標です。いうまでもなく米ドルは世界の基軸通貨です。
そして、ユーロは第二の基軸通貨といわれるほど重要度の高い通貨です。


ユーロ・ドルという通貨ペアはユーロとドルのどちらに力が傾いているのかを判断するための重要な指標
でもあるわけです。例えば今現在ユーロ安・ドル高局面にあると仮定します。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義



こうした状況下で価値が低い通貨に投資することは当然考えられないわけですから、米ドルを買わずに
ユーロを買うことはまずありえません。好き好んで損することを望む人はいません。


ですので、ドル・円やユーロ・円を取引する場合も必ずユーロ・ドルの動きを確認した上で投資判断を下す
必要があるわけです。これが実際にFX取引する上で基本的な考え方となります。


これまで常に円ベースで為替の動きを追っていたため、最初のうちは混乱するかもしれませんが次第に
慣れます。慣れると外貨同士の通貨ペアの取引もすんなりできるようになります。


【PR】 今の年収で満足されている方はご覧にならないで下さい!


チャート分析で1分足、5分足を利用するのはいたずらに投資判断を難しくするだけです。


基本的にFXを取引する場合、チャート分析から相場のトレンドを把握したうえで将来的な為替レートを
動きを予測するわけですが、短気売買の場合も月足から大きな相場の流れを把握していきます。


そして、日足で短期局面でのトレンドを把握して、1時間足を中心に見ていきます。今現在1分足、5分足、
といった極端に短い期間における相場の動きを指標化することができます。


しかし、あまりこれらを利用するのはお勧めできません。といいますのも大口の動きが極端に反映される
こととなりますので、残念ながら適切な投資判断を下す妨げになりかねません。


また、実際に売り買いのためのサインが点灯したと思っても外れることが多いと思います。これらで表示
されるのはトレンドといえるものではありません。ですので、迷いが多くなるだけだと思います。


市場規模が小さければ問題はないのですが、為替相場のように市場参加者が多く取引量が極端に多い
場合は全体の動きが反映されないと適切な投資判断を下すのが難しいので注意しなければなりません。


このため、FXはテクニカル指標で大口の投資家の動きにのって投資するのが難しいわけです。そして、
為替の場合は株のように大きな値幅をつけて上下変動することは例外を除いてありません。


ですので、一時間足くらいになると為替相場全体の動きがトレンドとして表示されるので、為替相場全体
の動きにあわせて取引することで、適切な投資判断がより可能になりえるわけです。

FXを取引するうえでのテクニカル分析の重要性についてと各テクニカル指標の特徴について


景気回復に対する期待感からニューヨーク市場でも株は積極的に買われて指数を伸ばしています。反対
に欧州はギリシャ問題で揺れているため、ユーロをはじめめ欧州通貨売りが活発化しています


このため、米ドルにシフトする動きが強いです。しかし、相変わらずドル売りによる資金調達の動きも強い
ので、短期間で一気にドル高が進むようなことはないように思われます。


かつての円やスイスフランがそうだったように、金利水準が過去最低レベルにある米ドルは、資金調達の
ためのキャリートレード通貨として取引されている点が大きな要因の一つとされています。


つまり、米ドルを先に売って他の高金利通貨を買い金利差を稼ぐわけです。一方、こういった要因に対し
てテクニカル指標で分析しても伺いしることはできませんが、短期的な価格変動を追うには有効です。


今回はテクニカル指標の種類について誠に簡単ではございますが、解説させていただきたいと思います。
基本的にテクニカル指標は大雑把に分けて二種類に分けることができます。


一つはトレンド系テクニカル指標で、もう一つはオシレーター系テクニカル指標です。トレンド系は相場の
トレンドを計ることによって方向性をうかがい知ることができます。


そして、オシレーター系は相場が買われすぎなのか、それとも売られすぎなのかを知ることが出来ます。
トレンド系の指標として代表的なのが移動平均線やボリンジャーバンドなどがあげられます。


一方、オシレーター系はMACD、RSI、ストキャスティクスなどがあります。それぞれ利用してみて自分に
あったものを利用されると良いでしょう。また、一つの指標だけですとダマシにあいます。ですので、ダマシ
を避けるためにも、複数の指標を利用されることをオススメします。

ボリンジャーバンドの基本的な仕組み

 

為替相場を分析するにあたってテクニカル分析を外すことはできません。ローソク足や移動平均線を
利用して相場のトレンドを知ることができます。しかし、全てを一つの指標で判断するのは危険です。


やはり、複数のテクニカル指標を用いて相場を分析することでテクニカル分析の精度は確実にあがり
ます。今回は「ボリンジャーバンド」について誠に簡単ながら解説させていただきたいと思います。


ボリンジャーバンドもストキャスティクスと同様に逆張り系のテクニカル指標です。基本的な仕組みに
ついですが、ボリンジャーバンドは統計学が用いられています。


そして、移動平均線を中心にして上下にバンドが描かれます。このバンドに対して移動平均線がどの
ように動くかを注視することになるわけですが、仕組み自体は非常にシンプルです。


基本的に上下のバンドを移動平均線が超えたら異常値と判断します。そして、上の線に移動平均線が
達した時点で「売り」と判断します。反対に下の線に移動平均線が達した時点で買いと「判断」します。


ボリンジャーバンドのような逆張り系の指標は短期的に押し目を狙うのには適しています。しかし、残念
ながら長期的なトレンドが強く発生している相場では力を発揮できないので注意が必要です。

ストキャスティクスの基本的な仕組み


テクニカル指標はローソク足や移動平均線以外にも沢山あります。一つの指標だけに頼ると必然的に
ダマシが多くなりますので複数の指標を組み合わせて取引されることをオススメします。


ですので、今回は逆張り系のテクニカル指標の代表である「ストキャスティクス」について誠に簡単では
ございますが、解説させていただきたいと思います。ストキャスティクス非常にシンプルです。


基本的にストキャスティクスは相場が「買われすぎ」なのか「売られすぎ」なのかを判断するための指標
です。過去の一定期間の値動きと今の値動きとを比較して「買われすぎ」「売られすぎ」を判断します。


ストキャスティクスは、「%K」「%D」「%SD」の組み合わせで構成されます。仕組み自体は非常に単純
です。「%K」「%D」の組み合わせをファスト・ストキャスティクスといいます。


「%K」が「%D」を上回れば買いと判断し、反対に「%K」が「%D」を下回れば売りと判断します。そして、
「%D」と「%SD」の組み合わせをスロー・ストキャスティクスといいます。


スロー・ストキャスティクスの場合は「%D」が「%SD」を上に抜いたら買いと判断します。そして、反対に
「%D」が「%SD」を下に抜いたらを下回ったら売りと判断します。

ローソク足の基本的な仕組について(2)


今回は基本的なローソク足と移動平均線の見方について誠に簡単ではございますが解説させていただ
きたいと思います。陽線は売り方よりも買い方の力が上回っている状態をさします。


反対に陰線は売り方が買い方よりも力が上回っている状態をさします。また、陽線と陰線の長さについ
てですが、力の程度を表します。また、始値と終値が同じ場合を同事線といいます。


相場の転換点に現れやすいです。そして、高値圏での長い上ヒゲがついた場合は相場の反落を意味し、
安値圏での長い下ヒゲは相場の反発する可能性が高いとする暗示です。


次にローソク足と同じくらい重要度の高いテクニカル指標の一つである移動平均線についてです。基本
的に相場は常に変動し続けています。しかし、突発的な材料が流れると一時的に大きく乱高下します。


こういった極端に動く場合を排除して全体の相場の流れを把握するための指標が移動平均線なんです。
例えば5日間の移動平均値は過去5日の為替レートを足して5で割ったものです。


移動平均線の種類についてですが、短期で25日まで、中期で100日まで、長期を100日以上となって
います。日々の値動きを示すチャートに対してどのようなトレンドを描いているかを見るのが重要です。

ローソク足の基本的な仕組について(1)


ファンダメンタルズだけで取引するのも困難ですが、為替レートの数字の動きだけを見て売り買いの判断
を下すのはさらに難しいです。相場の動きをグラフ化したチャートがどうしても必要になります。


チャートを利用して相場を分析することをテクニカル分析、または、チャート分析といいます。相場は共通
の感情や心理をもった人間が動かします。このため相場の動きには一定の法則があると考えたのです。


このため、過去の値動きをみれば将来的な相場の動きを予測できると考えて導き出されたのがテクニカル
分析における手法です。一般的にチャートといいますとローソク足をさします。


基本的にローソク足は始値(はじめね)、終値(おわりね)、高値(たかね)、安値(やすね)の4本値で構成
されています。そして、ウェリントン市場からニューヨーク市場までのものと、東京市場が開いている
午前9時から午後5時までのものと二種類に分かれています。


そして、始値よりも終値が上回った場合はローソク足は白となります。これを陽線といいます。反対の場合
は黒となります。これを陰線といいます。また、高値と安値は細い線で結びます。


そして、ローソク足の上に突き出た線を「上ヒゲ」といいます。反対に下に出た部分を「下ヒゲ」といいます。
ローソク足は対象とする期間によって名称が異なります。1日は日足、1週間は週足、1ヶ月は月足です。

チャート分析は出来るだけシンプルに

 

FX取引においてチャート分析を行う場合は、できるだけシンプルで一般的なチャートを利用されること
をおすすめします。誰もが使っているチャートを使わなければ意味がないのです。

 

そうしないとチャートポイントがずれてしまうため、相場での主流とされる市場参加者と相場の分析に
ズレが生じてしまいます。違うところを見てしまう可能性が高まります。



 

基本的に多くの投資家はチャートポイントから他の投資家がどのように動くかということを予測しなが
ら取引しているわけですから、こうした流れに逆らっては勝てなくなります。

 

例えば上昇トレンドに相場があるときには高値が更新されるのかといったことが注目されるわけです。
高値を更新すると、一段上の上昇を多くの投資家が期待することによりさらに上昇します。

 

反対に高値を更新する前に相場が大きく下落してしまうと、一転して相場を悲観的な心理が覆うこと
になりますので、今度は反対に安値が注目されることになるわけです。



 

安値を更新するとさらに下がる可能性が高いため、投資家は一気に売ります。そして、反対に安値を
更新しなければ、安心感が広がるわけです。基本的に相場ではこういったことを繰り返します。

 

こうした背景にはチャートポイントを把握したうえで各投資家の心理状態が要因として挙げられます。
ですので、チャート分析はできるだけシンプルに行うことを心がけてください。

 

トレンドが転換する前の特徴について


上昇トレンドは市場規模が大きくなるにしたがって、必然的に利益をもとめて市場参加者が増えるため
売り買いが頻繁に行われることから価格がゆっくりと上昇していきます。



そして、反対に下降トレンドは市場規模が小さくなっているわけですので、市場参加者は減っていきま
すので、売り手は沢山いても買い手が少ないため相場が乱高下しやすくなります。

 

このため、本来緩やかに価格が上昇するはずの上昇トレンドで急騰する場合は大口が大量に買って、
その動きに他の投資家が乗るわけですからトレンドが転換するのが近いと判断することができます。

 

大口がたんまり儲けて逃げる前のサインとしてとらえることができます。反対に下降トレンドにあって、
連日のように乱高下を繰り返していたのが、急に動きが小さくなったときも注意です。

 

トレンドが変わる可能性が高いです。もちろん、世界経済を大きく揺るがすような材料が発表されれば、
再び大きく下落することになりますが、そうではない限り、トレンド転換する可能性が高いです。



 

しかしながらこれまで相場の悪材料に慣れすぎてしまい、反応が鈍くなることもありえますので、上昇
に転じたからといって、飛び乗ってしまいますと大怪我しますので注意してください。

 

ですので、感覚を正常な状態に戻すためにも、一旦相場を離れることも必要だと思います。常に取引
することで相場観を高めることも重要かもしれませんが、休むことも同じくらい重要です。

上昇トレンドでも深追いしすぎない!


当然のことながら相場がのときと下降トレンドのときでは取るべき手法は異なります。相場
が上昇トレンドにあるときは上下変動を繰り返しながらゆっくりと上昇していきます。




ですので、為替レートの上下変動に合わせて買っては売るを繰り返していきます。頻繁に売買すること
に対して抵抗があるのであれば、上昇トレンドが続く限りは持ち続けても良いでしょう。


しかし、その間もほったらかしというわけにはいきません。相場の状態を確認しながらポジションを保つ
格好になります。取引される通貨ペアによってはスワップ金利も同時に狙えます。




長期的な上昇トレンドにある場合には有効ですが、反対に長期的な下降トレンドにある場合は避けなけ
ればなりません。また、場合によっては相場が予想以上に加熱する場合があります。

 

レジスタンスラインを一気にブレイクするような状態に相場がある場合は長居は無用です。早い段階で
利益確定されるべきです。というのも上昇トレンドにあっても一時的に大きく下落する場合があります。


ですので、深追いするよりも下落したところを拾っていけばよいわけです。深追いしすぎて高値を掴まさ
れるよりも、きりのよいところで利益を確定した方がリスクも大きく軽減することができます。



相場環境が良いときに失敗する大きな要因の一つに欲ばり過ぎる点があげられます。欲を抑えることも
FXのようなリスクの高いとされる金融商品で投資するうえでは大変重要です。

為替相場を分析するための手法について



FX(外国為替証拠金取引)取引では相場を分析するためにファンダメンタルズ分析やテクニカル分析
がいうまでも重要ですが、をファンダメンタル分析とテクニカル分析とで意見が分かれます。



外貨商品の中でもFXの場合は短期売買の相性が良いので頻繁に売り買いすることで為替差益を積み
あげていく取引が可能となっています。外貨預金や外貨MMFでこうした取引は困難です。



ですので、相場の値動きを追いかけるためにもテクニカル分析だけで相場を分析した方が時間的にも
効率が良いと考える方が少なくありません。しかし、これはもったいな考えかたです。



両方をバランスよく行うことで相場分析の精度が高まるだけでなく効率も良くなります。ですので、最初
は相場の大きな流れをテクニカル分析でトレンドを把握します。



そして、重要度の高い経済指標の発表時にはファンダメンタルズ分析を行って適切な投資判断を下し、
予測どおりに動けば利食えば良いですし、思惑が外れたら速やかに撤収します。



取引自体は非常にシンプルです。また、相場の転換時期などのタイミングを判断するためにテクニカル
指標を利用して値動きにあわせて取引するのが一番よいのではないかと思います。



株式投資では、為替よりもはっきりトレンドが形成されるため、テクニカルな指標よりファンダメンタルズ
を重視する向きが強いですが株価に対して相関関係が低いように見受けられます。



その証拠にファンダメンタル指標を重視する経済評論家の翌年の株価や、通貨レートの予想などを見て
も、ほとんど当たっていません。もっとも、株式市場などは個人投資家の参加も多く、市場規模が為替
市場に比べて小さいので、心理的要因により変動しやすいのです。



こうしたことからも、FX()をはじめとした投資活動においての相場分析には心理的
要因を反映するテクニカル指標のほうが的中する可能性が高い場合が少なくありません。

チャートポイントを意識してFX取引する


FX取引では日々の価格変動からチャートの節目に対してどのように対処するかが問われることになる
わけですが、こうしたチャートの節目をチャートポイントといいます。



基本的にチャートポイントは誰もが注目するレートです。誰もが注目するレートを知る必要があるわけ
です。実際に大口はチャートポイントを意識して色々と仕掛けてきます。



実際に相場では市場参加者の心理戦がチャートポイントを巡って行われるといっても過言ではありま
せん。それくらい取引するうえでの基点としての役割があるので無視することができないのです。



ちなみにチャートポイントはどこを意識してみれば良いのかといいますと基本的にはサポートラインと、
レジスタンスラインの2本のと高値、安値に注目します。



中でも高値と安値は重要です。例えば下降トレンドが進んでいる状態では何を参考にすれば良いのか
といえば、過去の安値が一つの目安となります。これを参考に投資判断を下します。



例えば過去の安値を更新せずに下げ止まると下降トレンドが一旦中断される状態を意味します。反対
に過去の安値を更新してしまった場合は、さらに一段下の下げが控えています。
 タグ

相場の色々なパターンを知る事の重要性


FXのような為替取引は株と比較しても非常に公平性が保たれていると思います。基本的に取引に必要
とされる情報の大半は一般の個人投資家でも入手することが出来ます。



各国のの政策金利の発表前に利上げ、利下げに関する情報を入手することはプロの投資家
といえどできません。誰もが知りえる情報を通じて取引することができるわけです。



テクニカル分析でも同様のことがエいると思います。表示されているチャート図は誰もが同じものを見て
います。個人個人に違ったチャート図が表示されるわけではありません。



誰もが知っていることだけを用いて投資判断をくだすわけですから必然的に当たりやすくなります。例え
ば上昇トレンドから下降トレンドにシフトする場面を例に解説させて頂きます。



典型的なのがサポートラインを為替レートが割り込んだ場面です。大抵の投資家の方は下降トレンドに
転換したと気づいています。相場が転換したことを受けて必然的に買いから売りに変更します。



そうすると高い確率で相場は下落し始めます。生き物のようにチャートの動きに対して呼応するわけなの
ですが、これとてチャートを見ている投資家が同じ判断を下した結果によるものです。



こうしことが背景となって相場が下落する要因となるわけです。ですので、FX取引するうえで重要となる
のは相場が変化する節目に対して適切な投資判断がくだせるかどうかにかかっています。
さらに詳しく調べる


 検索例 
  FX 通貨ペア 手数料などと入力
メニュー
カテゴリ
お問い合わせフォーム

btn_msg.gif

相互リンク随時募集中!
タグクラウド
タグ
  • SEOブログパーツ
  • SEOブログパーツ


Copyright © FX取引の基本が分る外貨投資入門 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。