トレーディングについてのカテゴリ記事一覧

FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。

カテゴリ:トレーディングについて

トレーディングについてのカテゴリ記事一覧。FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。
No Image

トレーディングについて
■時間帯によって大きく動く通常、米ドル・円の為替チャートを見ていると、 夕方ごろから、大きく動き出すのですが、これは、外国為替市場として世界最大とされているロ…

記事を読む

No Image

トレーディングについて
■売買ルールの重要性について売買ルールを軽視する方が圧倒的に多いですが、売買ルールに従ってトレードすることによって、ぶれそうになっても、迷いを抑えて的確にトレ…

記事を読む

No Image

トレーディングについて
■自動売買を使いこなすメリットとは?FXは株以上に注文方法が多彩であるため自動売買の精度が高いです。自動売買を利用して取引することで、次第に相場観が養われます。…

記事を読む

No Image

トレーディングについて
■投資を始める理由とは?従来我々日本人の多くが安定志向だったため、広義の意味でのリスクに分類される投資や起業することに抵抗がありましたが、2005年以降投資や起業…

記事を読む

No Image

トレーディングについて
FXは各国の銀行が営業しているときであれば取引できるので、実質24時間取引できるので、積極的に相場に入って短期売買でFX取引する投資家の方が急増しています。【PR】 F…

記事を読む

No Image

トレーディングについて
FX取引で短期売買を行った場合は、ポジションを保有する期間によって異なりますが、その日の内にポジションを決済してしまうと、スワップポイントは無いのと同じです。【…

記事を読む

No Image

トレーディングについて
スキャルピングのような超短期売買は、ある意味相当の技術がなければ利益をあげ続けるのは難しいです。高い勝率をキープしなければ利益が中々積みあがっていきません。【…

記事を読む

No Image

トレーディングについて
FXの魅力の一つに売りからでも利益を狙うことが出来る点があげられます。相場が上昇トレンドのときは買いから仕掛け、下降トレンドのときは売りから仕掛けます。【PR】 F…

記事を読む

No Image

トレーディングについて
FXの魅力の一つにFX会社の注文方法が多数用意されている点があげられます。自動売買で取引することを考えれば、株と比較した場合圧倒的にFXは有利です。【PR】 FX取引は…

記事を読む

No Image

トレーディングについて
為替レートは刻々と生き物のように変化し続けているわけですが、なぜ変化するのか不思議に思われるのではないでしょうか?。今回はその仕組みについて解説させて頂きます…

記事を読む

No Image

トレーディングについて
前回世界的な規模で景気後退したときにも世界各国で政策金利の利下げがおこなわれました。そして、そのとき一番早く利上げに踏み切ったのがオーストラリアです。【PR】 …

記事を読む

No Image

トレーディングについて
【PR】 今の年収で満足されている方はご覧にならないで下さい!FXで為替リスクと同じくらい注意しなければならないのがカントリーリスクです。特に金利の高い新興国の通…

記事を読む

No Image

トレーディングについて
今現在のように大きく動く相場はリスクも大きいですが、そんぶん大きな利益を狙うことができるので、魅力的ではあります。しかし、含み損が出ている場面では素早い決断が…

記事を読む

No Image

トレーディングについて
豪ドルのような金利の高い通貨を買って、円のような金利の安い通貨をうればスワップポイントが得られます。毎日確実にプラスされるので、このスワップポイントに魅力を感…

記事を読む

No Image

トレーディングについて
過去を振り返ってみれば顕著なのですが、ゴールデンウィークやお盆休みなど、日本が休みに入っているときに限って大きな問題がおきます。今回も例外ではありませんでした…

記事を読む

No Image

トレーディングについて
相場が長期的な下降トレンドにある場合は、売りポジションを中心に建てる形で取引します。取引するポイントですが、相場が下落した後に少し反発し、再度安値を突き破って…

記事を読む

No Image

トレーディングについて
例えば前日のニューヨーク市場にて米国経済に関する悪材料が発表されたことで、米ドル売りが活発化したとします。そういった場合でも東京市場では米ドル安が進まない場合…

記事を読む

No Image

トレーディングについて
スワップポイントは買いポジションを建てている間は基本的に毎日付与されます。金利も日々変更されますので、金利が変動することで当然のことながら受け取れるスワップポ…

記事を読む

No Image

トレーディングについて
外貨投資の利益には金利による利息と為替が変動することによって得られる為替差益の2つに分かれます。FXの場合は取引コストが割安なため他の外貨商品よりも為替差益が狙…

記事を読む

No Image

トレーディングについて
 今回はピラミッティングという取引手法について誠に簡単ではございますが、解説させていただきたいと思います。ピラミッティングは取引しながら利益を最大限に高め…

記事を読む

FXはロンドン市場終了直前が狙いめ




■時間帯によって大きく動く


通常、米ドル・円の為替チャートを見ていると、 夕方ごろから、大きく動き出すのですが、
これは、外国為替市場として世界最大とされているロンドン市場がスタートするからです。


基本的に外国為替市場は、土日以外は24時間取引が可能とされているわけですが、
大元である銀行間の取引時間をチェックすると取引時間により取引量に差があります。


上述した通り、外国為替市場にて最も取引量が多いのは、いわゆるロンドン時間と呼ば
れる時間帯でして、日本では夕方から深夜にかけて取引が行われます。


【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドで提供中!






■オープン直前が大きく動く

ですので、ロンドン市場がスタートすると、その後 ヨーロッパ全域の銀行が 活発な取引
を始めます。そして、ロンドン市場がスタートしてもしばらくの間は東京や香港、シンガ
ポールなどのアジア市場のディーラーも途中まで継続して取引を行っています。


そして、ニューヨーク市場がスタートする前の早朝にあたる時間帯に米国の銀行が参加
しますので、ヨーロッパ、アジア、アメリカと、全てのディーラーがロンドン市場がオープン
している間に取引をするので取引量が増すことになるわけです。


あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義





■狙い目はここ!


上述した点が相場を造りますので、取引が活発かされるので為替の値動きも大きくなる
傾向にあるので、ニューヨーク市場がスタートする直前の相場は活況となります。


ロンドン市場はニューヨークの動きを見据えて取引量が一気に高まりますので、この短い
時間帯だけを狙って取引されている投資家が少なくありません。


一般の方がFX取引を行う上でも非常に良い相場が形成される可能性が高いです!。


【PR】 FX取引はスプレッドで利益に大きな差がでます!



FX取引で利益確定した後に行なうこととは?




■売買ルールの重要性について


売買ルールを軽視する方が圧倒的に多いですが、売買ルールに従ってトレードすることに
よって、ぶれそうになっても、迷いを抑えて的確にトレードすることができます。


しかし、せっかく売買ルールを設計しても、ルールを無視してしまったら何の意味もあり
ません。利益確定および損切りは必ず実行する必要があります。


今回は利益確定するポイントと、その後の対処する方法について解説させていただきます。


全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう >>










■適切なポジションが無理なく取れる!


例えば 買い ポジション を建てていた状態から、予想通り 相場 が上昇したことよって、
利益確定ポイントに到達したため、全でのポジションを決済したと仮定します。


当然のことながら、次の日から何もしないで良いというわけではありません。


次の日からも売り買いの判断だけは訓練として必ず行います。


次のエントリーのタイミングを図る上で非常に大切です。


もし、買いだけでトレードされているのであれば次の機会までしっかり待ちます。


あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義






■無理すればするほど取引が難しくなる


仮に売り買い両方でトレードされているにしても、すぐさま利確して早々と次の日から
売りポジションを建て、エントリーすれば良いわけではありません。


投資判断に悩むことになるかもしれません。


例えば、相場の状況が 「売り」 だと判断するのをためらう状況が続いて、どちらかと
いえば 「買い」でエントリーしたいような状態が続く場合もあるかもしれません。


こういった状況下では次の一歩を踏み出すのに悩まされます。





■どれだけ余裕が持てるかで勝負が決まる


しかし、その前の段階で利確していますので、仮に相場がそれ以上、上昇したとしても
上昇しすぎであると考ることも当然のことながらできるわけです。


この時余裕を持って待てる状態にあります。


利益確定した後に、しばらく売りか買いかの判断を毎日続けることによって、いざ売り
タイミングに転換したら、新たに売りポジションを建てて相場に入ればいいわけです。


こういった形で取引すれば余裕をもって相場に入ることができます。


FX取引はスプレッドで利益に差が出ます! >>



自動売買を極めるとFX取引が楽になります




■自動売買を使いこなすメリットとは?


FXは株以上に注文方法が多彩であるため自動売買の精度が高いです。


自動売買を利用して取引することで、次第に相場観が養われます。


相場のストーリーを描きながら注文をセットするからです。


自動売買の極めつけとなるのが、IFO注文です。


IFO注文はIFD注文とOCO注文の特徴を併せ持った注文方法です。


一見すると複雑に思えるかもしれませんが、これを使いこなせると最強です。


為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>






■IFO注文について


上述したとおり、否が応でも相場観が研ぎ澄まされることになります。


そして、適切な注文方法を入れることで、かりに損切りがかかったとしても、
あとは確率の問題で確実に利益を積み上げることができます。



IFO注文の仕様についてですが、まず、最初に指値注文を入れて、注文が約定した
時点で利益確定と損切りの注文を同時に出すことが出来ます。


ですので、損失を最小限にして利益を狙うことができます。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義






■もう時間を気にしてFX取引する必要がありません


例えば、今現在、1ドル=100円と仮定します。


もし、100円50銭になったら買って、その後103円になった時点で売って、
反対に99円まで円高が進めば損切りのために決済するといった形で注文できます。


ですので、ここまでいけば後は単純に確立の問題となるわけです。


相場の状況にあわせて適切な注文を入れてやります。


これは買いポジションだけでなく、売りポジションでも同様に有効です。


IFO注文を的確に使いこなすことができるようになりますと、時間を有効に使う
ことが出来るようになるので、時間に追われるように取引する必要がありません。


すべてをIFO注文で取引するよりも、要所要所で利用したほうが投資効果が上がり
ますので、是非一度試されると良いでしょう。


【PR】 転職してワンランク上の自分を目指しませんか?!



夏の相場は危険がいっぱい!



■投資を始める理由とは?

従来我々日本人の多くが安定志向だったため、広義の意味でのリスクに分類される投資
や起業することに抵抗がありましたが、2005年以降投資や起業が盛んになりました。


こうした背景には当時の政府が市場に個人のお金を流入させるために「貯蓄から投資へ」
といった耳障りのよいキャッチフレーズのもとに様々な規制が緩和されたためです。


同時に当時時代の寵児たった堀江貴文さんの影響で起業する20代〜30代が増えました!。
しかし、残念ながらともに一時的に市場が過熱したことによるブームにとどまってます。


年金など社会保障問題により、老後に対する不安が一気に拡大するも、不況で収入が年々
低下しているため、こういったことを補うために投資に目を向ける方も増えています。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!





■適当に投資を始めると大損する

しかし残念ながら簡単に全ての個人投資家を儲けさせてくれる世界ではありません。勢い
だけで投資を始めてしまいますと当然のことながら大きな痛手を被ることになります。


特にFXの場合はメディアでも頻繁にFX長者が取り上げられているので、何も考えずに興味
本位で始めてしまう方が多いのですが、大きな損失を被るケースが後を絶ちません。


中でも安全度が高いのではないかという思い込みからスワップポイントを狙って取引する
場合は注意が必要です。買ったタイミングが悪いと円高がより進む可能性が高いからです。




■夏から秋にかけて相場の動きに注意!

FXに限らず、相場は上昇したり、下降したり、ほとんど動かないといった三つのパターン
から構成されており、この動きを把握した上で取引しないと利益をあげるのは困難です。


今年も夏以降欧州で不穏な動きが見られる場面が多くなりそうです。また、中国のバブル
崩壊がより顕在化し、夏後半から秋まで相場が狂ったように乱高下する可能性があります。


長期的な円安局面に入ることが期待されていますが、その途中においては、過酷な相場を
生き抜かなければならないので、リスク管理だけは徹底してください。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!


 タグ

中長期で手堅くFX取引するポイント



FXは各国の銀行が営業しているときであれば取引できるので、実質24時間取引できる
ので、積極的に相場に入って短期売買でFX取引する投資家の方が急増しています。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



取引コストが割安なので株より短期売買が容易なのは確かです。


株の場合は1日で20%前後動くことも珍しくないので、1回の売買でそれなりの利益を
あげることができますが、為替の場合は株ほど一日の相場の値動きは良くありません。


せいぜいドル円相場で1〜2円程度動くのがやっとなので、レバレッジを高めにかけて
チャンスを狙いながら取引します。短期的にはトータルでまとまった利益がだせます。


しかし、相場は同じ状態が続くわけではないので、相場の変化とともに買ったり負け
たりを繰り返しているうちに運用資金を目減りさせていくことになります。


やはり、短期売買の場合は相当の相場観と売買スキルを要するので、一見簡単なよう
に見えるかもしれませんが、長期的には簡単に勝たせてくれません。


それよりも中長期で複利運用の方が日中仕事を持っている方には取引しやすいです。


その場合の通貨は豪ドルのように比較的金利の高い通貨で取引しながら、為替差益と
スワップポイントの両方を狙って取引します!。スワップ自体は大した額にはなりま
せんが、確実に利益が積みあがるのを見るだけでモチベーションがあがります。


中長期でのんびり投資するのであれば、長期的な円安トレンドに入ったときが大きな
チャンスです。ただし、日本株が大きく売られる場面では乱高下しますので、リスク
管理だけは怠らずにポジションを建てる必要があります。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


短期売買はギャンブルに近い取引です



FX取引で短期売買を行った場合は、ポジションを保有する期間によって異なりますが、
その日の内にポジションを決済してしまうと、スワップポイントは無いのと同じです。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



また、狙える1回の利益は数十銭程度です。取引する時間帯にもよりますが、1円以上
の利益を狙って取引すると売り買いの機会を逃すことになりかねません。


このため短期売買の場合は勝っても負けても数十銭程度となるため、勝率も7割前後を
確保しないと微々たる収益しかえられないとめ、運用資産はなかなか増えません。


少し欲をだして利益を伸ばそうと、利確するのを先延ばししてしまうと、 万一相場が
反対に動いてしまい損切りのタイミングを逃してしまうことになります。


このとき数円程度の損失となれば大変です。勿論よほど高値や底値にあるときに逆の
取引をしなければポジションを長く保っている間には為替が戻ることもあります。


しかし、短期売買は為替が戻るのを待つ取引ではありません。


その時の気分で投資スタイルを短期売買から長期投資に変えたりすると、余計に混乱
し、適切な投資判断が下せなくなります。一貫性をもたせないと損失が膨らみます。


運用資金は増えるどころか大きくマイナスになるわけですから、基本的にFX取引での
短期売買はギャンブルに近いということを認識したうえで取引する必要があります。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!


今後さらにFX取引が難しくなる理由



スキャルピングのような超短期売買は、ある意味相当の技術がなければ利益をあげ続け
るのは難しいです。高い勝率をキープしなければ利益が中々積みあがっていきません。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



株の場合は、終了間際にいきなり大きな買いが入り10%前後も上昇するといった可能性
もあるので、相場によっては大きな利益が確保することができます。


ですので、仮に勝率が多少低くても短期売買で利益がだせると思います。


一方、FXの場合は株とは比較にならないほど取引コストが安いので一日のうちに何回も
売り買いしてもトータルの手数料は知れているかもしれません。


しかし、年間を通して考えると結構な額になるのでバカにできません。


FXの場合はは、勝率6〜7割はキープしなければトータルの収支はトントンかマイナスに
なってしまいます。10回取引して6〜7回勝つというのは簡単なようで難しいです。


サブプライムショックやリーマンショックのときのように相場が極端に大きく動くよう
なときを狙って取引し、大きな値幅を取れる自信がある人には超短期売買も有効です。


しかし、台風の日に大きな波がきているからといってサーフィンするようなものです。


中国経済が崩壊に向かっていますので、今後はさらに世界経済が混乱する可能性が高い
ため、大口同士が生き残りをかけて熾烈な争い繰り広げます。


為替だけでなく、株や先物、債券ですら投機色が濃くなりますのでFXを取引するのは、
本当に注意が必要です。ポジションの週末持越しは控えたいところです。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


 タグ

短期売買なら円高・円安は関係無い?



FXの魅力の一つに売りからでも利益を狙うことが出来る点があげられます。相場が上昇
トレンドのときは買いから仕掛け、下降トレンドのときは売りから仕掛けます。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



このためFXの場合は長期投資でスワップ金利を中心に為替差益を狙って取引する場合は
相場が上昇トレンド(円安傾向)にないと利益をあげるのが難しいです。


相場が下降トレンドにある場合は買値よりもさらに円高が進む可能性があるので、結果
として利息が良かったとしても為替差損によって利益が削られる可能性があります。


利益が削られるだけなら良いほうで最悪の場合は大きな損失を被ることになりかねません
ので、下降トレンドにあるときはスワップ金利はオマケ程度に考えるべきだと思います。


短期売買の場合はファンダメンタル要因をそれほど意識しないで済みます。また、売り
と買いの両方で巧みに取引することによって相場が円安でも円高でも利益を狙えます。


相場の流れに乗ることによってFX取引で利益をあげられる可能性が高まるわけですから、
相場の流れを読むことは言うまでもなく大切です。


流れを読むためには勉強する必要があります。


FXは簡単にだれでも気軽に取引できるからといって簡単に儲かるというわけではありま
せん。大きく損しないためいも、この点を理解したうえで取引する必要があります。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


豊富な注文方法でリスク管理を徹底する



FXの魅力の一つにFX会社の注文方法が多数用意されている点があげられます。自動売買
で取引することを考えれば、株と比較した場合圧倒的にFXは有利です。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



こういった注文方法を上手く利用することで損失を一定額に抑えることができます。


しっかり相場を分析した上で戦略を練れば自動売買を行って確実に利益を確定すること
ができるので、一日中忙しく働いている会社員の方でもリスクを抑えた投資が可能です。


実際に注文を入れるにあたって価格が重要になるわけですが、FXの場合は2Wayプライス
といって買値と売値が同時に提示される方式が採用されています。


最も頻繁い利用されるのは指値注文と成行注文の2つです。


指値注文は「買いたい価格」と「売りたい価格」を指定して注文をだします。


このため自分の希望する価格で売買することができます。一方、成行注文は「いくら
でも良いから買う」、「いくらでも良いから売る」といった注文方法です。


このため予想以上に高値で買わされたり、反対に予想以上に安値で売らされる場合が
あります。しかし、成行注文は確実に注文を約定することができます。


ですので、急いでいる場合は成行注文が非常に有効です!。


最後に逆指値注文についてですが、これは損失を限定するうえで非常に有効です。


例えば「いくら以上になったら買う」、「いくら以上になったら売る」といった注文を
だすことができますので、逆指値注文によってリスク管理を強化することができます。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


政府要人の発言を注意してFX取引する



為替レートは刻々と生き物のように変化し続けているわけですが、なぜ変化するのか不思議に
思われるのではないでしょうか?。今回はその仕組みについて解説させて頂きます。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



為替レートが変動する仕組みについてですが、通貨の価値は基本的にモノの値段と同じなん
です。人気が高いと必然的に欲しい人が増えます。そうなると商品の価値が高まるわけです。


そうなると値段が上がります。しかし、人気があまりにも無くて売れ残って在庫の山となりそう
だと思ったら値段を下げて一気に売ろうとします。同じことが為替の世界にもあてはまります。


ドルの人気が高まればドルの価値が高まります。そうなりますと為替レートが上がってドル高
となります。逆に人気が下がれば為替レートは下がってドル安となります。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義



次に通貨の人気が変化する理由についてですが、基本的にはその国の経済の健全性を示す
経済指標です。経済指標からその国の経済がどのような状態にあるか把握できます。


また、為替レートは経済的要因だけでなく、政治的要因や政府要人の発言などによって市場
心理が複雑に絡み合うことでも大きく動きますので注意が必要です。


2009年に民主党の藤井元財務大臣(当時)が円高容認発言によって、市場が混乱したことを
契機に長期間にわたって円高が続き、外貨投資の旨みが壊滅的状況になりました。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


スワップ金利を狙うFX取引での注意点



前回世界的な規模で景気後退したときにも世界各国で政策金利の利下げがおこなわれ
ました。そして、そのとき一番早く利上げに踏み切ったのがオーストラリアです。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



今回もオーストラリアが他の主要国の中で一番早く政策金利を利上げしましたが、
世界的に景気低迷から需要不足に陥り、オーストラリア経済が低迷しています。


このためオーストラリアの政策金利は3%台を割り込む水準まで低迷しています。


現時点では利下げ局面にあります。豪ドルは今現在主要国通過の中では一番金利水準
が高いので、スワップポイントも飛びぬけて高いです。(米ドルが0.25%です)


以前ほどではないですが、スワップポイントを狙って中期的に取引するのも悪く無い
とは思います。しかし、相場が大きく動くとスワップポイントが吹っ飛びます。


欧米の信用不安が新興国にまで波及している状況では、残念ながら短期間で改善され
る見込みはありません。中長期で取引するのであれば、十分注意する必要があります。


繰り返しになりますが暴落すればスワップ金利による利息も吹き飛んでしまいます。


また、豪ドルの場合は悪材料がでれば直接オーストラリア経済に関係なくても大きく
下落することがしばしばありますので、初心者の方は混乱します。


とはいっても、南アフリカランドやトルコリラと比較すれば安定しています。


スワップ金利を狙って取引するのであれば、年1〜2回ほど大きく暴落するときに始める
べきです。相場が安定しているときは天井圏にある場合が少なく無いので注意が必要です。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!


これを知らないと新興国通貨でFX取引して大損します



【PR】 今の年収で満足されている方はご覧にならないで下さい!


FXで為替リスクと同じくらい注意しなければならないのがカントリーリスクです。特に金利の高い新興国
の通貨を取引されている方は注意が必要です。運用資金を大きく目減りする可能性があるからです。


カントリーリスクとはどういったものかといいますと、その国の政治および経済が混乱することによって、
やむをえない事情から投資した資金が戻らないリスクのことです。


新興国の場合は対外債務が多いので突然債務不履行や繰り延べ返済を求めてくる可能性が少なくあり
ません。最悪の場合はアイスランドのように国家破綻に追込まれることになります。

これを知らずに外貨投資・FXをやってはいけない



そこまで追込まれなくても、金融システムや税制が急に変更になったり、国の政策が大幅に変更された
ことによって、私有の財産が国有化されたりすることもありません。


混乱が混乱を呼ぶ状況が続くことになります。FXにかぎらず、外国投資信託や外国債券などで運用され
る場合は、その国の政治や経済に関することをしっかりと把握する必要があります。


繰り返しになりますが、こうしたカントリーリスクは先進国よりも新興国の方が高いです。そして、こうした
リスクは常に一定の水準を保つわけではないので、投資を始めてからも注視する必要があります。


【PR】 スカウト登録して転職成功者を目指しませんか?!


大きく動く相場でやってはいけない取引とは?


今現在のように大きく動く相場はリスクも大きいですが、そんぶん大きな利益を狙うことができるので、
魅力的ではあります。しかし、含み損が出ている場面では素早い決断が求められます。


損をしたくないという気持ちは誰にもあります。しかし、だからといって損失が膨らんでいるの我慢する
のは危険すぎます。とくに今現在のような状況下では大きな損失をこうむる可能性が高いです。


資金の大半をなくしてしまうなんてことは避けなければなりません。また、こういった状況下でありがち
なのが、ナンピン買いを入れてしまうことです。ナンピン買いとは相場が上がると思ってエントリーした
ものの、思惑が外れたので、さらに買ってしまうといった取引です。


例えば1ドル=90円のときにエントリーし、88円まで下がってしまったとします。ここで買えば平均取得
単価が89円になりますので、89円まで戻れば損失がなくなると考えてしまうのです。


しかし、89円に戻るとは限りません。とくに混乱している相場は86円まで下落することだってあるわけ
です。ここであきらめればよいのですが、さらに買ってしまうと資金がいくらあっても足りません。


さらに損失が膨らむ可能性もあり、アリ地獄のような状況に陥ります。確かに相場はいつかは反転しま
すが、3円下がって反転するのか、10円下がって反転するのかは誰にも分かりません。


反転するのを待って、ひたすら買っていったら、いつかは資金が底をつきます。これがナンピン買いの
恐ろしさです。株の場合はトレンドがはっきりしているので、まだ良いのですが、為替は困難です。
できるだけ早い段階で損切りし、損失を確定するほうが得策です。

リスクを抑えて為替差益とスワップポ金利で安定した収益を狙って取引する方法について


豪ドルのような金利の高い通貨を買って、円のような金利の安い通貨をうればスワップポイントが得られ
ます。毎日確実にプラスされるので、このスワップポイントに魅力を感じる人が少なくありません。


しかし、そうはいっても相場が大きく動く場面では、それまで積み上げてきたスワップポイント以上に為替
差損が生じてしまう場合が少なくありません。結果的にマイナスで終わる可能性もあります。


しかし、人によってはレバレッジをかけずに外貨預金感覚でこうしたスワップポイント狙いでFXを取引する
方も多いことから、リスクを軽減するための方法について今回は解説させていただきたいと思います。


基本的にリスクを軽減するでけであってリスクそのものをゼロにすることはできません。あくまでも小さく
するだけです。そのために基本となるのが、自分が建てているポジションと反対の動きをする通貨ペア
を見つけて分散投資する形でFXを取引すれば、リスクを軽減できます。


例えば豪ドル・円とニュージーランドドル・円では同じような動きをするため、分散投資効果はほとんどあり
ません。豪ドル・円でスワップポイントを狙って取引するならユーロ・ドルでポジションを取ります。


すうすることによって、豪ドル・円のポジションが為替変動によって目減りしても、その分をユーロ・ドルが
上昇することで利益が出せます。こうすることでリスクを分散することができるわけです。


注意点としては相当の資金が必要となります。そして、ポジションの数が増えるわけですから、取引にかか
るコストもその分増えることになりますので、この点をしっかりと考慮したうえで取引する必要があります。

大きく動く相場で損失を限定しながら最大限の利益を狙ってFX取引するための注文方法


過去を振り返ってみれば顕著なのですが、ゴールデンウィークやお盆休みなど、日本が休みに入って
いるときに限って大きな問題がおきます。今回も例外ではありませんでした。


ギリシャの支援策が決定したものの、金利負担があまりにも大きいため、ギリシャのデフォルトリスクが
かえって高まったように思います。ジャンク債に投資するわけですから、ドイツとて安泰ではありません。


再び乱高下が激しい相場展開が長期化しそうな雰囲気です。そうした状況下でFX取引する場合、思惑
が外れてしまうケースが増えると思います。そうした場合はいかに損失を限定するかが鍵です。


そして、そうした場合に有効となるのが「トレール注文」です。トレール注文は、相場の値動きにあわせて
逆指値注文のレートを自動で修正することができるので、損失を限定することができるわけです。


トレール注文の仕組みについてですが、予めトレール幅を決めておきます。そうすることによって今現在
のレートから一定の幅にあわせてとレール価格が決まります。


例えば、今現在買いポジションを建てていると仮定します。この場合、レートが上がると予め決めておい
た値幅で自動的にトレール価格も上がります。つまり、いちいち変更する手間が省けるわけです。


そして、逆指値価格とトレール価格の高いほうが注文を執行するさいの基準価格となります。一方、売り
ポジションを建てた場合は、レートが下がると予め決めておいた値幅でトレール価格が下がります。


売りの場合には、逆指値価格とトレール価格の低いほうが注文を執行するための基準価格となります。
ですので、トレール注文は上述した形で損失を限定しながら大きな利益を狙うことができます。
 タグ

FXで売りから取引することができるようになると必然的に利益を狙えるチャンスが倍増します。


相場が長期的な下降トレンドにある場合は、売りポジションを中心に建てる形で取引します。取引する
ポイントですが、相場が下落した後に少し反発し、再度安値を突き破って下落したところを狙います。


思惑が外れた場合に備えて、買戻しのストップロス注文を入れる必要があります。下降トレンドにある
場合は相場が下落するの動きが早いので、この点に関して常に意識しなければなりません。



こういった格好でポジションを取るわけですが、利益確定すべきかなと思ったのであれば、今度は反対
に一気に買い戻すわけです。売りから仕掛けた場合は、そうすることで利益確定となります。


今現在、FXをはじめる個人投資家がさらに増えることが予想されますが、個人投資家の多くは基本的
に買いだけで外貨を取引しています。これが実際に円高を抑える要因の一つとされています。


それほど個人の売買が影響力を及ぼしているわけですが、多くの投資家は売りに対して苦手意識や、
罪悪感のようなものがあるようです。しかし、残念ながら相場が下降トレンドにあるときには大口の
投資家は売りを中心に売買を仕掛けてきますので、買いだけで利益を狙うのは限界があります。 


下降トレンドにあるときは、売り買いのタイミングを取るのが上昇トレンドにあるときよりも値動きが激しい
ので難しいのです。ですので、実際にFXを取引し始める前に売りで仕掛けることに対する苦手意識を
デモトレードを積極的に活用して克服されることをオススメします。


そして、売りで仕掛けたさいのリスク管理を徹底することによって、売りからも、買いからも取引できるよう
になりますと、利益を狙えるチャンスが倍増します。また、トレンドも気にならなくなります。

 タグ
FX 

投資信託のファンド筋が外貨を売り買いする時間帯を狙ってFXを取引するポイントについて


例えば前日のニューヨーク市場にて米国経済に関する悪材料が発表されたことで、米ドル売りが活発化
したとします。そういった場合でも東京市場では米ドル安が進まない場合が多いのです。


 
これは東京市場では実需が占める割合が高いからです。ニューヨーク市場のように投機筋が多いとどうし
ても極端に動く場合が多いです。しかし、実需の場合は米ドル売りに対して抵抗しようとはしません。
 
 
国内の輸入および輸出業者の多くは、品物やサービスなどの代金の支払いで、どうしても米ドルが必要
だからです。このため東京市場では次第にドル売りが沈静化されることになります。


もし、仮に東京市場でもニューヨーク市場のように投機筋同士による執拗な売りと買いが繰り広げられる
のであれば、ニューヨーク市場の流れがそのまま東京市場に引き継がれるはずです。


 

しかし、実需の占める割合の高さが、こうした流れを吸収します。そして、投資信託のファンド筋による米ドル
買いも、東京市場では比較的大きな割合を占めていますので、こうした動きを無視することは出来ません。


 

実際に日本国内で流通している投資信託の中には、海外資産に投資するものも少なくありません。こうした
ファンドに組成するための外国債券を買うには必然的に米ドルが必要となります。


 

この結果としてドル買いが進むことになります。ちなみに投資信託による外貨買いが活発化するのは、午前
10時ごろに銀行の仲値が決まるころと、午前11時、午後2時にも活発化します。

スワップを狙って損するパターンについて


スワップポイントは買いポジションを建てている間は基本的に毎日付与されます。金利も日々変更されま
すので、金利が変動することで当然のことながら受け取れるスワップポイントの額も変動します。


確かに低金利の日本において豪ドルなど高金利通貨のスワップ金利は確かに魅力的ですが、それだけ
に固執してしまうと、かえって損失をこうむる機会を増やすこととなるので、注意しなければなりません。


また、スワップポイントは基本的に取引が成立した時点では発生しません。取引が成立してから1日以上
経たないと付与されません。まとまった収益としてあげるには長期投資が基本となります。


ご存知のとおり金融不安などが原因で金融市場全体が不安定なときは往々にして為替の変動が極端に
激しくなります。そうした場合にスワップポイントを重視して取引するのは危険です。


長期投資であるがゆえに大きな為替差損が発生する可能性が高いのです。それまで長期間に渡って
ポジションを取り続けた関係でポジションを取らなければならないときに迷いが生じます。


サブプライムショックやリーマンショックで大きく動いたときに大きな損失を被ってしまったのは、スワップ
を狙って長期投資していた個人投資家が圧倒的に多いのです。


ですので、やはり、スワップポイントのような金利による利息を狙って取引する場合は、為替相場が安定
した状態に行うべきです。相場が悪化している状況ではかえってFX取引自体を難しくしてしまいます。


ギリシャ問題でユーロが大きく揺れ、また、米国が中国を為替操作していると糾弾するような状況下では
何が起こるか分かりませんので、長期投資は控えるべきだと思います。

FXは含み損益に一喜一憂すると失敗する


外貨投資の利益には金利による利息と為替が変動することによって得られる為替差益の2つに分かれ
ます。FXの場合は取引コストが割安なため他の外貨商品よりも為替差益が狙い易いです。



例えばドル・円を取引しているのであれば円高でドルを買って、円安でドルを売ることによって為替差益
を得ることができるわけです。この場合、基本的には株を安く買って高く売るのと同じです。



しかし、FXの場合は証拠金取引であるため、買いからだけでなく売りからも仕掛けることができます。
つまり、上昇トレンドだけでなく下降トレンドに相場があっても利益を狙うことができます。



外貨投資の場合は上手く相場の方向性を見極めることができれば金利による利息と為替差益を同時に
狙うことが出来ます。しかもFXは取引コストが他の外貨商品よりも遥かに割安です。



このため短期間に何回も売り買いをして利益をあげることができます。ちなみに株の場合もかなり割安に
設定されてはいますが、FXとは比較になりません。こうした面でもFXは個人投資家向きだと思います。



しかし、利益がでるのであれば反対に損失もでます。こればかりは避けることができません。相場の方向
性を誤まると損失を被ります。そして、いくら為替差益が過去に生じたとしてもトータルでマイナスとなって
しまっては意味がありません。また、含み益がでていても、これは本当の利益ではありません。



ですので、取引画面を見ながら自分が抱えているポジションが利益がでているからといって一喜一憂しす
ぎないことです。損失をできるだけ抑えながら利を伸ばしていくのが基本です。

 タグ
FX 

ピラミッティングでFX取引するポイント

 

今回はピラミッティングという取引手法について誠に簡単ではございますが、解説させていただきたいと
思います。ピラミッティングは取引しながら利益を最大限に高めていく方法です。


例えば1ドル=90円で3000ドル買ったとします。そして、相場が予想していた通りに動いたとします。
1ドル90円50銭まで上場したのですが、相場の勢いは増しているので利確するかどうかで迷います。


こういった場合は利益を確定するのではなく、ポジションを保ったまま、追加で買い増しします。これが
ピラミッティングです。ピラミッティングでの注意点は注文数量の設定です。


一気にポジションを拡大してしまうと、その分リスクが高まります。例えば今すでに3000ドルの買いポジ
ションを建てているわけですから、一気に3000ドル買い増すのはリスクが高いです。


そこで、とりあえず2000ドル買い増しして様子を見ます。そして、1ドル=91円まで上昇しました。運良く
好材料がでてさらに相場は勢いを増したので、さらに1000ドル買い増します。


こういった形で買いますことで全体ポジションの数量を調整していきます。そうすることで相場が思惑通り
動いてくれた場合は、ポジションを建てている分だけ利益が増えていきます。


資金に余裕があるのであれば、1000通貨ではなく1万通貨で取引すれば良いです。しかし、FXを始め
たばかりであれば、無理をせずに1000通貨で取引されることをオススメします。

 タグ
FX 
さらに詳しく調べる


 検索例 
  FX 通貨ペア 手数料などと入力
メニュー
カテゴリ
お問い合わせフォーム

btn_msg.gif

相互リンク随時募集中!
タグクラウド
タグ
  • SEOブログパーツ
  • SEOブログパーツ


Copyright © FX取引の基本が分る外貨投資入門 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。