その他金融商品についてのカテゴリ記事一覧

FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。

カテゴリ:その他金融商品について

その他金融商品についてのカテゴリ記事一覧。FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。
No Image

その他金融商品について
【PR】 転職してワンランク上の自分を目指しませんか?!外国投資信託は大きく分けて二つのタイプに分かれます。一つが日本国内で設立されたファンドで海外の株式や債券…

記事を読む

No Image

その他金融商品について
前回の補足なんですが、外貨定期預金のキャンペーン金利は非常に魅力的に感じるかもしれません。しかし、前回申しあげたとおり、キャンペーン金利はあくまでも期間限定な…

記事を読む

No Image

その他金融商品について
 一般的に外貨預金は外貨定期預金のことをさします。外貨定期預金と外貨普通預金では金利条件が圧倒的に外貨定期預金の方が有利に設定されていますが、一定の期間解…

記事を読む

No Image

その他金融商品について
 依然として外貨投資の中で外貨預金の人気は高いです。やはり、預金と名がつくものには安心感を覚えのでしょう。一般的に外貨預金とは外貨定期預金のことをさします…

記事を読む

No Image

その他金融商品について
 世界的に金融危機が深刻なレベルにまで広がったことによって、世界中が政策金利を一斉に利下げすることになったわけですが、これによりFXのスワップポイントも大き…

記事を読む

No Image

その他金融商品について
 海外ETFの大半は海外の株価指数や債券指数に連動するものが圧倒的な数を占めていますが、金などの商品指数やREITなどに連動するものもあってバラエティに富んでい…

記事を読む

No Image

その他金融商品について
 今回は海外ETFについて誠に簡単ではございますが解説させていただきたいと思います。海外ETFのETFは「Exchange Traded Fund」の略称です。日本語では上場投資信託…

記事を読む

No Image

その他金融商品について
 外国株式やADRを取引することによって得た利益には当然のことながら税金がかかります。日本株を取引するのとは税の仕組みが微妙に異なりますので注意が必要です。…

記事を読む

No Image

その他金融商品について
外国株式やADRに投資することによって国際分散投資することができます。日本株だけに投資していると市場全体が低迷している場面では利益をあげるのが難しいです。しかし…

記事を読む

No Image

その他金融商品について
数年ほど前からBRICsをはじめ新興国市場の株式を組成したファンドが人気を集めています。こうしたファンドに組成されている銘柄に日本国内から直接投資することは一部の…

記事を読む

No Image

その他金融商品について
外国株に投資することによって、国際分散投資することにもつながります。しかし、残念ながら世界中全ての優良企業の株を投資できるわけではありません。実際に取引できな…

記事を読む

No Image

その他金融商品について
外国株式への投資に関する魅力についてですが、例えば日本株が大きく低迷しているときに上昇局面にある場合は、当然のことながら利益をだしやすいわけです。つまりチャン…

記事を読む

No Image

その他金融商品について
実際に外国債券を購入するにあたって重要な指標となるのがS&Pやムーディズといった格付会社から発表される格付けです。これによって債券の発行元の信用力を把握する…

記事を読む

No Image

その他金融商品について
外国の企業が日本国内で債券を発行する場合は、日本の政策金利が低いため低金利で調達することができます。外国で債券を発行するのは自国通貨を海外で取引するのと基本的…

記事を読む

No Image

その他金融商品について
外国債券には利払いがあるものと無いものとに分けることができます。利払いがあるタイプを利付債といい、利払いがないタイプを割引債といいます。今回はこの点について解…

記事を読む

No Image

その他金融商品について
債券とは借用書で、「いくらいくらお金を借りますので、お金を返すときにはいくらいくら上乗せして返済します」国が発行する債券を国債、一般の企業が発行するものを社債…

記事を読む

No Image

その他金融商品について
外貨MMFは資産運用するだけでなく、他の外貨建て商品を買うために資金をプールさせたり、他の外貨建て商品から得られた償還金や売却代金を外貨のままで受け入れることが…

記事を読む

No Image

その他金融商品について
今回は外貨MMFと外貨預金の比較について誠に簡単ではございますが、解説させていただきたいと思います。まず外貨MMFがもっとも有利なのは為替手数料です。外貨預金のほぼ…

記事を読む

No Image

その他金融商品について
外国投資信託は国内の投資信託と比較しても商品の種類や銘柄が幅広く運用されていますので、分散投資効果が高いのは大きな魅力なのですが、様々な手数料が存在し、割高な…

記事を読む

No Image

その他金融商品について
 グローバル・ソブリン・オープンは通称グロソブといわれていますが、世界各国の債券に分散して投資された投資信託です。そして、安全性の高い公社債を中心に組成さ…

記事を読む

FXにはない外国投資信託のメリットとは



【PR】 転職してワンランク上の自分を目指しませんか?!


外国投資信託は大きく分けて二つのタイプに分かれます。一つが日本国内で設立されたファンドで海外
の株式や債券に投資するタイプのものです。もう一つは海外で設立されたファンドで同じように海外の
株式や債券に投資するのですが、この場合正確には外国籍投信に分類されます。


外国投資信託の魅力は何といっても分散投資効果の高さです。一つの商品に複数の金融商品や銘柄
が組成されています。こういった点はFXにはない外国投資信託のメリットです。


複数の金融商品や通貨、銘柄などに資産を分けて運用しているので、仮にどれかが下がったとしても、
他が値上りすれば損失をカバーすることが出来ます。資産全体が目減りすることを防げるわけです。


国内の金融商品で運用している投資信託ではなく、あえて、外国投資信託で運用することで国際分散
投資が容易にできます。また、商品や銘柄を選ぶ必要がありません。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義



基本的に全てファンドマネジャーが代行して行ってくれます。海外の企業の株に投資するには、本来で
あれば、世界経済だけでなく海外市場について深い知識が必要となります。


外国投資信託はそういった問題をクリアしています。外国投資信託に投資することによって、国際的に
視野が広がることも大きなメリットの一つです。海外に関する情報に明るくなります。


為替と株式市場や債券市場とは密接な関係にありますので、外国投資信託で運用しながらFX取引を
同時に行うことで投資効果が高まります。また、FXで通貨を分散して投資するよりも、外国投資信託で
運用した方が分散投資効果は高いですが、手数料が割高なのがネックです。


【PR】 転職して年収UPするなら「今でしょう!」


外貨預金のキャンペーン金利のからくり


前回の補足なんですが、外貨定期預金のキャンペーン金利は非常に魅力的に感じるかもしれません。
しかし、前回申しあげたとおり、キャンペーン金利はあくまでも期間限定なんです。


パンフレットやポスターに小さく注意書きが次のように記載されています。「キャンペーン金利は当初預け
入れ時のみの適用となります。満期後は通常金利を適用します」。


というようにキャンペーン金利は、あくまでも客寄せのためのものなのです。最初の1ヶ月だけしか適用
されないわけですから、後になって気がついたなんてことになったらショックで立ち直れません。


少し大げさですが、「だまされた!」と思われるかもしれませんね。何といっても満期後は通常の金利が
適用されるわけですから、そう思われたとしても仕方がありません。


しかも、大手都市銀行は手数料がとてつもなく割高に設定されています。米ドルで往復2円です。仮に
キャンペーン金利の魅力に誘われて1万ドルを外貨預金したとします。


1ヶ月しか金利が適用されないのでせいぜい数百円程度です。それ以降は通常の金利が適用されるの
ですが、米ドルは殆ど金利がつかないので為替差益を狙うしかなくなります。


しかも、最低2円は円安が進まないと利益がでません。ですので、外貨預金ではなくFXで外貨預金感覚
で取引する方がはるかにリスクが低く高い運用効果がきたいできます。

外貨預金でお金を増やすのが難しい理由

 

一般的に外貨預金は外貨定期預金のことをさします。外貨定期預金と外貨普通預金では金利条件が
圧倒的に外貨定期預金の方が有利に設定されていますが、一定の期間解約することができません。


つまり、外貨定期預金はあらかじめて円から外貨に転換する期日が決まっている場合が多く、難しい
のは、その期間内に2円以上の円安にならないと利益がだせないのです。


このため、満期を迎える前日まで2円以上円安が進んでいたとしても当日の銀行が営業する前に暴落
してしまうと、損失を被ることになってしまいます。こういったことは可能性ゼロではありません。


また、極端に円高が進むと銀行は外貨定期預金のキャンペーンを行います。このとき気をつけなけれ
ばならないのがキャンペーン金利です。よく銀行の前に魅力的なポスターが貼ってあります。


かわいいモデルさんの笑顔にだまされてはいけません。基本的にキャンペーン金利が適用されるのは、
期間限定なんです。その期間が過ぎれば低い通常の金利が適用されるわけです。


今現在、米ドルは0.25%です。しかし、その10倍以上の金利を提示しているところがあるので、「これ
はチャンスだ!」とばかりに駆け込んで後々になって大きなショックを受けることになります。


円高でも金利で儲かると思っていたらとんだ落とし穴が潜んでいるわけです。ですので、実際には外貨
預金で利益をあげるのは難しいのです。ですので、FXと外貨MMFをオススメします。

外貨預金と外貨MMFではどちらがお得?

 

依然として外貨投資の中で外貨預金の人気は高いです。やはり、預金と名がつくものには安心感を覚え
のでしょう。一般的に外貨預金とは外貨定期預金のことをさします。



基本的に定期預金なので途中解約は認められません。また、満期日を迎えるときに大きく円高が進んで
しまいますと、円に戻したときに大きな為替差損が生じることも十分ありえます。



また、外貨預金は外貨では元本保証されますが、円では保証されません。そして利息も外貨で付与され
ますので、この点に関しても十分考慮したうえで外貨預金を始めるべきだと思います。



個人的にFXの次にオススメなのが外貨MMFです。外貨MMFは格付けの高い短期の外国債券に投資
する投資信託の一種です。外貨預金に対抗して証券会社が販売しています。



しかし、依然として人気がありません。外貨預金よりもはるかに好条件で運用することができるのにもかか
わらず人気が出ません。証券会社と取引すること自体敷居が高いと感じている方が多いのかもしれません。



外貨預金と決定的に違うのは、ファンドマネジャーが運用を行うため確定利回りでは無い点です。このため
運用成績がよければ高い収益が期待できるのと小額から購入できるのも外貨MMFの大きな魅力です。
しかし、外貨商品の一つである以上為替変動リスクがあるということを忘れてはなりません。

FXは外貨預金より有利に運用できます

 


世界的に金融危機が深刻なレベルにまで広がったことによって、世界中が政策金利を一斉に利下げする
ことになったわけですが、これによりFXのスワップポイントも大きく低下しています。


こうしたことから、これまで金利の高い通貨を買って長期保有し、スワップポイントを稼ぐ投資手法が人気
を集めていたいわけですが、今では短期売買で為替差益を狙うのが一般的となっています。


米ドルのFFレート(政策金利)が5%台にあった2007年頃と比較すればスワップポイントの魅力は半減
していますが、外貨預金と比較すれば有利な状況にあると思います。


例えば豪ドルの外貨定期預金での1年物の金利とスワップポイントを金利換算した場合大きな差はありま
せんが、為替手数料が圧倒的に有利ですので、日本円に戻したときに大きな差が出ます。


外貨預金の場合は豪ドルで片道で50銭から1円程度程度かかります。しかし、FXの場合は2銭から4銭
程度ですので、1万豪ドルで片道200円程度です。一方外貨預金は5000円以上かかります。


そして、今現在、豪ドルは円に対して急激に高くなっている上に、政策金利の利上げ気運が高まっていま
すので、中長期で取引する旨みが増してきていますのでオススメできます。

海外ETFの分散投資効果の高さについて

 


海外ETFの大半は海外の株価指数や債券指数に連動するものが圧倒的な数を占めていますが、金
などの商品指数やREITなどに連動するものもあってバラエティに富んでいます。


しかし、最近ではこうした指数に連動せずに、積極的に運用効果を狙った『アクティブETF』なるものも
あります。高い運用効果を期待している方にとっては良いかもしれません。


海外ETFの人気が国内でも高まっていることから、海外ETFの国内の株式市場へ上場するケースが
少しずつ増えています。手軽に海外投資できるので今後もさらに人気化することが期待されています。


基本的に海外ETFは海外の株式や債券などの指数に連動するので分散投資しているのと同じ効果が
期待できます。こうしたETFの特長を上手く利用すれば国際分散投資も容易にできます。


実際に先進国だけでなく新興国をまとめて指数化したものに連動する海外ETFもあります。これにより、
世界中の株式市場や債券市場に小額の資金で分散投資することが可能となるわけです。


海外ETFを取り扱っている証券会社の数は急速に増えているとはいえ、全ての証券会社で取引できる
というわけではありませんので、事前に確認されることをオススメします。

 タグ

海外ETFとはどういった金融商品なのか

 


今回は海外ETFについて誠に簡単ではございますが解説させていただきたいと思います。海外ETFの
ETFは「Exchange Traded Fund」の略称です。日本語では上場投資信託といいます。


その名の通りETFは投資信託の一種なのです。しかも、株式で個別銘柄を取引するような感覚で取引
することができます。指値注文や空売りまでできるのが大きな魅力です。


また、投資信託のデメリットの一つである信託報酬が比較的割安に設定されているのも個人投資家に
はうれしいですね。そして、海外ETFとは海外の株式市場に上場しているものをさします。


海外ETFは米国や中国などの株価指数に連動するものをはじめ、債券指数、商品指数、不動産などに
連動して動くものなど、選ぶのが大変なくらい非常にバラエティにとんでいます。


ですので、2〜3本程度投資するだけで、国際分散投資が容易にできます。また、価格に関しても割安
に設定されています。10万円程度あれば購入することができます。


海外ETFとFXを併用して取引することでさらに分散投資効果が高まります。今後さらに取り扱い本数が
増えることになると思いますので、投資の幅が今後さらに増えることになりそうです。

 タグ

外国株式とADRにかかる税金について

 


外国株式やADRを取引することによって得た利益には当然のことながら税金がかかります。日本株を
取引するのとは税の仕組みが微妙に異なりますので注意が必要です。


ですので、今回は外国株式やADRを取引した場合の税金の仕組みについて誠に簡単ではございます
が解説させていただきたいと思います。基本的に税金は国によって微妙に異なります。


しかし、基本的には国内の株式と同じで、配当金と売却益に対してそれぞれ課税されます。米国株を
取引した場合を例にあげさせて頂きますと、配当金に関しては米国に対してまず10%支払います。


そして、日本で10%(所得税7%、住民税3%)支払います。しかし、米国に対して支払った10%分は
確定申告すれば「外国税額控除」によって還付されることになります。


一方、売却益に関しましては株式を売却した時点での為替レートで円に換算します。そして、これらに
対して10%(所得税7%、住民税3%)の申告分離税が適用されます。


基本的には日本株を取引するのと同じです。上述したとおり取引する国によって微妙に異なりますので、
後々になって問題にならないように必ず取引する前に調べる必要があります。

 タグ

外国株式とADRにかかる手数料について



外国株式やADRに投資することによって国際分散投資することができます。日本株だけに投資している
と市場全体が低迷している場面では利益をあげるのが難しいです。


しかし、国際分散投資することで他の動きのある市場の銘柄に投資することによって利益を狙うチャンス
が広がります。しかし、外国株式やADRに投資するうえで色々なデメリットも存在します。


例えば取引するための手数料が日本株の売買と比較して割高な点があげられます。外国株式やADR
に売買する場合は売買手数料だけでなく為替手数料も発生します。そして、これだけではありません。


基本的に国内の証券会社からの注文は現地の証券会社に取り次がれることによって注文が成立するの
で当然のことながら現地の証券会社から徴収される取次ぎ手数料も発生します。


例えば米国株を取引した場合には売却したさいには米証券取引委員会(SEC)からSEC Feeというもの
が徴収されることになります。これは米国株式を取引すると必ず徴収される手数料です。


外国株式やADRは日本株以上に大きく動くので短期間でまとまった利益を得られるチャンスがあります。
しかし、手数料が割高に設定されているので取引コストには注意して取引する必要があります。

ADRのメリットと取引する方法について



数年ほど前からBRICsをはじめ新興国市場の株式を組成したファンドが人気を集めています。こうした
ファンドに組成されている銘柄に日本国内から直接投資することは一部の国を除いてできません。


現地の証券会社で取引口座を開設する必要があるのですが、国と地域によっては遠路はるばる現地
に足を運ばなければなりませんので、取引を開始するまでの全ての事象が大きな負担となります。


インドに関しては依然として自国の企業を保護するために海外投資家の直接投資を禁じていますので、
個人投資家がインドの個別銘柄に対して投資することはできません。


ですので、ADR(米国預託証書)は株を取引する感覚でインド企業に投資することができるのが大きな
魅力とされているわけです。もちろんインドだけでなく日本の企業のADRも取引可能です。


トヨタやソニー、キャノンなど有名な企業のADRが多数取引されています。ADRの売買についてですが、
基本的には外国株式と同じで国内でADRを取り扱っている証券会社で取引するのが一般的です。


外国株式やADRに強い国内のネット専業証券会社の一つに楽天証券があげられます。同社では米国
だけでなく欧州やアジアの株式やADRを取引することができますし、総合的なサービスも充実してます。

 タグ
ADR 

ADRとはどういった金融商品なのか?



外国株に投資することによって、国際分散投資することにもつながります。しかし、残念ながら世界中全て
の優良企業の株を投資できるわけではありません。実際に取引できない銘柄や市場もあります。


例えばインドのように外国人投資家は取引できない市場もあるのです。ですので、実際には日本にいなが
らにして世界中の株式を投資することが出来るというわけではないのです。


実際に米国株や中国株を除いて海外の個人投資家が外国の株式を直接投資することは出来ないのです。
方法としては、直接現地に出向いて現地の証券会社で取引口座を開設する必要があります。


もしくは、株式を組成した外国株ファンドに投資するといった形で間接的にしか取引できません。そういった
状況下にありながらもアメリカの株式市場で取引されているADRであれば取引できます。


ADRはAmerican Depositary Receiptの略称です。日本語では米国預託証書といい、厳密にいえば
一般的に取引される株式とは異なりますが、株と同じ有価証券の一種です。


ADRはアメリカ国内の銀行もしくは信託銀行で発行されています。そして、他の米国株式と同様に米国の
株式市場で取引されています。一般の米国株式と同じような感覚で取引することができます。

 タグ
ADR 

外国株式に投資する魅力と特徴について



外国株式への投資に関する魅力についてですが、例えば日本株が大きく低迷しているときに上昇局面
にある場合は、当然のことながら利益をだしやすいわけです。つまりチャンスが増えるわけです。


米国の代表的な企業というのは世界的に有名なわけですが、こうした企業に直接投資することができる
のは、やはり大きな魅力です。また、米国の企業は株主を大切にしてくれる傾向が強いです。


日本企業も三角持合によって外国企業でも企業買収が容易になる前というのは個人投資家を軽視する
向きが強かったのですが、ここにきてだいぶ改善されているように見受けられます。


しかし、そうはいっても米国企業の株主の利益を最大化しようとする姿勢にはおよびません。配当利回り
一つ見ても米国企業と日本企業では大きな差があります。こうした点も外国株式の魅力の一つです。


ただし外国株式に投資するにあたって色々な問題があります。何といっても情報量が少ない点があげら
れます。外国の企業情報を入手するのが容易ではありません。日本株に投資するようにはいきません。


基本的にネットで入手できる情報も全て現地の言葉で記載されています。米国株の場合であれば英語
ですので、多少なりとも理解し易いですが、中国語の場合はお手上げです。


ネット上にある有料・無料の翻訳サービスを利用するのも一つの手です。また、外国株式に力を入れて
いる証券会社では、外国株に関する情報をメールマガジンなどで配信しているところもありますので、
こういったサービスを色々と利用されることをオススメします。

外債を購入する際に格付けを確認する



実際に外国債券を購入するにあたって重要な指標となるのがS&Pやムーディズといった格付会社から
発表される格付けです。これによって債券の発行元の信用力を把握することが出来ます。


債券はいうなれば借用書のようなものですから、もし貸し付ける相手に信用がなければ恐ろしくて大事
なお金を貸すことはできません。『貸してくれ』と頼まれるても頑なに拒否することでしょう。


それと同じで外国債券を発行している発行元の資金繰りがあまりにも悪ければ利払いが遅れる可能性
も高いですし、最悪の場合は償還時に支払われるべき元本が支払われないことになります。


そうしたことを避けるためにも発行元の信用力を見極める必要があるわけです。そのためにも上述した
格付会社から発表されている格付けを必ず確認されることをオススメします。


基本的に債券は信用力が高ければ高いほど利回りが低いです。反対に信用力が低ければ低いほど
利回りが高く設定されています。つまり、格付けが低いほど利回りも高くなります。


利回りが高く設定されていないと購入してもらえないからです。しかし、いくら利回りが高く設定されて
いたとしても、償還時に元本が支払われないのであれば何の意味もありません。


せめて格付けがAA、Aaランクの債券を選ぶべきです。そして、購入してしまったら格付けは関係ない
というわけにはいきません。格付けは常に変化しています。気がついたら購入した債券の格付けが
購入したときよりも下がっていたといったことにならないように注意する必要があります。

 タグ

外債が外国投信よりも選びやすい理由


外国の企業が日本国内で債券を発行する場合は、日本の政策金利が低いため低金利で調達すること
ができます。外国で債券を発行するのは自国通貨を海外で取引するのと基本的に同じです。そして、
実際に自国通貨を海外で取引する市場をユーロ市場といいます。


ユーロ市場というネーミングから「ユーロだけを取引している市場」、「ユーロを採用している国のみ参加
できる市場」と思われるかもしれませんが、実際にはそうではありません。


冷戦時代に戦火が広がるのを恐れて米国にて運用していた資金の多くを欧州に引き戻すことになった
のですが、このときの米ドル預金を米国内の米ドルと区別するためにユーロダラーと命名します。


これを契機に自国の通貨を海外で取引する市場を全てユーロ市場というようになったのですが、ユーロ
市場で取引されている円建ての外債は総じて「ユーロ円債」といいます。


また、債券は新しく発行された債券を「新発債」といい、既に発行されている債券を「既発債」といいます。
「新発債」、「既発債」のそれぞれにメリット・デメリットが存在します。


当然のことながら既発債は過去に発行された債券のため沢山の種類が存在します。新発債は必ずしも
発行体や償還までの期間などの条件が合うとは限りません。むしろ既発債の方が選びやすいです。


とはいっても、外国投資信託のように商品自体が無数にあるわけではありません。実際に発行されている
外国債券は数に限りがありますので外国投資信託よりも選びやすいといえます。

 タグ

外国債券の種類とその特徴について


外国債券には利払いがあるものと無いものとに分けることができます。利払いがあるタイプを利付債と
いい、利払いがないタイプを割引債といいます。今回はこの点について解説させていただきます。


利付債は月に一回、半年に一回といった形で利払いが定期的に行われる債券をさします。半年に一回
利息が支払われる場合には、年間の半分の利息が支払われるわけです。


そして、割引債は利付債のように利払いがないので、その分、実際の額面価格よりも割引して発行され
る債券です。割引債は発行価格と償還時に受け取れる額面価格との差額が利息に相当します。


このため割引率が良ければ良いいほど運用効果が高まります。そして、外国債券の償還期限(満期)に
ついてですが、一般的な外国債券の大半は3〜5年が中心となっています。


中には10年以上のものもあります。また、償還期限になると外貨で元本が支払われるのは利付債でも
割引債でも同じです。最後に外国債券の中身について簡単に解説させていただきたいと思います。


外国債券の大半は外国の政府や企業が国外で発行しています。これらは全て外貨建ての外国債券で
すが、中には外国の政府や企業が日本国内で発行しているタイプのものもあります。


また、日本の企業が海外で発行しているタイプをサムライ債(すごいネーミングですね)といいます。これ
らも外国債券の一種とされていまして、円建ての外国債券です。

外国債券とはどういった金融商品なのか



債券とは借用書で、「いくらいくらお金を借りますので、お金を返すときにはいくらいくら上乗せして返済
します」国が発行する債券を国債、一般の企業が発行するものを社債といいます。


そして、外国債券とは発行体、発行地、通過のいずれかが外国の債券のことです。外国債券の金利は
債券を発行している国の金利水準に連動して推移します。このため日本の国債金利は低いです。


国債の金利は1%台で推移しているので外国人投資家からみれば非常に魅力の薄い商品です。この
ため国内の金融機関が実際に国債されている大半を保有しています。


一方、外国債券は日本の債券と比較すると金利水準が高いので魅力的に映ることでしょう。また、価格
についてですが、外国債券は1000ドル程度から購入することができます。


外国債券を投資することのメリットの一つに手数料が低く抑えられることです。外国投資信託は複数の
銘柄や金融商品で組成されているので分散投資効果が高いとされていながらも手数料が割高です。


外国債券は外国投資信託のように無駄なコストがないので高い運用効果が削られることがありません。
もちろん実際に外国債券に投資するうえでは良いことばかりでなく、注意点も沢山あります。


まず、債券というと一方的にリスクが低いという思い込みが強いので、外国債券に投資して得られる利益
の仕組みと損失の仕組みをしっかりと理解する必要があります。また、長期で運用しなければならない
ので、途中換金しなくても済むように必ず余裕資金で行うようにしてください。

外貨MMFで効率よく資産運用するポイント



外貨MMFは資産運用するだけでなく、他の外貨建て商品を買うために資金をプールさせたり、他の外貨
建て商品から得られた償還金や売却代金を外貨のままで受け入れることができます。


例えば為替が円高局面にあるときに外貨MMFを買っておきます。そして、主要国の金利が上昇局面に
入ったところを見計らって外国債券などを有利に買い付けることができます。


また、外国投資信託や外国債券から得られる分配金や償還金、利息などを外貨MMFで受け入れること
もできます。そうすることによって為替差損や為替手数料を気にする必要がなくなります。


こういった取引は全ての金融機関で行われうわけではありません。外貨建て商品を豊富に取り扱ってい
る金融機関に限定されていますので、取引する前に調べる必要があります。


一方、外貨MMFの税金についてですが、分配金と為替差益とで課税方式が異なります。基本的に分配
金は利子所得として扱われますので毎月末に再投資される際に一律20%源泉徴収されます。


内訳は所得税が15%で住民税が5%です。そして、為替差益に関しては非課税となっているので、為替
が変動したことによって得られた利益が全て手元に残るわけです。


ですので、中長期で為替差益を狙って取引するのであれば外貨MMFはオススメです。FXと比較した場合
多少手数料が割高ですが、税金を考えた場合、大きなアドバンテージがあります。
 タグ

外貨預金にはない外貨MMFのメリット



今回は外貨MMFと外貨預金の比較について誠に簡単ではございますが、解説させていただきたいと思い
ます。まず外貨MMFがもっとも有利なのは為替手数料です。外貨預金のほぼ半額程度です。


ネット専業の証券会社やソニー銀行などのネットバンクでは米ドルで往復50銭程度です。大手証券会社
でも往復で1円程度となっています。また、信用リスクにも外貨MMFは強いです。


例えば外貨預金の場合は預け入れ先の銀行が破綻してしまうと元本が全額戻ってくる保障がありません。
一方、外貨MMFの場合は投資家の財産は分別管理されているので金融機関が破綻しても大丈夫です。


そして、外貨定期預金は、あらかじめ満期日が決まっているので、途中で解約することが原則的には認め
られません。解約するとペナルティが発生するので最悪の場合は元本割れします。


しかし、外貨MMFの場合は購入してから翌日には引き出すことができます。しかも解約手数料など一切
かかりませんので気軽に投資することができます。また、運用面でも大きく異なります。


外貨定期預金は固定金利で開始から満期を迎えるまで一緒です。一方、外貨MMFは利率が変動金利で
ファンドの運用成績次第で分配金が変動する実績益分配となっています。


もちろん外貨預金にはないデメリットもあります。例えば外貨預金は外貨でお金を預けている分に関して
は元本は保障されます。しかし、外貨MMFは元本保障はありません。


上述した全ての点を考慮しても、FXの方が優れていますが、FXに対して「リスクが高い取引」といったイメ
ージが強くて取引するのに躊躇されている方は外貨MMFをオススメします。

 タグ

外国投資信託にかかる手数料について



外国投資信託は国内の投資信託と比較しても商品の種類や銘柄が幅広く運用されていますので、分散
投資効果が高いのは大きな魅力なのですが、様々な手数料が存在し、割高な点がネックとされてます。


基本的に投資信託には三つの手数料が支払う必要があります。「購入するとき」、「保有期間中」、「解約
するとき」です。まず最初に投資信託を「購入するとき」に発生する手数料が販売手数料です。


次の「保有期間中」に支払わなければならい手数料が信託報酬です。販売手数料は購入時に一回だけ
払えば二度と払う必要がないのですが、信託報酬は保有している間は定期的に支払う必要があります。


支払うといっても、実際には信託財産から差し引かれますので、別途支払う必要はありません。そして、
最後の「解約するとき」ですが、投資信託によっては信託財産留保額を支払う必要があります。


一方、外国籍投資信託も同様に手数料が発生します。また、海外の株式や債券などに投資していること
から必ず為替手数料が発生します。これだけは避けることができません。


最後に外国投資信託にかかる税金についてですが、基本的に分配金と売却益の両方に課税されます。
そして、株式投信と公社債投信では税金に関しての取り扱いが異なります。


分配金に関しましては、株式投信の場合は配当所得となり、公社債投信の場合は利子所得して扱われ
ることになります。そして、売却する際には解約請求と買い取り請求があり税務上の扱いが異なります。
手数料はファンドによっても販売会社によって異なりますので、必ず比較されることをオススメします。

グロソブのメリットとデメリットについて


 

グローバル・ソブリン・オープンは通称グロソブといわれていますが、世界各国の債券に分散して投資され
た投資信託です。そして、安全性の高い公社債を中心に組成されています。


安定した運用を行うことによって毎月分配金が支給されるわけです。また、外貨建て商品の中でも安全度
が高く比較的利回りの高い債券に幅広く投資できるのはグロソブの大きな魅力です。


そうした魅力タップリのグロソブにもデメリットが存在します。意外に思われるかもしれませんが、分配金が
毎月支払われるのは一見するとお得感一杯なのですが、実は損しているんです。


分配金が支給されないファンドの場合は運用益は課税されずに元本に組成されます。つまり複利の運用が
可能となるわけです。一方、毎月分配型ファンドは分配金が支給されるため純資産額が増えません。


分配金が支給される度に手数料と税金が課税されます。投資効率は非常に悪いので、こうしたデメリットを
把握したうえで投資する必要があります。そうしないと後々公開することになります。


そして、実際の運用は外貨で行っているにもかかわらず、ファンドの基準価額は円で表示されるので混乱し
てしまうことも、しばしばあります。例えば基準価額が下がってしまった場合です。


単純に運用が上手くいっていなだけなのか、為替が変動したことによって基準価額が下がったのか、判別
するのが難しく、のんびり構えていると売るタイミングを逃してしまいます。


個人的にグロソブのような毎月分配型ファンドに投資するかと問われれば、上述した理由により絶対に避け
ると思います。運用効果が高い金融商品に投資する方が良いからです。

さらに詳しく調べる


 検索例 
  FX 通貨ペア 手数料などと入力
メニュー
カテゴリ
お問い合わせフォーム

btn_msg.gif

相互リンク随時募集中!
タグクラウド
タグ
  • SEOブログパーツ
  • SEOブログパーツ


Copyright © FX取引の基本が分る外貨投資入門 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。