各国の通貨の特徴についてのカテゴリ記事一覧

FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。

  • ホーム
  • »
  • 各国の通貨の特徴について

カテゴリ:各国の通貨の特徴について

各国の通貨の特徴についてのカテゴリ記事一覧。FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。
No Image

各国の通貨の特徴について
■政策金利とは?基本的に預金金利だけでみても外貨の方が圧倒的に円よりも高いです。特に豪ドルとは2%以上の開きがありますので、高ドルの外貨預金は大変人気が高いで…

記事を読む

No Image

各国の通貨の特徴について
■移民の問題がさらに深刻化!ユーロ諸国が政治・経済の両方で混乱しています。移民問題などで混沌としています。単純労働の仕事が無くなり、失業率が上昇し、社会保障費…

記事を読む

No Image

各国の通貨の特徴について
■難解な専門用語もすぐに慣れます!FX取引を実際に始めるにあたって、まず戸惑うことは難解な専門用語です。こうした専門用語の全て英語がベースとなっているので最初の…

記事を読む

No Image

各国の通貨の特徴について
■ユーロ誕生今回は第二の基軸通貨として期待されていた時代が懐かしい、ユーロの成り立ちについて解説させて頂きます。外国為替市場でユーロの取引が開始されたのが1999…

記事を読む

No Image

各国の通貨の特徴について
FX取引で人気の高い通貨ペアといえば国内の個人投資家の間では圧倒的にドル・円ですが、当然のことながら世界的にみれば一番ではありません。世界で一番の取引量を誇るの…

記事を読む

No Image

各国の通貨の特徴について
【PR】 非公開求人は業界最大級!≪完全無料≫リクルートエージェント世界を見渡せば、米ドル以外にも沢山の国が自国通貨としてドルを採用しています。豪ドル、NZドル、…

記事を読む

No Image

各国の通貨の特徴について
【PR】 非公開求人は業界最大級!≪完全無料≫リクルートエージェント基本的にニュージーランドとオーストラリアは、同じオセアニア地域にある国同士ということで両国は…

記事を読む

No Image

各国の通貨の特徴について
【PR】 非公開求人は業界最大級!≪完全無料≫リクルートエージェントトルコリラは金利が高いうえに、値動きが大きいことから金利差とスワップの両方を狙って取引される…

記事を読む

No Image

各国の通貨の特徴について
【PR】 非公開求人は業界最大級!≪完全無料≫リクルートエージェント実際に外国為替市場でのポンドの取引量は米ドル、ユーロ、円の次に多いです。ポンドには英国ポンド…

記事を読む

No Image

各国の通貨の特徴について
【PR】 転職してワンランク上の自分を目指しませんか?!今回は米ドル・円相場の歴史について誠に簡単ではございますが解説させていただきたいと思います。米ドルが基軸…

記事を読む

No Image

各国の通貨の特徴について
【PR】 スカウト登録して転職成功者を目指しませんか?!ユーロがここにきて大きく売られているためユーロ安が進んでいます。そうした中で今回はユーロの誕生から特徴に…

記事を読む

No Image

各国の通貨の特徴について
【PR】 スカウト登録して転職成功者を目指しませんか?!世界を見渡してみると米ドル以外にも沢山の国が自国通貨としてドルを採用しています。豪ドル、NZドル、カナダド…

記事を読む

No Image

各国の通貨の特徴について
FXを実際に始められる投資家の中には、為替レートの変動による為替差益よりも、豪ドルのような金利水準の高い通貨保有することで得られる利息の方が魅力に感じている方が…

記事を読む

No Image

各国の通貨の特徴について
外貨投資をはじめられる方の大半は為替レートの変動による為替差益を求めるよりも、豪ドルのような高い金利を求めて外貨投資をはじめられる方が圧倒的に多いです。為替差…

記事を読む

No Image

各国の通貨の特徴について
FXでは通貨を二つに分けることが出来ます。一つをメジャー通貨、もう一方をマイナー通貨といいます。基本的に米ドルやユーロ、英ポンドなどの先進国の通貨をメジャー通貨…

記事を読む

No Image

各国の通貨の特徴について
世界各国の通貨には世界共通のニックネームが存在します。基軸通貨の米ドルはDollar=ダラー、日本円はYen=イェン、スイスフランはSwissie=スイスィ、豪ドルはAussie=…

記事を読む

No Image

各国の通貨の特徴について
ユーロがここにきて大きく売られているためユーロ安が進んでいます。そうした中で今回はユーロの誕生から特徴について誠に簡単ではございますが、解説させていただきたい…

記事を読む

No Image

各国の通貨の特徴について
 基本的に預金金利だけでみても外貨の方が圧倒的に円よりも高いです。特に豪ドルとは3%以上の開きがあります。こうした金利の基本となるのが各国の政策金利です。…

記事を読む

No Image

各国の通貨の特徴について
豪ドルはニュージーランドドルと並んで主要国通貨の中では郡を抜いて高金利であるため、FXだけでなく外貨投資では人気の通貨です。そして、豪ドルは世界の通貨の中で異色…

記事を読む

No Image

各国の通貨の特徴について
今回はユーロについての特徴やFX取引で売買するさいのポイントについて誠に簡単ではございますが解説させていただきます。  ユーロはヨーロッパ中央銀行と各…

記事を読む

高金利というだけで通貨を選ぶのは危険




■政策金利とは?


基本的に預金金利だけでみても外貨の方が圧倒的に円よりも高いです。


特に豪ドルとは2%以上の開きがありますので、高ドルの外貨預金は大変人気が高いです。


こうした金利の基本となるのが各国の「政策金利」と呼ばれるものです。


政策金利とは各国の銀行のための銀行である中央銀行が銀行に融資するさいに用いられる金利です。
基本的に政策金利は景気が良い場合は高く、反対に景気が悪い場合は低く設定されます。


FX取引はスプレッドで利益に差が出ます! >>






■こうして業者は騙そうとする

ですので、我々が銀行や郵便局で行う預貯金の金利は政策金利がベースとなりますので、政策金利の
動きに連動する格好となっています。ですので、政策金利が発表される前後は相場が動きます。


金利が高い通貨に投資うするのは、投資する側からすれば魅力的ですが、注意点も沢山あります。


実際に金利が高いということで世界中から投資マネーが流入する傾向が強いです。しかし、為替相場が
上昇する可能性が高い反面インフレリスクが潜在的に高い場合が少なくありません。


あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義








■投機筋の動きには注意する


このため、物価が上昇することによって、次第に警戒感から売られる傾向が強まり為替相場が下落する
可能性も高いので、買ったところが天井をつけていたなんてことも少なくありません。


ですので、金利が高いというのは決して良いことばかりではないのです。


ですので、もし、これからFXをはじめるのであれば金利が高いというだけで通貨を選ぶのは危険です。
とくに豪ドルのような取引規模が小さい通貨は投機筋に狙われやすいので要注意です。


必ずその国の経済と政治の状況を把握したうえで投資判断を下す必要があります。


為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>



ユーロを中長期で運用する際の注意点




■移民の問題がさらに深刻化!


ユーロ諸国が政治・経済の両方で混乱しています。移民問題などで混沌としています。


単純労働の仕事が無くなり、失業率が上昇し、社会保障費が右肩上がりで増えています。


ここにきて大きく売られているためユーロ安が進んでいます。


そうした中で今回はユーロの誕生から特徴について解説させていただきたいと思います。

FX取引はスプレッドで利益に差が出ます! >>






■ユーロはこうして生まれた


ユーロが誕生したのは1999年です。


その当時は紙幣および効果は発行されてません。


あくまでも銀行間同士のやり取りだけです。

実際にユーロの紙幣が発行されたのは2002年からです。


以後一般の人達の間でもユーロの紙幣と硬貨が使われるようになったため、急速にユーロが
人々の生活に浸透することとなりました。今現在ユーロを導入している国は18ヶ国です。


EU参加国が27ヶ国ですので、今後もさらに増える可能性があります。


また、ユーロの初代欧州理事会議長(大統領)は、ベルギーのファンロンパイ氏です。





■ユーロは18ヶ国の間で経済格差が開く一方!


ちなみにユーロの経済規模についてですが、18ヶ国による「 経済規模 」の大きさは、
米国に次ぐ規模です。ユーロ圏の人口は3億人、GDPは世界の約30%です。


これまでユーロを採用している国同士の経済格差が問題視されていました。


一向に改善されることなく、ギリシャは失業率が28%に達しています。


多くのギリシャ国民はドイツやオランダなどへ職を求めて移動しています。


このため移民問題がさらに深刻化することが予想されます。


これまでエネルギー関連のビジネスでドイツやフランスは、世界市場を独占するとされて
いましたが、これはすでに過去のものとなり、厳しい状況に追い込まれています。





■中長期での運用は要注意!



しかし、今後もFXなどの外貨投資で期待できる通貨の一つです。


注意点は、ユーロ諸国の金融機関の抱えている損失です。


どの程度のものなのか、時価会計が凍結されてしまったため分からない点です。


ある日とんでもない数字を発表するかもしれません。


ここ数年で大きく膨らませていることが噂されていますので、楽観視はできません。

為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>



通貨ペアの表記方法とその意味について




■難解な専門用語もすぐに慣れます!


FX取引を実際に始めるにあたって、まず戸惑うことは難解な専門用語です。


こうした専門用語の全て英語がベースとなっているので最初のうちは戸惑うと思います。


実際に為替レートの一覧をみても通貨ペアの欄は全てアルファベットで表示されていますので、
ドル・円から取引したいと思っても、どれがどの通貨か分からずに混乱するかもしれません。

為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>






■通貨ペア表記について


基本的にFXのような外国為替取引の世界では各国の通貨を全てアルファベット3文字で表します。
例えば米ドルだったらUSD、ユーロはEUR、日本円はJPYといった具合です。


基本的に最初の2文字が国を表します。そして、三文字目が国を表します。これはISOによって
定められた世界共通の通貨コードです。慣れればすぐに覚えられます。


そして、通貨ペアの表記の順番も決まっています。例えばドル・円(USD/JPY)の場合は円・ドル
とは表示されません。この並びは右側の通貨に対して左側の通貨はいくらかを表します。





■取引会社のデモトレードで慣れましょう!


ですので、日常生活で使われない言葉が山のようにありますので、FX会社で口座を開設して、
すぐにもでFXを取引したいといった思いがそこで砕かれることになるかもしれません。


ですので、いきなりFX取引をはじめるのではなく、取引会社が用意しているデモトレードで
実践的な取引を学びながら、こうした専門用語にも慣れていくことをオススメします。


FX取引はスプレッドで利益に差が出ます! >>



ユーロの潜在的なリスクについて



■ユーロ誕生

今回は第二の基軸通貨として期待されていた時代が懐かしい、ユーロの成り立ちについて
解説させて頂きます。外国為替市場でユーロの取引が開始されたのが1999年です。


そして、3年後の2002にユーロの貨幣が誕生することとなり、一般に流通することになった
のですが、これを機に外国為替市場では歴史的な大異変が起こったのです。


ドイツ・マルク(DEM)、フランス・フラン(FFR)、イタリア・リラ(ITL)、ベルギー・フラン
(BEF)、オランダ・ギルダー(NLG)、などの欧州各国の通貨がはユーロに統合されました。


これらの通貨は統合を機に使用停止となったわけです。ユーロに統合されてから10年以上
たったわけですが、ユーロの信用は一時期右肩上がりで高まりました。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!





■ユーロは一時的に大きく繁栄する

基本的にユーロはドイツの経済力とフランスの外交手腕によってコントロールされており、
他のユーロ諸国との経済格差は今後さらに開くことが予想されています。


ユーロ統合で一番恩恵を受けたのは実はこの二つの国です。特にドイツは日本以上に輸出
に依存しているので通貨が統合されたことで為替の変動を気にしなくても良くなりました。


一方、フランスはドイツの経済力を縦に欧州全域で高いリーダーシップを発揮しています。
ユーロは米ドルに次ぐ第二の基軸通貨としてドルや円に対して5年以上上昇し続けました。




■ユーロ諸国の経済悪化が止まらない

しかし、ギリシャ、スペイン、ポルトガルなどは財政健全化のために増税してしまったため、
税収が大幅に減少し、さらに財政を逼迫させてしまう非常事態となっています。


ギリシャスペインにいたっては失業率が30%前後と、第二次世界大戦当時とほぼ同じくらい
悲惨な状況にあり、公務員のリストラが進んでいるので、先日起きた電車事故のようなこと
が今後頻繁に起こる可能性があります。いずれにしても危険な状態です。


今年後半からは再び債務返済問題が浮上する可能性が高いので注意が必要です。ユーロ・ドル
やユーロ・欧州通貨を中心に取引されている方は今年は警戒する必要があります!

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!


ユーロ・ドルを取引するさいの注意点



FX取引で人気の高い通貨ペアといえば国内の個人投資家の間では圧倒的にドル・円ですが、
当然のことながら世界的にみれば一番ではありません。


世界で一番の取引量を誇るのは米ドルとユーロの組み合わせによるユーロ・ドルです。

【PR】 今の年収で満足されている方はご覧にならないで下さい!



実際に市場での取引量は圧倒的に大きく、一日の取引量の大半を占めてます。


ユーロ・ドルを取引するメリットとしては、日本円が一切絡まないので、複数のポジションを建て
るのであれば、クロス円だけでFX取引するよりも必然的に分散効果が高まります。


FX取引を始められてある程度実際の売買の流れを掴むことができるようになったらユーロ・ドル
のようなクロス円以外の通貨ペアを取引されることも考慮すべきだと思います。


しかし慣れない内は中々イメージできないので混乱してしまう場合も多いと思います。


そうなると場合によっては損失を膨らますだけになってしまいますので注意が必要です。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義



やはり、クロス円以外の通貨ペアで取引する場合、取引自体に慣れないと混乱してしまいます
ので、もし、取引するにしても、あせらずに経験を積んでから行なうのが一番です!。


特にユーロ・ドルの場合は取引量が大きいのでドル・円で取引するとき以上に安定しています。


依然として世界中で金融不安がくすぶっています!。これまで何度も金融市場が大きな打撃を
受けることになったため、ユーロが過大評価されすぎていたことが顕著になりました。


ドイツがユーロ諸国に頑なに財政健全化をおしつけているため、ギリシャ、スペイン、イタリアなど
の国々の経済が立ち直る可能性は低いので、今後も厳しい状態が続くでしょう。


ですので焦ってユーロ・ドルを取引するのではなく、ユーロ・ドルの相場を一つの指標として活用
されることをオススメします!。そうすることで相場観を養うことが出来るでしょう。

【PR】 非公開求人は業界最大級!≪完全無料≫リクルートエージェント


豪ドルのような資源国通貨が買われる理由



【PR】 非公開求人は業界最大級!≪完全無料≫リクルートエージェント


世界を見渡せば、米ドル以外にも沢山の国が自国通貨としてドルを採用しています。豪ドル、NZドル、
カナダドル、シンガポールドルなどです。そして、豪ドルはこれらの中でもっとも金利が高いです。


一時期7%台ありましたので、その当時から考えると半分程度にまで低下しているわけですが、世界的
に金融不安が依然として広がるなかでオーストラリアは主要国の中で最初に利上げを行った国です。


来年の早い段階で4%台に回復することが予想されています。オーストラリアは金や鉄鉱石などの鉱物
資源が豊富な国です。また、鉱物資源以外にも原油や天然ガスも豊富です。


また、今後の世界経済はエネルギーと食料が最重要課題になると予想する声が少なくありません。これ
らを全て満たしているのがオーストラリアやカナダなど自給自足できる国です。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義



ですので、豪ドルやカナダドルのような資源国通貨に対する期待が高まっているわけです。その中でも
豪ドルは金利が高いので国内でも豪ドルを中心に外貨投資を行っている個人投資家が多いです。


高い金利による利息を狙うならある程度長期間に渡って保有し続ける必要があります。豪ドルは米ドル
などと比較すると取引量が少ない分、米ドルやユーロよりも取引手数料が割高に設定されています。


ですので、こうした手数料に利息が削られてしまいます。一番効率よく運用するのであれば、やはりFX
です。外貨預金などとは比較にならないほど割安に設定されていませんので、リスクを抑えるために、
レバレッジを多くても2〜3倍程度に抑えて取引することで高い利息による収益をあげることができます。


【PR】 今の年収で満足されている方はご覧にならないで下さい!


ニュージーランドドルでFX取引するさいの注意点



【PR】 非公開求人は業界最大級!≪完全無料≫リクルートエージェント


基本的にニュージーランドとオーストラリアは、同じオセアニア地域にある国同士ということで
両国は比較的友好関係を築いていますが、ともに個性の強い国なので衝突することも・・・


ニュージーランドドルはオーストラリアドルの姉妹通貨のような関係にあり、過去には高金利
であったためニュージーランドドルはFXや外貨預金などの外貨投資で人気があります。


しかし、ニュージーランドは潜在的に赤字体質が根強い国です。生産性が極端に悪いうえに、
貿易依存度が非常に高いので、いつ経済が悪化してもおかしくない状況にあります。


また、為替市場で取引される量が低いので投機筋に相場を動かされることも頻繁にあります。
ですので、ここ数ヶ月で酷い暴落を何度となく繰り返したようなことが起こるのです。


ニュージーランド経済を押し上げてきた住宅市場は2007年に崩壊してしまいました。バブル
が崩壊してしまった国はデフレに陥るのですが、ニュージーランドもデフレに陥ってます。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義




ニュージーランド国民の消費は落ちこみ、生産性が低いにも関わらず供給過多となってます。
しかも、輸入に頼る部分が大きすぎるため、スタグフレーションの様相を呈してます。


デフレなのに物価が上昇するという最悪な状態にあります。こういう状態になると右傾化が進み、
事実中国人移民排他運動がニュージーランド国内で広がりつつあります。


世界的にデフレが広がっていまして、ニュージーランドと同じような状態にあるため、資源国通貨
であっても、買われる機会は今後さらに低くなりそうです。長期での運用は控えましょう。


主要国通貨と比較すれば依然としてスワップポイントは高いですが、相場の規模が小さいので、
投機筋に荒らされやすいため、突然大きく動いて吸い上げていきますので要注意です。


上述した理由から長期で運用するのは現在の状況ではオススメできません。


【PR】 今の年収で満足されている方はご覧にならないで下さい!


トルコリラでのFXの注意点について



【PR】 非公開求人は業界最大級!≪完全無料≫リクルートエージェント


トルコリラは金利が高いうえに、値動きが大きいことから金利差とスワップの両方を狙って
取引される方が多いです。ちなみにトルコが常に政策金利は5%以上あります。


スワップポイントだけを狙って取引される方も少なくありません。1万トルコリラあたり、1日
にして100円程度のスワップポイントが得られるため、この点だけ見れば魅力的です。


ですので、為替が安定した局面にあるのであれば中長期で投資することもできますが、
依然として乱高下が激しい状態にある今現在のような相場状況では危険すぎます。


特にトルコリラのようなマナー通貨の場合は米ドルの動きに大きく反応しますので、米ドル
が大きく売られるような相場状況では一発で積み上げたスワップポイントが吹っ飛びます。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義




そもそも、トルコはここ数年でかなり解消されたとはいえ依然として慢性的な高いインフレ
に悩まされています。そして実際に、ここ数年間でかなりテロが頻発しておこっています。


こうした地政学リスクがあまりにも高すぎるのも運用する上で難点です。高い金利は確か
に魅力です。しかし、為替レートが大きく変動してしまったら意味がありません。


それでも、トルコリラ・円を中心にFX取引を行うのであれば、上述した点に注意しましょう。


しかし、安易なスワップポイントを狙った取引は世界的に金融不安が広がっている状況下
では、あまりにもリスクが大きすぎますので正直おすすめできません。


【PR】 今の年収で満足されている方はご覧にならないで下さい!


ポンドの特徴とFX取引するポイント



【PR】 非公開求人は業界最大級!≪完全無料≫リクルートエージェント


実際に外国為替市場でのポンドの取引量は米ドル、ユーロ、円の次に多いです。ポンド
には英国ポンドとアイルランドポンドがあり、配下にある数カ国で使用されてます。


かつて英国は工業化が進みで世界の覇権国として君臨していたときにはポンドが基軸
通貨でしたが、第二次世界大戦後に米ドルにそのポジションを譲る格好となりました。


今現在、ユーロが米ドルに代わって基軸通貨になるのではないかと予測する声が高ま
っていますが、ポンドから米ドルに移行する時も数十年間と長い年月を要してます。


ですので、短期間でユーロが基軸通貨になるとは考えにくいです。


90年代初頭までは英国もユーロ加盟国として積極的に欧州市場の統合に力を注いで
いたのですが、その後に独自の道を模索することになりました。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義




ブレア政権誕生後は、ポンドの価値を高めようとばかりに、世界中のお金をロンドン市場
に集めるよう世界中の投資家や金融機関などを優遇する政策をとりました。


実際に外国市場の中でもロンドン市場は規模が最も大きく、ニューヨーク市場を上回り、
世界一の取引量を誇っています。それほど重要視される市場なんです。


ユーロ、ポンドを中心にFX取引されている方は、ロンドン市場がスタートする日本時間の
夕方頃を狙って取引される方が少なくありません。取引量が最も多いです。


そして昨年前半まではポンドは比較的高金利だったため、スワップポイントを狙って保有
する取引が有効とされていました。しかし、難点が非常に多いのもポンドの特徴でして、
値動きが荒いので為替差損を常に警戒する必要があります。


また、主要国通貨の中でもポンドは短期的な値動きが大きいことから、投資対象としては
ハイリスク・ハイリターンに値する通貨です。乱高下が激しい相場展開が今後も続くこと
が予想されますので、いかなる場合も長期での保有は控えるべきだと思います。


【PR】 今の年収で満足されている方はご覧にならないで下さい!


円高は40年以上に渡って続いている?



【PR】 転職してワンランク上の自分を目指しませんか?!


今回は米ドル・円相場の歴史について誠に簡単ではございますが解説させていただきたいと思います。
米ドルが基軸通貨になる前は英ポンドが基軸通貨として君臨していました。


しかし、1945年にブレトン・ウッズ体制によって米ドルが基軸通貨として確率されました。このときから
しばらくの間ドル円相場は固定相場制が採用され1ドル=360円で推移していました。


そして一大パラダイムシフトが1971年に起こります。当時の米大統領であるニクソン大統領が米ドル
と金との交換を停止することを発表したのです。兌換紙幣から不換紙幣にシフトしたのです。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義




同年暮れに行われたスミソニアン協定の場で米ドルと各国通貨との交換レートが改定されることとなり、
ドル・円相場は1ドル=308円まで切り上げられることとなり、一気に円高が進むことになりました。


これにより強引に相場を変動させたことによって米国は対外債務を大きく減らすことが出来たのです。
しかし、こうしたことをすれば、米国に対する世界中の国々から信頼が大きく低下しました。このため
多くの国々が固定相場から変動相場制にシフトしています。


そして、遂に1976年にIMF暫定委員会にて変動相場制が正式に承認されることになります。今現在も
色々な問題が生じていますが、基本的にはこの時からすでにそうした兆候があったわけですね。


【PR】 転職して年収UPするなら「今でしょう!」


ユーロをFX取引するさいの注意点



【PR】 スカウト登録して転職成功者を目指しませんか?!


ユーロがここにきて大きく売られているためユーロ安が進んでいます。そうした中で今回はユーロの誕生
から特徴について誠に簡単ではございますが、解説させていただきたいと思います。


ユーロが誕生したのは1999年です。その当時は紙幣および効果は発行されてません。あくまでも銀行
間同士のやり取りだけです。実際にユーロの紙幣が発行されたのは2002年からです。


以後一般の人達の間でもユーロの紙幣と硬貨が使われるようになったため、急速にユーロが人々に生活
に浸透することとなりました。今現在ユーロを導入している国は15ヶ国です。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義




EU参加国が27ヶ国ですので、今後もさらに増える可能性があります。また、今年に入って正式にユーロ
の初代大統領がベルギーのファンロンパイ首相に決定しました。


本格的にユーロが一つになろうとしています。ちなみにユーロの経済規模についてですが、15ヶ国による
経済規模の大きさは米国に次ぐ規模です。ユーロ圏の人口は3億人、GDPは世界の約30%です。


これまでユーロを採用している国同士の経済格差が問題視されていました。今回ユーロの大統領が選出
されたことによって、こういった問題解決に向けて本格的に動くと思います。


そして、次世代のビジネスといわれているエネルギー関連のビジネスでユーロは一気に世界の覇権国に
なるかもしれない潜在的力がありますので、今後もFXなどの外貨投資で期待できる通貨の一つです。


注意点は、金融機関の抱えている損失がどの程度のものなのか、時価会計が凍結されてしまったため
分からない点です。ここ数年で大きく膨らませていることが噂されていますので、楽観視はできません。


【PR】 今の年収で満足されている方はご覧にならないで下さい!


なぜ豪ドルなどの資源国通貨は強いのか?



【PR】 スカウト登録して転職成功者を目指しませんか?!


世界を見渡してみると米ドル以外にも沢山の国が自国通貨としてドルを採用しています。豪ドル、NZドル、
カナダドル、シンガポールドルなどです。そして、豪ドルはこれらの中でもっとも金利が高いです。


一時期7%台ありましたので、その当時から考えると半分以下にまで低下しているわけですが、世界的に
金融不安が依然として広がるなかでオーストラリアは主要国の中で唯一利上げを行った国です。


最大の貿易相手国である中国経済が後退局面に入っているので、厳しい状況を迎えることになりそうです。


しかし。オーストラリアは金や鉄鉱石などの鉱物資源が豊富な国です。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義



また、鉱物資源以外にも原油や天然ガスも豊富です。


また、今後の世界経済はエネルギーと食料が最重要課題になると予想する声が少なくありません。これ
らを全て満たしているのがオーストラリアやカナダなど自給自足できる国です。


ですので、豪ドルやカナダドルのような資源国通貨に対する期待が高まっているわけです。その中でも
豪ドルは金利が高いので国内でも豪ドルを中心に外貨投資を行っている個人投資家が多いです。


高い金利による利息を狙うならある程度長期間に渡って保有し続ける必要があります。豪ドルは米ドル
などと比較すると取引量が少ない分、米ドルやユーロよりも取引手数料が割高に設定されています。


ですので、こうした手数料に利息が削られてしまいます。一番効率よく運用するのであれば、やはり、FX
です。外貨預金などとは比較にならないほど割安に設定されていませんので、リスクを抑えるために、
レバレッジを多くても2〜3倍程度に抑えて取引することで高い利息による収益をあげることができます。


【PR】 今の年収で満足されている方はご覧にならないで下さい!


なぜ高金利通貨の値動きが荒いのかについて


FXを実際に始められる投資家の中には、為替レートの変動による為替差益よりも、豪ドルのような金利
水準の高い通貨保有することで得られる利息の方が魅力に感じている方が少なくありません。


為替差益を求めて短期売買するには、それなりに売り買いのスキルが必要です。いきなりすぐには身に
つきません。しかし、スワップ金利を狙ってポジションを取れば毎日スワップ金利が加算されます。


一日あたりの利益は小さいですが、確実に利益が増えていく姿を見ることを魅力に感じるようです。また、
投資家によっては、より金利水準の高い通貨を求めて新興国通貨を取引します。


新興国通貨の中で金利が高い通貨といえば、南アフリカランドやトルコリラなどです。こうした新興国通貨
は金利水準が高いのは、確かに魅力的です。しかし、為替変動が極端に大きいんです。


このため、昨年後半におきたドバイショックのさいに南アフリカランドが暴落したときは、沢山の投資家が
大きな損失を被ることになったわけですが、中でもクリック365を取引した投資家は酷かったようです。


実際に、とてつもない損失を被ったとして集団訴訟(恐らくお金は二度ともどってこないと思います。)を起こ
しています。ですので、なぜ大きく乱高下するのかについて把握する必要があります。


昨年のケースでいえば、ドル・キャリートレードの餌食になっています。キャリートレードは資金調達のため
に金利の低い通貨を売って、南アフリカランドのような高金利通貨を取引することで金利差を稼ぎます。


相場が安定していれば良いのですが、ドル・キャリートレードの巻き戻しといって、金融市場を取り巻く環境
が一転すると市場全体がパニックになります。そうなると必然的に高金利通貨を売ってドルを買い戻す動き
が活発化するわけです。そうなると文字通り暴落となります。


こういった形で相場の状態をしっかりと把握した上で取引する必要があります。無意味に長期間に渡って
取引するのは長期的に見れば大きな損失となるかもしれませんので、注意が必要です。

高金利通貨が激しく乱高下する仕組み


外貨投資をはじめられる方の大半は為替レートの変動による為替差益を求めるよりも、豪ドルのような
高い金利を求めて外貨投資をはじめられる方が圧倒的に多いです。


為替差益を短期売買で狙うのに適しているFXでも同様で、スワップ金利を求めて豪ドル・円を選ぶ人
が多いです。投資家によっては、さらに高金利の通貨を求めて新興国通貨を取引します。


例えば南アフリカランドやトルコリラなどです。こうした新興国通貨は金利水準が高い反面、為替変動
が大きいので注意する必要があります。昨年もドル・キャリートレードの餌食になった人が続出しました。


キャリートレードは金利の低い通貨を売って、南アフリカランドやトルコリラのような高金利通貨を取引
することで金利差を稼ぎます。FXでもこうした取引は王道の一つとされています。


しかし、ドル・キャリートレードの巻き戻しといって、市場を取り巻く環境が一転して悪化するとパニック
に陥ります。このため高金利通貨を売ってドルを買い戻す動きが活発化するわけです。


そうなると文字通り暴落となります。昨年後半のドバイショックで、このような状態に陥り、一時的に円安
が進むも、高金利通貨で運用していた方は大きな損失を被ったかたが続出しました。


こういったリスクが常に高金利通貨にはつきまとっていますので、取引する場合は十分注意してください。
基本的にはスワップポイントはオマケ程度に考えて取引すべきだと思います。

 タグ
FX 

メジャー通貨とマイナー通貨の特徴とは?


FXでは通貨を二つに分けることが出来ます。一つをメジャー通貨、もう一方をマイナー通貨といいます。
基本的に米ドルやユーロ、英ポンドなどの先進国の通貨をメジャー通貨といいます。


そして、南アフリカランドやトルコリラなどの新興国の通貨はマイナー通貨といいます。マイナー通貨は
メジャー通貨よりも金利水準が高いため、スワップポイントを狙った取引では人気の高い通貨です。


しかし、注意しなければならないのはメジャー通貨と異なり市場規模が圧倒的に小さいです。このため
大口のファンド筋の投機的な取引の餌食になる場合が少なくありません。


短期間で大きく乱高下します。また、新興国の多くが潜在的にインフレリスクが高いため、通貨高となる
ことを極端に嫌います。このため政府は自国通貨を売ってドルやユーロを買います。


こういったことが頻繁に起こるのでせっかくのスワップポイントも為替が大きく変動することにより、それ
までのスワップポイントが吹き飛んでしまう可能性があることを覚悟して取引する必要があります。


また、豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドルなどは資源国通貨といいまして、その名の通り資源価格
に影響を受けやすいのが特徴です。ですので、最初はメジャー通貨の中でもとくに取引量が多いとされ
ている米ドルかユーロでFX取引をはじめ、取引に慣れてから他の通貨を取引すると良いでしょう。

FX取引する通貨を選ぶポイントについて


世界各国の通貨には世界共通のニックネームが存在します。基軸通貨の米ドルはDollar=ダラー、
日本円はYen=イェン、スイスフランはSwissie=スイスィ、豪ドルはAussie=オージーです。


不思議なことにニックネームで呼ぶと自然と親しみがわきます。基本的にこういった主要通貨は実際
に実在する通貨のほんの一部なのです。実際には数百程度の国と地域の通貨が存在します。


ですので、今回は取引する通貨を選ぶさいの注意点について誠に簡単ではございますが、解説させ
て頂きたいと思います。最も重要なのは政治・経済の面でしっかりしている国の通貨を選ぶことです。
(といっても金融危機により主要国の多くが潜在的にかなり危険な状態にあるといるわけですが・・・。)


経済規模が大きいのプラス材料になります。やはり、経済規模が小さい国の場合、ちょっとした災害
でも、大きく経済基盤が崩れることが珍しくありません。これでは困ります。


また、相性の良い通貨を選ぶことも大切です。決してバカにできません。というのも相場によってクセ
があり、こういったものには相性があります。合う合わないがあるわけです。


しかし、こういったクセを把握することで効率よく取引することができます。といいますのも、基本的に
為替相場において同じような動きが繰り返えされるからです。


もちろん手数料も大事ですが、それ以上に取引する前に為替差益を狙うのか金利による利息を狙うの
かといった基本となる投資スタイルを明確にする必要があります。
 タグ

ユーロの特徴と潜在的なリスクについて


ユーロがここにきて大きく売られているためユーロ安が進んでいます。そうした中で今回はユーロの誕生
から特徴について誠に簡単ではございますが、解説させていただきたいと思います。


ユーロが誕生したのは1999年です。その当時は紙幣および効果は発行されてません。あくまでも銀行
間同士のやり取りだけです。実際にユーロの紙幣が発行されたのは2002年からです。


以後一般の人達の間でもユーロの紙幣と硬貨が使われるようになったため、急速にユーロが人々に生活
に浸透することとなりました。今現在ユーロを導入している国は15ヶ国です。


EU参加国が27ヶ国ですので、今後もさらに増える可能性があります。また、今年に入って正式にユーロ
の初代大統領がベルギーのファンロンパイ首相に決定しました。


本格的にユーロが一つになろうとしています。ちなみにユーロの経済規模についてですが、15ヶ国による
経済規模の大きさは米国に次ぐ規模です。ユーロ圏の人口は3億人、GDPは世界の約30%です。


これまでユーロを採用している国同士の経済格差が問題視されていました。今回ユーロの大統領が選出
されたことによって、こういった問題解決に向けて本格的に動くと思います。


そして、次世代のビジネスといわれているエネルギー関連のビジネスでユーロは一気に世界の覇権国に
なるかもしれない潜在的力がありますので、今後もFXなどの外貨投資で期待できる通貨の一つです。


注意点は、金融機関の抱えている損失がどの程度のものなのか、時価会計が凍結されてしまったため
分からない点です。ここ数年で大きく膨らませていることが噂されていますので、楽観視はできません。

高金利というだけで通貨を選ぶのは危険

 

基本的に預金金利だけでみても外貨の方が圧倒的に円よりも高いです。特に豪ドルとは3%以上の開き
があります。こうした金利の基本となるのが各国の政策金利です。


政策金利とは各国の銀行のための銀行である中央銀行が銀行に融資するさいに用いられる金利です。
基本的に政策金利は景気が良い場合は高く、反対に景気が悪い場合は低く設定されます。


ですので、我々が銀行や郵便局で行う預貯金の金利は政策金利がベースとなりますので、政策金利の
動きに連動する格好となっています。金利が高いのは投資する側からすれば魅力的です。


実際に金利が高いということで世界中から投資マネーが流入する傾向が強いです。しかし、為替相場が
上昇する可能性が高い反面インフレリスクが潜在的に高い場合が少なくありません。


このため、物価が上昇することによって、次第に警戒感から売られる傾向が強まり為替相場が下落する
可能性も高いので、買ったところが天井をつけていたなんてことも少なくありません。


ですので、金利が高いというのは決して良いことばかりではないのです。ですので、もし、これからFXを
はじめるのであれば金利が高いというだけで通貨を選ぶのは危険ですので、必ずその国の経済と政治
の状況を把握したうえで投資判断を下す必要があります。

豪ドルでFX取引する際の注意点とは?


豪ドルはニュージーランドドルと並んで主要国通貨の中では郡を抜いて高金利であるため、FXだけで
なく外貨投資では人気の通貨です。そして、豪ドルは世界の通貨の中で異色をはなっています。



豪ドルをご覧になったことはご存知だと思いますが硬貨に、かならず特産の動物が描かれています。
面白いのは、コレクター向けの収集型金貨として、「ナゲット金貨」「コアラ金貨」などが発行されていま
して、豪ドルの人気はこういった面に対しても意外とあるのかもしれません。



繰り返しになりますが、豪ドル本来の通貨の価値としては高金利のため、日本においても、FXや外貨
預金などで人気の高い通貨ですが、市場規模が小さいので投機的な動きが入りやすいです。



大きく下落する時には一気に下落します。なので、しっかりとストップロス注文を入れていないと急落
する場面では大きな損失をこうむる可能性が高いので常に警戒する必要があります。



そして、オーストラリアが資源国であるため、商品市場の動きに連動しますので、実際に豪ドルを取引
されるのであれば、原油や金などの商品市場の動きにも注意する必要があります。



2000年以降、オーストラリアはアジア近隣諸国との関係を強化する動きが活発化し、今後ますます
アジア諸国との貿易機会も拡大する政策をとる環境が整いつつあります。



世界的な景気後退の影響から今のところ低迷を余儀なくされていますが、中国やインドなど新興国
市場のエネルギー需要が高まっているので、将来的には明るいです。

ユーロで外貨投資するさいの注意点


今回はユーロについての特徴やFX取引で売買するさいのポイント
について誠に簡単ではございますが解説させていただきます。
 
 
ユーロはヨーロッパ中央銀行と各国の中央銀行から構成されている
EU加盟国(12ヶ国)の共通通貨なっています。



ユーロが共通とはいっても、金融政策に関しましては欧州中央銀行
(ECB)で行われます。そして、当然のことながら財政に関する
政策に関しては各国ごとに独自に行われています。



基本的に通貨単位は基本はユーロで、その下の通貨としてセントが
あり、1ユーロ=100セントとなっています。



ユーロが誕生してしばらくの間は加盟国の多くが自国の通貨を使用
していましたが、通貨が統一された後はフランをはじめ自国の通貨
を廃止する傾向が強く、年々参加国の連帯が強まっています。



ユーロの特徴は米ドルに次ぐ決済通貨として世界貿易で用いられる
ために商品市場の動きに大きく連動します。



今年の前半までは原油高に伴って非常に高い水準をつけていたので
すが、世界的な景気後退から、原油の需要が減少すると予想される
向きが強まるとユーロは一気に大暴落しました。



これにより、一般の個人投資家の中でも大きな被害を被った方も多
いので金融危機がある程度解消されるまで大きなポジションは取ら
ずに小刻みに売買して為替差益を狙う取引をおススメします。



ですので、ユーロを売買するのであれば、必ず各国の経済指標だけ
ではなく、商品市場の原油や金価格の確認もしましょう。
さらに詳しく調べる


 検索例 
  FX 通貨ペア 手数料などと入力
メニュー
カテゴリ
お問い合わせフォーム

btn_msg.gif

相互リンク随時募集中!
タグクラウド
タグ
  • SEOブログパーツ
  • SEOブログパーツ


Copyright © FX取引の基本が分る外貨投資入門 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。