リスク管理についてのカテゴリ記事一覧

FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。

カテゴリ:リスク管理について

リスク管理についてのカテゴリ記事一覧。FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。
No Image

リスク管理について
FXの入門書やマネー誌ではFX取引での損切りの重要性が必ずといって良いほど説かれてます。それだけ損切りすることは難しいわけですが、その理由は人間の持つ感情にありま…

記事を読む

No Image

リスク管理について
FXの魅力は中長期で高金利通貨を運用することで得られる利息と、売り買いを積極的に行うことで得られる為替差益があげられます。それ以外にも円建ての金融商品にはない魅…

記事を読む

No Image

リスク管理について
ここ3年ほどの間にFX(外国為替証拠金取引)の人気が急速に高まりました。こうした背景には小額の資金でもレバレッジをかけることによって大きな利益が得られる可能性が…

記事を読む

No Image

リスク管理について
 FX取引は、株式投資の信用取引でいうところの空売りができるのですが、FXの場合は他国間の通貨を売買するのが実際の取引の仕組みとなっているため実際には異なりま…

記事を読む

No Image

リスク管理について
国内のFX専業の取引会社の多くは、証拠金は日本円となっていますが、外貨同士の通貨ペアの取引も可能となっています。ですので、しっかりと証拠金をおさめる事で、その取…

記事を読む

No Image

リスク管理について
FX取引は先物取引などと同じ証拠金取引なので、証拠金をおさめさえすれば基本的には、規定の範囲内のレバレッジをかけてやることで小額の資金でも大きな取引ができるとい…

記事を読む

No Image

リスク管理について
FX(外国為替証拠金取引)投資の魅力は少ない資金(保証金)で2〜200倍の取引が可能な点です。しかし大きく利益を上げることができるという事は、その逆もあるわけで、損…

記事を読む

No Image

リスク管理について
【FXが判る外貨投資入門】取引するのに必要な保証金の額は会社によっても違いますので、取引される際には予め調べる必要がございます。たとえば1万米ドル=100万円と仮定…

記事を読む

逆指値注文を入れて確実に損切りする



FXの入門書やマネー誌ではFX取引での損切りの重要性が必ずといって良いほど説かれてます。
それだけ損切りすることは難しいわけですが、その理由は人間の持つ感情にあります。


「失敗したくない」、「損したくない」という思いから予想通りに相場が動かないと冷静さを失ってしま
うので、いくら損切りラインを設定しても相場が予想通り動くことを信じて損切りを先延ばしします。

【PR】 FX取引はツールが凄くて安いが一番!



そうなると、必然的に損失を被ることになります。そこで有効となる注文方法が「逆指値注文」です。
逆指値注文は「高く買って、安く売る」ときに売るので基本的な注文方法とは正反対です。


ですので、逆指値は損切りするのに有効なんです。例えば「1ドル=90円を割ったら損切りしよう」
と考えている場合に逆指値注文を入れることで確実に損切りが実行されます。


逆にいうと逆指値注文を入れておかないと損失をひたすら拡大することになります。また、逆指値
注文はストップロス注文といもいいます。直訳すると損失を抑えるという意味です。


エントリーすると同時に必ず逆指値注文を入れておくと安心して取引することができます。しかし、
相場が損切りラインに近づくと注文をキャンセルしてしまっては意味がありません。


一度キャンセルして相場が戻ると次も上手くいくと考えてしまい、大きな損失を被るまで繰り返して
しまうので注意が必要です。そうならないためにも一度セットしたら動かさないことが大切です。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


為替変動によって損失が発生する仕組み


FXの魅力は中長期で高金利通貨を運用することで得られる利息と、売り買いを積極的に行うことで得ら
れる為替差益があげられます。それ以外にも円建ての金融商品にはない魅力が沢山あります。


それと同時に同金融商品にはないリスクもあるわけです。円建ての金融商品に投資する場合には円の
価値が上がったり下がったりすることを意識する必要は全くありません。


しかし、FXのような外貨を売り買いする金融商品で外貨投資する場合は為替の変動も意識しなければ
なりません。というのも必ず日本円と外貨(もしくはその反対)を交換しなければならないからです。


実際に日本円と外貨を交換するにあたって避けることが出来ないのが為替レートです。円高の時に外貨
を買って円安の時に日本円に戻すことによって利益を出すことが出来ます。


しかし、もし、外貨を買ったとき以上に円高が進んでしまいますと為替差損が発生してしまいます。この
ため、いくら高金利通貨で運用しても為替レートによって収支が大きくマイナスになる可能性もあります。


ですので、これからFX取引を始めるのであれば、どのような運用スタイルを目指すのか明確にする必要
があります。スワップ金利と為替差益を両方狙うと取引自体が難しくなります。


売るべきところで売り損ねたり、買うべきところで買いそびれたりしてしまいます。短期売買で為替差益を
狙うのか、それとも安全性を重視して中長期でスワップ金利による利息を狙うのか、どちらかを選びます。

 タグ

FXでのリスク管理の重要性について



ここ3年ほどの間にFX(外国為替証拠金取引)の人気が急速に高まりました。こうした背景には小額
の資金でもレバレッジをかけることによって大きな利益が得られる可能性があるからでしょう。

 

そして、FXを始める方の多くはこうした情報を雑誌や、テレビの特集で紹介されるFXの甘くて、おいし
い所しか目に入ららない状態ではじめてしまい、痛手を被ることになります。

 



FX取引を既に始めているにもかかわらず、残念なことにリスク管理を軽視する動きが強く、為替相場
の変動に対する警戒心というか危機感が希薄しているように見受けられます。



FXにかぎらず投資を行う上でリスク管理は徹底する必要があります。ですので、これからFXを本格
的に始められる、FX初心者の方といえども早い段階で取り組む必要があります。


基本的にFXを行う上で一番大きなリスクとして考えられるのが為替の変動による為替変動リスクで、
注意しないと大きく動く場面に遭遇した場合、それまでの利益が吹き飛ぶこともあります。

 

ファンダメンタルズ分析するにあたって、目するポイントはの変動は二カ国間の国力を測る
必要があります。基本的に国力が強いほうにお金は流れる習性が強いです。


また、実際にその国の経済情勢がどれくらいかを把握することにより、経済成長が衰退する傾向に
あるのか、それとも上昇する傾向にあるのかを調べることによって結果が大きく変わります。


そして、短期的な要因としては戦争や突発的な災害や、要人の発言など様々なものがあります。
基本的に多くは突発的に起るので予測しにくく、一瞬で為替レートが大きく動く場合があります。
ですので、FXだけでなく外貨投資を行う上でリスク管理は絶対的に必要になります。

 タグ

売りで相場に入る際の注意点について

 
FX取引は、株式投資の信用取引でいうところの空売りができる
のですが、FXの場合は他国間の通貨を売買するのが実際の
取引の仕組みとなっているため実際には異なります。



注意しなければならないのは、FX取引でいわゆる外貨を売って
いる状態のポジションを保つことにより、スワップポイントを取引
会社に支払う必要があるのでその分損をします。



これは毎日カウントされますので、長引けば長引くほど単純に損
していく計算です。そしてFXに限らず毎日着実に損している状態
での取引は意外と難しいのです。



エントリーとエグジットのタイミングを測るのが買いで相場に入る
のとを比較下場合は圧倒的に売りの方が難しいです。



ですので、下落相場であれば売りが活発化するも売りで利益を
あげられる方はそれ程多くないのです。



FXの場合は円高でも円安でも儲けられるというのは、本当なの
ですが、逆に言えば円高でも円安でも損する可能性もあるわけ
ですからそれなりに注意が必要です。



そして、実際には円安局面の方が利益を出しやすいので、円安
局面では毎日のように取引するのもよいでしょう。



しかし、円高の場合は方向性がみえない、難しい相場に遭遇す
る場合が多いので様子見を決めこむ勇気も必要です。



そうしないと、買いだと思って入った途端に相場が下落し、反対
に売りだと思って入ったら大きく上昇する場合も往々にあるのが
為替取引の怖さなので、無謀な売買は控えましょう。


⇒【手数料0円】トレイダーズ証券でFXを始める!



FXに関する記事の誤字、脱字、誤配信を含めまして
一切の責任は負いませんので予めご了承下さい。

FXが判る外貨投資入門トップへ
 タグ

クロス円以外のポジションを検討する


国内のFX専業の取引会社の多くは、証拠金は日本円となって
いますが、外貨同士の通貨ペアの取引も可能となっています。



ですので、しっかりと証拠金をおさめる事で、その取引会社
取り扱う全ての通貨ペアを取引できるのですが、クロス円で
の取引に慣れてしまっていると混乱します。



ですので、複雑に考えずに単純にポジションを建てる際には、
強い通貨と弱い通貨を組み合わせると考えるべきでしょう。



クロス円で主要通貨を取引するのであれば、4種類のパターン
に限定されてしまいますが、他国通貨同士の通貨ペアであれ
ば、さらに色々な組み合わせをこころみることができます。



なので単純にチャンスが増えますので、投資効果はクロス円
だけで行うよりも遥かに高まると思います。



いわゆるプロと呼ばれている方々は主要国通貨同士での取引
を積極的に行っているので、日本円の動きにに左右されずに
利益をあげることが出来ているわけです。



これまでは、米国以外の国々の経済状態は良好とされていた
わけですが、ここにきて欧州やオセアニア諸国、日本の経済
も弱含んでいますので、あらたな展開が予想されます。



これまでは、一方的に米ドルが下落したわけですが、今後は
欧州をはじめとした米国以外の他国通貨が下落する場面が多
くなる可能性も十分あります。



今後は欧州の経済指標などの発表のさい、内容が悪化した為、
に、一方的に下落し、EUR/USDや、GBP/USDなどのポジション
が有効となる場面が多くみられるかもしれません。



勿論クロス円一辺倒の取引を否定するわけではありませんが、
分散投資を行うのであれば是非ご検討下さい。


【手数料0円】トレイダーズ証券でFXを始める!



FXに関する記事の誤字、脱字、誤配信を含めまして
一切の責任は負いませんので予めご了承下さい。

FXが判る外貨投資入門トップへ

証拠金取引の仕組と特徴について


FX取引は先物取引などと同じ証拠金取引なので、証拠金を
おさめさえすれば基本的には、規定の範囲内のレバレッジ
をかけてやることで小額の資金でも大きな取引ができると
いう仕組みになっています。



これが、人気の秘密でもあるのですが、多くの方がレバレ
ッジに関してそれほど恐怖感を抱いていないので、よく驚
かされる場面に遭遇します。



株式投資の、信用取引や、先物取引に対しては強く危険性
を認識しているようなのですが、FXは別なんですね。



横文字が、安心感を与えているからなのかもしれあせんが、
証拠金の仕組みは、信用取引とそれほど大きな違いはない
ので、もっとハイリスク・ハイリターンを認識すべきです。



例えば、ドル円であれば、1ドル100円の時に1万通貨を購入
する場合は、100万円必要となるわけです。(手数料除く)



そしてFXでは証拠金額が10万円で、1万通貨のドルをロング
ポジションをとることで10倍のレバレッジをきかせること
なるわけです。ここで注意が必要なんです。



なぜなら実際に1万ドルを所有しているわけはないからです
が、所有してしまっていると錯覚されている方が多いです。



そして、購入した時点でのレートと、現在のレートの差額で
損益及び利益がでるのがFXです。



また、含み益が増えていても、決済しなければ、ただ数字が
増えているだけということも忘れないでください。


【手数料0円】トレイダーズ証券でFXを始める!


FXに関する記事の誤字、脱字、誤配信を含めまして
一切の責任は負いませんので予めご了承下さい。

FXが判る外貨投資入門トップへ

投資金に見合ったレバレッジを設定



FX(外国為替証拠金取引)投資の魅力は少ない資金(保証金)
で2〜200倍の取引が可能な点です。



しかし大きく利益を上げることができるという事は、その逆もあ
るわけで、損失も大きくなるというレバレッジリスクもあります。



そして、一時的に儲けが予想以上に加算されると、ついつい、
このレバレッジリスクに対する注意を怠ります。



何十倍もの高いレバレッジをかけた取引では、預けた保証金
が一気に0円になることもあり得るのです。


なので、細心の注意が必要です。


FX(外国為替証拠金取引)に伴うリスクから、社会問題になる
くらい破綻するケースが一時期多発しました。



最近では投資家保護する為に、ほとんどのFXを取り扱う取引
会社は、一定額以上の損失となった時点で自動的に損切りす
る仕組み(ロスカット)を採用しています。



そうならないためにも自分をコントロールしながら損切りする
値段を自分で指定できる「逆指値」注文などの、多様な注文
方法を併用する事でリスク管理を行っていく必要があります。



なのでFXには常に、投資した資金以上に資金を減らしてしま
うリスクがあることを常に頭におきながらレバレッジを設定す
る事を心がけ、リスク管理を学んでいくことが大切です。


【手数料0円】  トレーダーズ証券でFXをはじめる!




FXに関する記事の誤字、脱字、誤配信を含めまして
一切の責任は負いませんので予めご了承下さい。

FXが判る外貨投資入門
トップへ

レバレッジと保証金について



【FXが判る外貨投資入門】


取引するのに必要な保証金の額は会社によっても違いますので、取引される際
には予め調べる必要がございます。


たとえば1万米ドル=100万円と仮定します。


これに対して、もし10万円の保証金で取引が認められるとレバレッジは約10倍
となり、5万円の場合ですとレバレッジは約20倍となります。


レバレッが大きければ、得られる利益も大きいですが、逆に思惑が外れた場合
の損失も大きくなります。


臨機応変にその時々の相場に合わせて、レバレッジを変更する必要がございます。


FX(外国為替証拠金取引)の場合、毎日、ニューヨーク市場が終了したあとで
ポジションの損得を確認します。


そして、保証金がポジションを維持するのに足りなくなりますと、取引会社から
いわゆる追加証拠金(追証:おいしょう)を請求されます。


仮にこの状態から損失が膨らんで、有効保有額がポジションを維持するのに必要
な保証金額の2割程度まで減少してしまいますと、強制的に反対売買によりポジ
ションを決済するしくみを、大半の会社が採用しています。


したがって、決済が間に合わないような暴落にでも合わない限り、資産がマイナス
になるようなことはまずありません。


しかし、追証や、ましてやポジションの強制決済などという事態になる前に、自分
でストップロス注文を出しておき、早めにロスカットする必要がございます。




応援クリックおねがいします。

FC2 ブログランキング

人気blogランキングへ




FXをはじめ外貨への投資を開始する、各機関のサービスを受ける際には
必ずご自身で実際にご確認頂けますようお願いします。当方では利用者
の損害につきましては、誤字、御配信を含めましていかなる場合にも、
責任は負いませんので予めご了承下さい。

FXが判る外貨投資入門
トップへ
 タグ
さらに詳しく調べる


 検索例 
  FX 通貨ペア 手数料などと入力
メニュー
カテゴリ
お問い合わせフォーム

btn_msg.gif

相互リンク随時募集中!
タグクラウド
タグ
  • SEOブログパーツ
  • SEOブログパーツ


Copyright © FX取引の基本が分る外貨投資入門 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。