FXの基本についてのカテゴリ記事一覧

FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。

カテゴリ:FXの基本について

FXの基本についてのカテゴリ記事一覧。FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。
為替変動によって損失が発生する仕組み

FXの基本について
       利益がでるタイミング  FXの魅力は中長期で高金利通貨を運用することで得られる利息と、売り買いを積極的に行うことで得られる為替差益があげられます。…

記事を読む

No Image

FXの基本について
為替はなぜ変動するの?基本的にFXは二国間の通貨を取引することで利益を得るわけですが、実際に通貨が取引される場面では、ドルを取引する場合はドルを基準に他方の通貨…

記事を読む

No Image

FXの基本について
■コストが積もり積もれば利益が削られます!FX取引(外国為替証拠金取引)では通貨を売買するにあたって売りと買いで価格差があるのですが、これをスプレッドと言いまして…

記事を読む

No Image

FXの基本について
■50銭程度で十分利益がだせます!基本的にFX取引で短期売買する場合はスワップポイントは狙いません。1回の利益は50銭程度です。1日平均すると50銭幅を狙って取引するの…

記事を読む

No Image

FXの基本について
■FX初心者は断然米ドルがおすすめ!世界中の通貨の中で最も我々の生活に影響を与えるのが米ドルです。何といっても米ドルは基軸通貨として、製品やサービスなどの貿易を…

記事を読む

No Image

FXの基本について
■スワップポイントとは?FXのスワップポイントは外貨預金でいうところの金利に相当するものですが、例えば豪ドル・円の買いポジションを建てた場合は「円を売って豪ドル…

記事を読む

No Image

FXの基本について
■レバレッジの仕組についてレバレッジはFX取引における魅力の一つです。よくレバレッジについて誤解されているのが単純に取引ツールで3倍なら3倍と入力することによっ…

記事を読む

No Image

FXの基本について
■ツールやサポートが充実している業者を選びましょう!FX業者を選ぶにあたって、取引コストは当然のことながら重要です。しかし、取引コストだけで選んでしまうのは危険…

記事を読む

No Image

FXの基本について
■株にはないFXの魅力!外貨投資の場合、日本よりも高い金利の通貨を買って保有するだけで為替の値動きで発生する為替差益以外にも金利収益をあげることができまして、こ…

記事を読む

No Image

FXの基本について
■FXは博打?外国為替市場で行われている実際の取引の8割以上は投機的売買が占められています。貿易などの実需による取引というのは、実際の所2割にも満たないわけです!…

記事を読む

No Image

FXの基本について
いうまでも無くFX取引ではテクニカル分析同様にファンダメンタル分析も重要です。しかし、為替相場は必ずしもファンダメンタルズどおりに動くとは限りません。【PR】 全…

記事を読む

No Image

FXの基本について
別に株式投資を行っている方に喧嘩を売っているわけではないのですが、どう考えてもFXの方が株よりも個人投資家には向いています!。【PR】 FX取引はツールで「シグナル…

記事を読む

No Image

FXの基本について
外国為替市場で一日に取引されるお金の量は、日本円に換算すると200兆円前後あるといわれています。あまりにも巨額すぎて想像ができないですよね。【PR】 全通貨業界最高…

記事を読む

No Image

FXの基本について
FXはレバレッジをかけて取引できることが大きな魅力の一つとされていますが、レバレッジをかけた取引と、そうでない取引を比較することで良く分かります。【PR】 FX取引…

記事を読む

No Image

FXの基本について
FXは元々はインターバンク市場での取引が小口化されたものです。FXが誕生する前は銀行か一部の機関投資家だけしか取引することが認められていませんでした。【PR】 全通…

記事を読む

No Image

FXの基本について
FXは二営業日後決済という仕組みがとられていますので、もし仮に本日1万ドル買ったとしても、実際に代金を支払うのは2日後となります。【PR】 全通貨業界最高水準のスプ…

記事を読む

No Image

FXの基本について
FXを取引するためには証拠金をFX会社におさめなければなりません。この証拠金は担保としておさめるものであって実際の投資金そのものではありません。【PR】 全通貨業界…

記事を読む

No Image

FXの基本について
FXは差金決済取引のため証拠金が必要となるわけですが、1ドル=100円のときに1万ドル取引する場合でも1万ドル購入に必要なお金を全額用意する必要はありません。【PR】 …

記事を読む

No Image

FXの基本について
もし、1ドル=100円のときに証拠金率10%の商品で1万ドル取引したと仮定します。本来であれば100万円必要ですが、証拠金率10%の場合は10万円の証拠金で取引できます。【…

記事を読む

No Image

FXの基本について
日本の通貨は円ですから、日常生活において円以外の通貨を使うことはありません。ですので、当然のことながら円を基準に語られることが多いわけです。「円安」「円高」が…

記事を読む

為替変動によって損失が発生する仕組み

 
 
304.png
 
 
 
 
 
利益がでるタイミング
 
 
FXの魅力は中長期で高金利通貨を運用することで得られる利息と、売り買いを積極的に行うことで得られる為替差益があげられます。それ以外にも円建ての金融商品にはない魅力が沢山あります。
 
 
それと同時に同金融商品にはないリスクもあるわけです。円建ての金融商品に投資する場合には円の価値が上がったり下がったりすることを意識する必要は全くありません。
 
 
しかし、FXのような外貨を売り買いする金融商品で外貨投資する場合は為替の変動も意識しなければなりません。というのも必ず日本円と外貨(もしくはその反対)を交換しなければならないからです。
 
 
実際に日本円と外貨を交換するにあたって避けることが出来ないのが為替レートです。円高の時に外貨を買って円安の時に日本円に戻すことによって利益を出すことが出来ます。
 
 
 
 
 
損失がでるタイミング
 
 
しかし、もし、外貨を買ったとき以上に円高が進んでしまいますと為替差損が発生してしまいます。このため、いくら高金利通貨で運用しても為替レートによって収支が大きくマイナスになる可能性もあります。
 
 
ですので、これからFX取引を始めるのであれば、どのような運用スタイルを目指すのか明確にする必要があります。スワップ金利と為替差益を両方狙うと取引自体が難しくなります。
 
 
売るべきところで売り損ねたり、買うべきところで買いそびれたりしてしまいます。短期売買で為替差益を狙うのか、それとも安全性を重視して中長期でスワップ金利による利息を狙うのか、どちらかを選びます。
 
 
 
「為替差益の計算の法則 簡単にできるサイトやアプリも」
 

 
 
 
 カテゴリ
 タグ

なぜ為替は円高や円安になるのか?




為替はなぜ変動するの?


基本的にFXは二国間の通貨を取引することで利益を得るわけですが、実際に通貨が取引される場面では、ドルを取引する場合はドルを基準に他方の通貨の交換レートが表示されます。


商社や貿易会社に勤めている方は日常的に為替に触れる機会が多いので問題ないのですが、これまで為替に無縁だった人が1ドル=90円が100円になっても円高か円安か分かりません。


必ずといっていいほど混乱します。どうしても円が多くなるということで円高と勘違いされます。




為替が変動するとこうなります


しかし、実際には90円出して1ドルが買えたのに対して100円出さなければ1ドルが買えなくなった
ので円の価値が下がり円安なんです。通貨の価値が変動すると物価も変動することになります。


基本的に円高はより少ない円で他の国の通貨と交換することができます。


そして、反対に円安は他の国の通貨を交換するのにより多い円を必要とします。


どうぞこれだけをしっかり覚えておいてください。




こうして相場は騙そうとする


同じようにドル高やユーロ高というのは、より少ないドルやユーロで他の国の通貨と交換できることをさします。つまり、取引する通貨に対してドルやユーロの価値が上がったことを意味します。


そして、反対にドル安やユーロ安は他の国の通貨と交換するのに、より多くのドルやユーロが必要になることです。つまり、取引する通貨に対してドルやユーロの価値が下がったことを意味します。


 カテゴリ
 タグ

FXはスプレッドで利益に大きく差が出る




■コストが積もり積もれば利益が削られます!


FX取引(外国為替証拠金取引)では通貨を売買するにあたって売りと買いで価格差があるのですが、
これをスプレッドと言いまして、株のような金融商品には無いコストになります。


今回はスプレッドについて簡単ではございますが、解説させていただきたいと思います。


スプレッドとは外国為替市場にて、特定の通貨を最も高い価格で買おうとしている人が提示した
レートと、反対に最も低い価格で売ろうとしている人が示すレートの差となります。





■為替取引の仕組について


上述した例を補足させていただきますと、高いレートをBidといい、反対に低い方をAskとします。


例えば93.75円/ドル(Bid)で買いたい方と、93.80円/ドル(Ask)で売りたい方が外国為替市場にいたと
仮定しますと、この場合のスプレッドは5銭になります。(Bid) 93.75円 ― (Ask)93.80円


今すぐに注文を出すと93.80円で買うことができ、反対に93.80円で売れることができるのです。


このため上述した条件下で買ってすぐに売ってしまうと、買っその瞬間に5銭損することになります。


あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義







■スプレッドにはシビアに!


こうしたことから、売買手数料意外にも、上述したような形で取引コストとして差し引かれるスプレッド
がFX取引業者の収益となっています。取引量が多い人にとっては年間にするとバカにできません。


また、スプレッドの価格についてですが、残念ながら取引業者によって異なりますので、一概にいくらと
いうことはいえませんが、年々下がっていますのでそれほど気にする必要はないと思います。


ですので、もし、これからFX取引で短期売買を中心にやっていこうと考えているのであれば、取引業者
を選ばれるさいには必ず、スプレッドがいくらなのか確認してください。


FX取引はスプレッドで利益に差が出ます! >>



FXでの短期売買は50銭程度の利益を狙う




■50銭程度で十分利益がだせます!


基本的にFX取引で短期売買する場合はスワップポイントは狙いません。1回の利益は50銭程度
です。1日平均すると50銭幅を狙って取引するのが最も効率が良いとされています。


どんなに相場が閑散としていても50銭幅程度は動きますので、それ以上狙おうとすると取引自体
が難しくなります。米ドルで1万ドル取引した場合で5000円程度の利益が得られます。


損切りを20〜30銭幅で確実に実行することができれば4勝6敗でも利益がだせます。最初からは
難しいでしょうから、最初は1週間以内に1回の売買で50銭の利益を確実に確保します。


為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>






■相場の流れに合わせて無理せず取引する!


そして、取引自体に慣れてきたら毎日50銭の利益をあげられるように取引していきます。売り買い
のスキルが高まると一日に何回も利益をあげられるようになりますが最初からは無理です。


ですので、最初はできるだけハードルを低く設定して、取引自体が楽しくなるような取引を実践すべ
きだと思います。注意しなければならないのは取引するためのルールを変えないことです。


相場にエントリーしてから思惑通り相場が動くということは殆どありません。上昇すると思ってエント
リーしても一旦は下落し、その反動で上昇するといったケースが多いです。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義






■損切りは確実に!!


ですので、損切りラインを超えて相場が下落しても、また相場が戻ると思って損切りを見逃してしま
います。場合によっては上手くいきますので、これがさらに悪い習慣となります。


次も上手くいくと思ってしまうからです。そうなると短期売買のはずが、いつのまにか含み損を抱え
たままの中長期投資になってしまうわけです。そうなる前に損切りしましょう。


FX取引はスプレッドで利益に差が出ます! >>



 カテゴリ
 タグ

FXで短期売買する場合は米ドルがベスト




■FX初心者は断然米ドルがおすすめ!


世界中の通貨の中で最も我々の生活に影響を与えるのが米ドルです。何といっても米ドルは基軸通貨
として、製品やサービスなどの貿易をはじめとした国際取引の場で用いられます。


ですので、米ドルの動きを無視することはできません。それくらい重要な通貨なわけですが、ここに
きて米ドルの信用度が落ちているので基軸通貨=覇権国通貨としての力は確実に落ちています。


経常収支と財政収支の赤字が増え続けているなかで、米国のデリバティブ市場が大きく崩れたことに
より、金融商品だけでなく、商業不動産など現物資産まで大きく崩れています。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義







■こうした場面で長期での運用を控える


このため2009年の1年間の間に米国では中小規模の銀行が130行以上破綻しています。


そして、2010年には、400行以上の銀行が破綻するも、ここ数年は落ち着いています。


こういった状況下は、米ドル建ての外貨商品に対する信用は大きく低下することになりますので、
長期での運用は魅力がありますが、短期売買で利ざやを稼ぐ取引の方が難しくありません。


長期投資の基本は金利の高さによる利息収入です。米国の政策金利にあたるFF金利は過去最低の水準
にあり、日本と逆転しています。これでは利息による収益は期待できません。





■短期売買で為替差益を積み上げる!


米ドルをもし取引されるのであればFXで短期売買で利ざやを稼ぐ取引しか期待できる利益をあげること
は難しいです。下降局面では売りができない金融商品で利益をあげるのが困難だからです。


また、利ざやを稼ぐ短期売買の場合は通貨を分散して取引する必要がありません。


今現在のような市場全体が混乱しているような状況下でもリスクを抑えて取引することが可能です。
そういった意味では米ドルは情報量も多く、流動性も高いのでオススメできます。


FX取引はスプレッドで利益に差が出ます! >>



 カテゴリ
 タグ

スワップ金利は売りから入るとマイナスに!




■スワップポイントとは?


FXのスワップポイントは外貨預金でいうところの金利に相当するものですが、例えば豪ドル・円の
買いポジションを建てた場合は「円を売って豪ドルを買う」形になります。


そして、豪ドルの金利から円の金利を差し引いて日割りした金額がスワップポイントとなりますので、
豪ドルの金利が2.5%で円の金利が0.5%とするならば差し引き2%です。

為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>






■スワップポイントが変動する仕組


これがスワップポイントの目安の利率となるわけです。スワップポイントは毎日つきますので、3%
に365日で日割りした利率を実際に建てているポジションにかけます。


これがスワップポイントの金額になるのですが、金額は毎日のように変化します。取引されている
FX会社のホームページで確認できます。一方、売りポジションの場合は反対になります。





■スワップを狙った取引は損をする?


豪ドル・円の売りポジションは「円を買って豪ドルを売る」ことです。上述したとおりスワップポイント
は金利差のため0.5%から2.5%を引きますのでマイナス2%となります。


このため売りポジションを建てた場合はスワップポイントの支払いが発生します。こうした背景には
長期間にわたって日本では低金利政策が続いていることが大きな要因とされています。


2007年のリーマンショックや2008年のサブプライムショックでは市場が大混乱に陥ったため、
買いポジションでも売りポジションでもスワップポイントが上下に変動する異常事態となりました。


FX取引はスプレッドで利益に差が出ます! >>



1万通貨取引するのに必要な証拠金の例




■レバレッジの仕組について


レバレッジはFX取引における魅力の一つです。


よくレバレッジについて誤解されているのが単純に取引ツールで3倍なら3倍と入力する
ことによってレバレッジが設定できるものと誤解されている点です。


基本的にレバレッジとは最低取引単位(1万通貨、1000通貨)に対して必要な証拠金比率
をさします。一般的なFX取引会社の1万通貨単位で無いと取引することができません。


FX取引はスプレッドで利益に差が出ます! >>





■レバレッジはリスクそのものです!


ですので、1万ドル、1万ユーロ、1万ポンド購入する必要があるわけです。


例えば今現在のドル円相場が1ドル=100円と仮定します。


ドル円の通貨ペアで取引した場合、1万ドルを購入するには100万円が必要です。


証拠金が100万円ならレバレッジは1倍となります。証拠金が10万円ならレバレッジは10倍
となり、「 証拠金 」が1万円ならレバレッジは100倍となります。


法規制によりFX取引会社のレバレッジは25倍です。


あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義






■海外FX会社に注意


個人的には25倍で十分だと思っていますが、「 海外FX会社 」で取引すると100倍以上の
レバレッジをかけて取引することができるため、非常に人気が高いようです。


この点は海外ということで難しい点が多いので注意してください。


また海外FX会社で運用して高額配当をうたう怪しいファンドにも注意してください。


またリスクをできるだけ抑えるためにFXで外貨預金感覚で取引することを検討されている
方は必ず証拠金と同額(レバレッジ1倍)の取引ができるか確認してください。


いわゆるFXがリスクが高いと評されるのは、このレバレッジによるものです。


無謀なレベルのレバレッジをかけて取引しなれば、外貨預金などとは比較にならないほど
投資効果の高い外貨商品であるため、依然として幅広い層に人気があります。


為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>



 カテゴリ

FX業者を選ぶポイントとその理由について(2)




■ツールやサポートが充実している業者を選びましょう!


FX業者を選ぶにあたって、取引コストは当然のことながら重要です。しかし、取引コスト
だけで選んでしまうのは危険です。コスト以外にも重要な点がいくつかあります。


やはり、投資家をサポートするシステムが充実していなければ意味がありません。


優良業者は、テクニカルチャート、情報ツール、各種注文方法などが充実しています。
そして、こうしたツールが使いやすく、サポートが充実した業者を選ぶべきです。

為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>





■信用が何より大切です


また、顧客の資金を管理するわけですから信用度の高い業者でなければなりません。


これまで、顧客の資産を預かる方法として分別管理か信託保全のどちらかが義務付けられ
ていましたが、信託保全でなければ、営業を認められなくなりました。


それだけ厳格化しています。しかも今後中国経済崩壊の影響を世界経済がモロに受けます。


そうなれば1日で各国の通貨が対円で10円も動くような危機的状況下を迎えるでしょう。


近い将来そうした中で外貨投資することになります。中には台風にサーフィンをやる輩の
ように、大きな利益が狙えるとばかりに、危険な取引をする投資家も必ずいます。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義






■信用リスクを今後はより警戒しましょう!


そして、証拠金以上の大きな損失をこうむるわけです。


そういった投資家を多数かかえてしまうと、業者側も大きな損失をこうむってしまいます。
最悪の場合は業者事態も破綻に追い込まれてしまいます。


そのときに信託保全が採用されている業者であれば、仮に破綻に追い込まれても信託銀行
に投資家の資産は別に管理されているので安心です。


とはいっても破綻する可能性が低い業者を選びたいものです。


そこで目安となるのが、自己資本規制比率です。


基本的にFX業者は120を超えていないと営業することができません。


やはり、200%前後ある業者でないと怖くて取引できません。こういった取引コスト以外
の点にもしっかりと目をむけたうえで、ご自身にあったFX業者を選ぶ必要があります。

全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう >>



株式投資には無いFXの魅力について



■株にはないFXの魅力!

外貨投資の場合、日本よりも高い金利の通貨を買って保有するだけで為替の値動きで発生
する為替差益以外にも金利収益をあげることができまして、これがバカになりません。


一方、FXでは利息による収益と為替収益をレバレッジをかけることで高めることができま
すので、投資効率が他の外貨商品よりも高いわけです。株でも同じような取引ができます。


信用取引がそれにあたります。しかし、現物取引は理解している投資家の方が多いですが、
信用取引に関しては残念ながら仕組みそのものを理解している方は多くありません。

為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>






■レバレッジのメリット


信用取引は信用取引口座を開設することによって、買いからだけでなく、空売りといって、
売りから入ることができます。また、レバレッジは3倍まで高めて取引することができます。


株でも信用取引を行うことでFXに近い取引が可能となりますが、 取引コストは比較になら
ないほどFXは割安に設定されてますので、短期で利ザヤを稼ぐことが可能です!


株は値幅が為替よりも大きいので、一日で10%以上動くことも珍しくありません。しかし、
悠長に構えていると、一日で10%以上損することもあるわけですからリスクが大きいです。




■適切なレバレッジを心がける

またレバレッジも25倍以上かけることができるので、投資効率もFXは高いです。こうした
取引を証拠金取引といい、手持ちの資金の何倍もの額を取り引することができます


法が改正される前までは取引会社によってはレバレッジを400倍まで高めて取引できました。
今も海外の取引会社を使って高レバレッジをかけて取引できますが、おススメできません。


やはり、レバレッジを高めれば損失を被る場面では損失額が大きくなるので、そうならない
ためにも、適切なレバレッジを設定して安全度の高い投資を目指すべきです。

全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう >>





■ユーロは一時的に大きく繁栄する

基本的にユーロはドイツの経済力とフランスの外交手腕によってコントロールされており、
他のユーロ諸国との経済格差は今後さらに開くことが予想されています。


ユーロ統合で一番恩恵を受けたのは実はこの二つの国です。特にドイツは日本以上に輸出
に依存しているので通貨が統合されたことで為替の変動を気にしなくても良くなりました。


一方、フランスはドイツの経済力を縦に欧州全域で高いリーダーシップを発揮しています。
ユーロは米ドルに次ぐ第二の基軸通貨としてドルや円に対して5年以上上昇し続けました。




■ユーロ諸国の経済悪化が止まらない

しかし、ギリシャ、スペイン、ポルトガルなどは財政健全化のために増税してしまったため、
税収が大幅に減少し、さらに財政を逼迫させてしまう非常事態となっています。


ギリシャスペインにいたっては失業率が30%前後と、第二次世界大戦当時とほぼ同じくらい
悲惨な状況にあり、公務員のリストラが進んでいるので、先日起きた電車事故のようなこと
が今後頻繁に起こる可能性があります。いずれにしても危険な状態です。


今年後半からは再び債務返済問題が浮上する可能性が高いので注意が必要です。ユーロ・ドル
やユーロ・欧州通貨を中心に取引されている方は今年は警戒する必要があります!

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!


 カテゴリ
 タグ

個人投資家がFXで勝てない理由とは?



■FXは博打?

外国為替市場で行われている実際の取引の8割以上は投機的売買が占められています。貿易
などの実需による取引というのは、実際の所2割にも満たないわけです!


外国為替市場で投機的売買を行っている中心的存在が機関投資家です。猛者同士が自分達
の利益を取り合っているわけですから、FXで簡単に儲けられるというのは嘘です。


どんなにキレイな言葉を使っても、しょせん「FXは博打」であるということを、認識しなけ
ればなりません。そうしないと冷酷無比の投機筋にいいようにやられてしまいます。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!




■パニックになる原因とは?

とくに個人投資家の場合は自分で全ての判断を下すといった経験を実社会で経験したこと
がないため、為替相場の変動だけでなく、為替相場を動かす要因に大きく惑わされます。


相場を取り巻く状況をしっかり把握したうえで適切な投資判断を下すのが簡単そうで非常に
難しいです。勝つも負けるも可能性としては50%あるわけですが、決断するのが困難です。


なぜなら「損したくない」という思いが強いため、常に迷ってしまいます。この状態で決断
しろと言われても余計に混乱するだけで、経験の浅い人にとっては残酷な状況が続きます。



■FXで勝つために必要なこと

しかしだからといって 全く儲けられないというわけはありません。実際に感情を惑わせる
ような要因をできるだけ排除して機械的に取引することで可能性は高まります。


機械的にというと言葉はあまりよくありませんが、簡単にいえば自ら立てた売買戦略を忠実
に実行することができるようにすれば良いわけです。FXには沢山の注文方法があります。


これらを上手く活用することにより自動売買で取引することが可能です。条件が合えば取引
成立するので忠実に取引することができます。(注文をキャンセルしない限り)

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!


 カテゴリ
 タグ

FXは国と国との力関係を見極めて取引する



いうまでも無くFX取引ではテクニカル分析同様にファンダメンタル分析も重要です。
しかし、為替相場は必ずしもファンダメンタルズどおりに動くとは限りません。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



市場予想通りとなれば折込済みとしてマーケットは残念ながら反応しません。それ
に対して金利はファンダメンタルズに忠実に動きます。


このため金利動向に関しては予測が立てやすいわけです。


基本的に為替相場は取引する二国間のファンダメンタルズの格差によって動きます。
つまり国力を測るためにファンダメンタルズは重要な指標となるわけです。


ここでいうファンダメンタルズとは、その国の経済情勢を表すものです。


例えば「経済成長率」、「雇用情勢」、「経済収支」といった経済力や政治力を含めた
総合的な国力を測るものをさします。そして、国力を比較します。


例えばドル円相場は米国と日本のファンダメンタルズの差を端的に表したものです。


ですので、一時期日本経済は悪化する一方でしたが、それ以上に米国経済は疲弊し、
大胆な金融緩和を実施したため、長期間にわたってドル安・円高となりました。


ファンダメンタルズの差が相場を動かす場合が多いわけですが、そうでない場合も
あります。それが金利です。ですので各国の金利動向は注意しなければなりません。


通貨間の金利差が開くことによってファンダメンタルズ的には対して差がないにも
かかわらず、ファンダメンタルズが弱い通貨が買われることもあります。


特にインフレリスクの高い国の通貨はこうした傾向が強いので十分注意が必要です。
とくに中長期でFX取引される場合は、金利動向を見逃すことは許されません。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


 カテゴリ
 タグ

FXは株よりも個人投資家にぴったり!



別に株式投資を行っている方に喧嘩を売っているわけではないのですが、どう考え
てもFXの方が株よりも個人投資家には向いています!。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!



実際に取引可能な時間帯一つとってもFXの方がはるかに有利です。


日本の株式市場が開かれるのは前場といって、午前の部は午前9時から11時まです。
一方、午後の部が午後12時30分から3時までです。実質取引できるのは4時間半です。


ですので、市場が閉じてしまった午後3時以降に保有されている株の企業がニュース
で報道されるような不祥事を起こしてしまいますと翌日は暴落します。


そうなると売りが殺到するので注文を入れても約定しないため、手も足もでません。


こうした悪いニュースというは、テレビやラジオなどニュースを報道する番組が夕方
以降に集中しているため、ニュース自体が夕方以降に流される場合が圧倒的に多いです。


つまり、一日4時間程度しか取引できないということは、市場が閉じている間は、上述
したような株価を左右するような変化に対応できる可能性が低いということです。


一方、FXの場合は為替市場が24時間取引されている関係で、24時間いつでも好きなとき
に取引することができますので、市場にあわせて取引することができます。


もし仮に大きく動く場面に遭遇したとしても、しっかりと条件注文を入れておけば
余程のことがない限りポジションはしっかりと決済されます。


しかし株の場合は流動性が為替市場よりも極端に低いので、暴落する場面では相場
は終日ストップ安となります。こうなると手も足も出ません。


注文を受けた順に処理されますから成行注文を入れても中々約定しません。とんでも
ない安値で売らされます。こういったリスクがない点もFXの方が有利です。


【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


 カテゴリ
 タグ

FXが株よりも有利な点とは?


外国為替市場で一日に取引されるお金の量は、日本円に換算すると200兆円前後あると
いわれています。あまりにも巨額すぎて想像ができないですよね。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



ちなみに株式市場は東京証券取引所で一日あたり1.5兆円といわれています。


いかに外国為替市場の取引量が多いかお分かりいただけると思います。


また、意外に思われるかもしれませんが、こうした流動性(市場参加者が多く、
売り買いが活発)の高さが個人投資家が実際に取引する上で非常に有効となります。


株の場合は仕手株といって大きな資金を持った大口の投資家が意図的に株価を操作
して、利ザヤを稼ぐ方法で多くの個人投資家が被害をこうむります。


上述したとおり株式市場は取引量が多くないので、こうした取引が可能なんです。


トヨタやキャノンのような市場規模が大きい銘柄は無理ですが、取引量の小さな銘柄
であれば株価の操作は簡単にできてしまうのです。株価操作だけではありません。


機関投資家は運用資金が潤沢にあるのをいいことに情報操作を行うことさえあります。
私は株から投資を始めたので実際にこうしたことを何度も経験しています。


株を取引する場合こうした猛者たちと戦わなければならないわけです。


一方、外国為替市場は取引量が桁外れに大きいので仮に資金量の差はあったとしても、
個人投資家も大口の投資家も同じ条件で取引しなければなりません。


外国為替市場でも日銀のような中央銀行が介入してくるときには一時的に大きく動き
ますが、相場の大きな流れまでかえることはでき無いので為替は公平性が高いのです。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


 カテゴリ
 タグ
FX  

レバレッジをかけたるのとかけないとではFXの運用効果にここまで差がでます



FXはレバレッジをかけて取引できることが大きな魅力の一つとされていますが、
レバレッジをかけた取引と、そうでない取引を比較することで良く分かります。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!



1米ドルが=100円のときに米ドルを1万ドル分取引したと仮定します。1万ドルを
取引するわけですから、レバレッジ1倍で取引する場合は100万円必要となります。


一方、レバレッジを10倍で取引する場合は証拠金として10万円FX会社に差し入れ
ることで取引出来ます。そして、数ヶ月後に1ドル=105円まで円安が進みました。


その結果、レバレッジ1倍の場合は100万円で5万円の利益を手にすることとなり、
レバレッジを10倍にして取引した場合は10万円で5万円を稼いだことになります。


資金効率だけでなく、投資効果を考えてもレバレッジをかけて取引した方が良い
わけですが、やはり注意しなければならない点があります!。


それはレバレッジをかけた分リスクが高まることです。


ですので、いきなり高レバレッジで取引するのは危険です。


最初はレバレッジを2〜3倍程度から取引すると良いでしょう!。FX取引に慣れて
きたら徐々にリスクに応じてレバレッジを高めればよいわけです!。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


 カテゴリ
 タグ

FXを取引する人達がさらに拡大する理由



FXは元々はインターバンク市場での取引が小口化されたものです。FXが誕生する前
は銀行か一部の機関投資家だけしか取引することが認められていませんでした。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



そして、最低の取引単位が100万通貨ですので、米ドルを取引する場合は100万ドル
から取引が認められます。これを「一本」といいます。


米ドルを10本といえば1000万ドルをさします。


実際にインターバンク市場では1本単位で取引されることはほとんどありません。
10本、20本といった具合にまとまった単位で取引が行われます。


それだけ規模が大きいわけです。


これを円に換算した場合、1米ドル90円であれば1本は9000万円です。


つまり、インターバンク市場では10億円、100億円単位のお金が当たり前のように
取引されている巨大な市場なんです。株式市場とは比較になりません。


そして、1998年に外為法が改正されたことによってFXが誕生し、一般の個人投資家
でも為替を自由に取引することが出来るようにたったわけです!。


個人投資家向けにFXが登場したことによって最低取引単位が100万単位から1万単位
(FX会社によっては1000単位)まで引き下げられることになったのです。


不況により、これまで不況に強いとされてきたパチンコなどのギャンブル業界にも
陰りがみえてきており、上場している同業種の企業が厳しい状況を迎えてます。


気晴らしでギャンブルをやるのではなく、着実にお金を増やせる可能性が高いもの
にシフトされているのだと思います。今後さらにFXの取引人口が拡大します。


まったく荒唐無稽な話では無く、FXは為替手数料が激安なので海外へ旅行や出張へ
出かけられる方にとってもFXは利用価値が高いと思います!

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


 カテゴリ
 タグ

スワップポイントはいつ発生するのか?



FXは二営業日後決済という仕組みがとられていますので、もし仮に本日1万ドル買った
としても、実際に代金を支払うのは2日後となります。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



顧客からの大量の注文を当日処理するのは大変です。しかし、本来我々個人投資家は、
外貨そのものが欲しくてFXを取引しているわけではありません。


あくまでも外貨を売り買いして利益を得たいがために取引しているわけです。


ですので、わざわざ決済する必要もないので、FXでは決済日を1営業日ごと延長して
いく「ロールオーバー方式」が採用されています。


こうすることにより決済日が1日ごとに繰り延べられます。


そうすることによって決済期限なく取引しているような格好になりますが、実際には
決済期間がないのではなく、単純に期限を迎えていながら繰り越しているだけです。


このため、実際には決済せずに毎日ポジションを持ち越す形になっています。そうする
ことで、FXではポジションを保有している間は毎日スワップポイントが得られるのです。


インターバンク市場では担保なしで一日借りられる無担保コール市場があります。ここ
から金利0.1%で100万円を借りたとします。そして、豪ドルの金利が3%と仮定します。


そのときの金利差は2.9%つまり1年で2万9000円利息がつきます。これを365日で割り
ますと一日あたり79円の利息が得られます。これがスワップポイントの仕組みです。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


FXの差金決済取引と証拠金の仕組について



FXを取引するためには証拠金をFX会社におさめなければなりません。この証拠金は
担保としておさめるものであって実際の投資金そのものではありません。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



基本的にFXは差金決済取引といって現物の通貨を動かしているわけではありません。
あくまでも為替の値動きによる差額だけを狙って取引するものです。


このため差金決済取引は相場が変動することによって利益がでた場合は、その利益分
だけを受け取ることが出来ます。勿論いいことばかりではありません。


反対に損失がでた場合は、その損失分を支払わなければなりません!。


ですので証拠金は損失が発生した場合の担保として事前にFXを取引するFX会社に預け
るわけです。例えば1ドル=100円のときに1万ドルを買ったと仮定します。


仮に米ドルが99円まで下落した場合は1万ドルは99万円になります。その差額の1万円
が損失となります。差金決済取引は基本的にこの差額分だけをやりとりしています。


このため、ここで決済した場合は、実際に預けている証拠金から1万円が引かれます。


ポジションを保有していた日数分のスワップポイントをプラスして取引終了となります。


ですので、為替が下落したことで損失が発生した場合に対して、リスクをカバーする
ために取引会社へ予め先に預けておくお金が証拠金となります。


また証拠金はいくら必要なのかということについてですが、証拠金に対して何倍の効果
を得たいのかによって大きく異なります。初心者は2〜3倍くらいから始めましょう!


【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


 カテゴリ
 タグ

FXは運用効果と資金効率が非常に高い!



FXは差金決済取引のため証拠金が必要となるわけですが、1ドル=100円のときに1万ドル
取引する場合でも1万ドル購入に必要なお金を全額用意する必要はありません。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



それではいくらくらい証拠金を用意す売れば良いのかといいますと、基本的には実際に取引
する総代金にたいして、いくらくらいで取引したいのかにより異なります。


この料率を証拠金率といいます。証拠金率が具体的にどういったものかについて解説させて
いただきたいと思います。1ドル=100円のときに1万ドル取引したと仮定します。


このときに証拠金比率100%の場合は1ドル=100円×1万ドル=100万円必要となります。


そして、証拠金比率が50%との場合は100万円の半分の50万円ですみます。


証拠金比率10%であれば10万円です。同じ1万ドルを取引する場合でも証拠金率を多くする
のか少なくするのかによって必要となる証拠金の額も必然的に異なります。


しかし取引するのは1万ドルに変りありません。ですので仮に証拠金比率が50%であっても
100%であったとしても取引によって得られる利益は同じなのです。


外貨預金は必ず必要となる金額を100%用意しなければなりません。ですので、いかにFXが
運用効率だけでなく、資金効率の面においても優れているかお分かり頂けると思います。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


 カテゴリ
 タグ

証拠金の額で決まるレバレッジ効果について



もし、1ドル=100円のときに証拠金率10%の商品で1万ドル取引したと仮定します。本来で
あれば100万円必要ですが、証拠金率10%の場合は10万円の証拠金で取引できます。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!



そして、数日後に為替レートが変動したことによって1ドル98円まで下落しました。このため
1万ドルは100万円から98万円まで資産が目減りしてしまうことになります。


つまり2万円損失をこうむることになったわけですが、もし、ここで決済しますと損失が確定
されることになるのですが、証拠金から損失分が支払われることになります。


ですので、10万円−2万円で残金は8万円です。しかし、為替レートが急落して円ベースで
10円以上下落したらマイナスになってしまいます。数日で10円動くことは珍しくありません。


1ドルが90円になると100万円から90万円にまで円ベースでの資産が目減りしますので、
損失は10万円になります。しかし、証拠金は10万円なので−1万円となってしまいます。


損失をこうむることになったうえに1万円負債をこうむることになります。こうなると不足分の
1万円を支払わなければなりません。そうならないためにFX会社はルールを設けてます。


それがマージンコールとロスカットです。証拠金維持率が50%割ると警告が発せられます。
証拠金維持率を20%割り込むと強制的にポジションを決済されることになります。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!

FXは取引する通貨を基準に考えると楽です



日本の通貨は円ですから、日常生活において円以外の通貨を使うことはありません。ですので、
当然のことながら円を基準に語られることが多いわけです。「円安」「円高」がまさにそうです。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!



ドル高、ドル安とはいいません。1ドル=90円から85円になれば円高といわれ、1ドル=90円
から95円になれば円安といわれます。しかし、具体的に何がどうなるのかピンときません。


FXのように為替取引する場合は円を基準に考えると分かりずらくなります。外国為替取引自体
は非常にシンプルなんですが、あまりにも普段の生活で馴染みがないので複雑に感じます。


基本的に外国為替市場では米ドルを中心に取引されています。それは米ドルが基軸通貨であり、
米国が覇権国であるからです。基軸通貨とは国際的な決済取引に使われる通貨のことです。


つまり、外国為替市場では円を基準に考えることはほとんどないわけです。取引の全てが米ドル
を基準に考えられています。ですので米ドルを基準に考える必要があります。


そうすれば取引するために必要な色々な情報がすんなり頭に入ってきます。もちろん、米ドルの
他にも外国為替市場には沢山の通貨が取引されています。ですので、例えばユーロや豪ドルを
取引するのであれば、ユーロや豪ドルを基準に考える必要があります。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


 カテゴリ
 タグ
さらに詳しく調べる


 検索例 
  FX 通貨ペア 手数料などと入力
メニュー
カテゴリ
お問い合わせフォーム

btn_msg.gif

相互リンク随時募集中!
タグクラウド
タグ
  • SEOブログパーツ
  • SEOブログパーツ


Copyright © FX取引の基本が分る外貨投資入門 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。