FX取引会社についてのカテゴリ記事一覧

FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。

カテゴリ:FX取引会社について

FX取引会社についてのカテゴリ記事一覧。FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。
No Image

FX取引会社について
FXと外貨預金など他の外貨商品と比較して優れている点の一つに、流動性リスクが非常に低い点があげられます。流動性リスクとは、換金もしくは売却することができないリス…

記事を読む

No Image

FX取引会社について
■短期と長期で分けて考えるもし、短期売買でFX取引を行うのであれば、為替変動リスクを避けるために取引通貨を分散する必要はありません。かえって取引自体を難しいもの…

記事を読む

No Image

FX取引会社について
■こうして業者は騙そうとするFXと外貨預金など他の外貨商品と比較して優れている点の一つに、流動性リスクが非常に低い点があげられます。いつでも外貨を好きなときに売…

記事を読む

No Image

FX取引会社について
■FX取引業者のタイプについてFX業者選びは非常に重要ですが、慎重になりすぎて一向に選べない人がいます。基本的に取引口座を開設するのは完全に無料ですので、気軽に構…

記事を読む

No Image

FX取引会社について
■くりっく365とFXの違いについて基本的にFXは証拠金取引ですので、取引会社に手持ちの資金を担保としておさめた金額以上の取引を行うことができます。これが大きなメ…

記事を読む

No Image

FX取引会社について
■リスク管理の重要性についてFXは証拠金取引のためレバレッジをかけることによって、少ない資金でも何倍もの取引ができますが、為替相場が大きく変動する場面では大きな…

記事を読む

No Image

FX取引会社について
FX取引は、取引所取引と店頭取引の二つに分けることができます。取引所取引とは株式のように取引所を設けて通貨の売買が行われ、くりっく365が取引所取引の代表です。…

記事を読む

No Image

FX取引会社について
株式投資の場合は企業が倒産してまうと保有している株は紙くずになってしまいます!。これを信用リスクといいます。この場合は投資家が損失をこうむります。【PR】 FX取…

記事を読む

No Image

FX取引会社について
FXで実際に為替取引を行うにあたって通貨の買値と売値との差をスプレッドといい、外貨預金での為替手数料にあたります。このためスプレッドは取引コストの一つとなります…

記事を読む

No Image

FX取引会社について
サブプライムショックやリーマンショックなどの金融危機が発生すると、当然のことながら為替の値動きが激しくなりますので、リスク管理を徹底する必要があります。【PR】…

記事を読む

No Image

FX取引会社について
外国為替市場では取引の最小単位が100万通貨単位から取引が認められています。つまり、米ドルであれば100万ドルから取引することが認められるわけです。【PR】 FX取引は…

記事を読む

No Image

FX取引会社について
外国為替市場は最初にウエリントン市場からスタートし、ニューヨーク市場が終了するまでに各市場が営業することによって、24時間取引することが出来ます。【PR】 全通貨…

記事を読む

No Image

FX取引会社について
FXは日本語で外国為替証拠金取引といいます。外国為替を取引することでスワップポイントが発生するのですが、これがFX取引の大きな魅力の一つとされています。【PR】 CFD…

記事を読む

No Image

FX取引会社について
FX会社によっては安心して投資家の方々が取引できるように預託金制度を採用しています。預託金は証拠金とは別に取引を始める前に一定の資金を預け入れておく仕組みです。…

記事を読む

No Image

FX取引会社について
FXは小額の資金から取引を始めることができる点が大きな魅力とされています。実際にFX会社の広告では「小額の資金から取引できる!」といったコピーをよく目にします。【…

記事を読む

No Image

FX取引会社について
FXにかぎらず投資を始めるにあたって、投資に関する入門書など書籍から入る人が圧倒的に多いのですが、学べば学ぶほど難しく感じてしまい前に進めなくなってしまいます。…

記事を読む

No Image

FX取引会社について
FXではレバレッジをかけることによって証拠金の何倍もの外貨を取引することができます。これがFXの最大の魅力となっています。また、資金効率が非常に高い点も魅力とされ…

記事を読む

No Image

FX取引会社について
多くのFX会社では最低取引数量が1万通貨となっています。これは米ドルであれば「1万ドルから取引することができますよ」という意味です。1ドル=90円であれば90万円です…

記事を読む

No Image

FX取引会社について
基本的に、FX取引きにて通貨の売買が行われる外国為替市場には、株式市場のように証券取引所というものが存在しません。電話やインターネットを介して売買が行われます。…

記事を読む

No Image

FX取引会社について
恐らく国民の大半が自国通貨しか持っていないのは日本人くらいだと思います。海外では一般の人でも当たり前のように複数の通貨で資産を分散しています。それだけ日本円が…

記事を読む

FXは流動性リスクが低いのが魅力です




FXと外貨預金など他の外貨商品と比較して優れている点の一つに、流動性リスクが非常に低い点があげられます。流動性リスクとは、換金もしくは売却することができないリスクをさします。


つまり、急にお金が必要になった場合に現金化することができないわけです。流動性リスクがもっとも高いのは不動産投資です。不動産物件というのは金融商品のように簡単いは売れません。


例えば不動産会社が資金を調達することを目的に所有している物件を売りに出しても売却成立して現金が手元に入るまでには早くても数ヶ月程度かかるので売却先が決まった時には手遅れとなる場合もあります。


同じように外貨預金など一部の外貨商品は流動性リスクが高いものも存在します。仮に現金化できたとしても金利が低くなったり、引き出し可能となるまで、相当の時間がかかる場合もあります。


こうしたリスクを避けるためにも、運用資金は生活資金とは別の余裕資金で行わなければなりません。そうすることによって、万一のときにもスムーズに対応することができます。


そうした点を考慮した場合、FXは非常に流動性が高いので安心して取引することができます。売りたいとき売ることができる。当たり前のことのように思われるかもしれませんが、現実は異なります。


チャイナショックが起きたり、主要国であるギリシャの国債の格付けが大きく格下げされたり、北朝鮮でデノミが起こっている状況下では何が起こるか分かりませんので常に警戒する必要がありそうです。


 タグ

為替変動リスクを避けるには?




■短期と長期で分けて考える


もし、短期売買でFX取引を行うのであれば、為替変動リスクを避けるために取引通貨を分散する必要
はありません。かえって取引自体を難しいものにしてしまいますのでオススメできません。


米ドル・円を中心に短期売買で為替差益を狙いつつ、中長期で高金利通貨を取引するのであれば良い
のですが、短期売買のみであれば通貨分散する必要性は特に感じられません。


しかし、中長期でスワップポイントを狙って取り引きするんであれば通貨分散を行うべきだと思います。
また、購入時期をずらすのも一つの手段だと思います。一度に資金を投入してしまうのは危険です。


あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義






■こうしてリスクを抑える


何回かに分けることによって、例えば相場の予測が外れてしまったとしても失敗を防いでくれます。また、
通貨の分散に関しては通貨によって値動きのパターンが異なりますので注意が必要です。


基本的に三大通貨である米ドル、ユーロ、円は同じ方向に動くことはありえません。ですので、ユーロと
米ドルに分散しておくだけでも、よほど大きく動く場面に遭遇しなければ分散効果を期待できます。


もし、為替が予想以上に変動したとしても他の通貨でカバーすることができる可能性もあります。しかし、
こうした動きを期待しすぎるのも危険ですので、いつでも逃げられるポジションを取るべきだと思います。


FX取引はスプレッドで利益に差が出ます! >>



FXは流動性リスクが低いのが魅力です




■こうして業者は騙そうとする


FXと外貨預金など他の外貨商品と比較して優れている点の一つに、流動性リスクが非常に
低い点があげられます。いつでも外貨を好きなときに売り買いが出来ます!

為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>



流動性リスクとは、換金もしくは売却することができないリスクをさします。


つまり、急にお金が必要になった場合に現金化することができないわけです。


流動性リスクがもっとも高いのは不動産投資です。


不動産物件というのは金融商品のように簡単いは売れません。


例えば不動産会社が資金を調達することを目的に所有している物件を売りに出したとします。


売却成立して現金が手元に入るまでには早くても数ヶ月程度かかるります。


ですので、売却先が決まった時には手遅れとなる場合も十分にありえます。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義







■心が休まる暇がないほど世界は混乱しています


同じように外貨預金など一部の外貨商品は流動性リスクが高いものも存在します。


仮に現金化できたとしても、経済情勢が大きく変化し、金利が低くなったりします。


また引き出し可能となるまで、相当の時間がかかる場合もあります。


こうしたリスクは常についてまわります。


しっかり避けるには、運用資金は生活資金とは別の余裕資金で行わなければなりません。
そうすることによって、万一のときにもスムーズに対応することができます。


そうした点を考慮した場合、FXは非常に流動性が高いので安心して取引することができます。


売りたいとき売ることができるこれは本当に凄いことなんです。


当たり前のことのように思われるかもしれませんが、現実は異なります。


ユーロショックが起きたり、ユーロ諸国の国債の格付けが大きく格下げされたり、北朝鮮
がよからぬことを起こしたりしている状況下では何が起こるか分かりません。


ロシアと中国が暴走するかもしれませんから、常に警戒する必要がありそうです。


為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>




 タグ

FX業者を選ぶポイントとその理由について(1)


■FX取引業者のタイプについて


FX業者選びは非常に重要ですが、慎重になりすぎて一向に選べない人がいます。


基本的に取引口座を開設するのは完全に無料ですので、気軽に構えるべきです。


基本的にFX業者は大きくわけると4つに分類することが出来ます。


証券会社タイプ、商社タイプ、先物タイプ、独立タイプです。


この中でもっとも信用が高いのは商社タイプだと思います。


FXプライムは伊藤忠の傘下にある企業です。反対に信用面では独立タイプが一番低いです。
この点を考慮して選ぶ必要があります。また比較することで良し悪しが明確になります。

為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>





■ここは必ず抑えてください!


比較するポイントは次の通りです。


「最低証拠金の金額」

最低証拠金が安いほど取引をはじめるにあたって敷居が低いです。

しかし、その分レバレッジが高くなってしまう可能性もあります。

ちなみに、レバレッジに関してですが、2011年より25倍まで規制されています。

国内の取引業者では、それ以上のレバレッジをかけて取引することは出来ません。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義



「取引コスト」

売買手数料は無料のところが増えています。

スプレッドに関してもかなり割安になっています。しかし、スプレッドはズレが生じ
ますので、できれば固定のところを選ぶとよいでしょう。



「最低取引単位」

多くの取引業者では1万通貨単位からとなっています。

ここ最近は1000通貨単位のところが増えています。これで敷居がさらに低くなりました。
取引業者によっては100通貨単位で取引できるところもあります。

しかし、コストが割高なので、1000通貨単位から取引されると良いでしょう。



「スワップ金利」

基本的にスワップ金利はおまけ程度に考えるべきです。

確かに買いポジションを建てれば何もしないでも収益があがるのは大きな魅力です。

しかし、為替相場が大きく動く時には吹き飛んでしまいます。



「取引通貨ペア」

最後に通貨ペアですが、取引会社によっては主要国通貨のみ取り扱っているところもあり
ます。それでも基本的には問題ありません。初心者にはかえって安全かもしれません。

取引できる通貨ペアが多いというのは取引スタイルの幅を広げることができます。

30〜50程度の通貨ペアがあれば基本的には十分です。

全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう >>

 タグ

くりっく365とFXの違いとは?



■くりっく365とFXの違いについて

基本的にFXは証拠金取引ですので、取引会社に手持ちの資金を担保としておさめた
金額以上の取引を行うことができます。これが大きなメリットの一つです。


具体的には通貨を売買して為替差益とスワップ金利による利息収益です。


必要となる証拠金の額は取引されるFX会社によって異なります。ちなみにFX会社の
種類についてですが、「取引所取引業者」「店頭取引業者」の2種類あります。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!




■くりっく365とFXの証拠金について?

「取引所取引業者」は 「くりっく365」や「大証FX」のような取引所が設けら
れていて、取引業者を通じて取引することができます。


ここでいう「店頭取引業者」は、いわゆる一般のFX会社です。


顧客とFX会社との相対取引となっています。このため「取引所取引業者」と「店頭
取引業者」とでは、似ているようで勝手が微妙にことなります。


例えば1万ドルを取引する場合の証拠金も異なります。「くりっく365」の場合は
3万5000円からとなっており、一般のFX会社ではレバレッジに応じて異なります。


レバレッジは1〜25倍まで取引できるのが一般的とされています。




■FXの方が魅力的?

ここでいうレバレッジとは取引に必要な担保(証拠金)をおさめることによって、本来
の為替取引に必要な資金と同等の取引が可能となります。


レバレッジはテコを意味しますので、まさにテコの原理によって小さな力で大きな物
を動かすような取引が可能となるわけです。これが大きな魅力となっています。


レバレッジは小額の資金で大きな利益を狙うことができますが、損失を被る場面では
大きな損失を被る可能性が高まるので、相場に応じて適切なレバレッジが求められます。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


FX会社はロスカットルールで投資家を守る



■リスク管理の重要性について

FXは証拠金取引のためレバレッジをかけることによって、少ない資金でも何倍もの取引
ができますが、為替相場が大きく変動する場面では大きな損失を被る可能性があります。


サブプライムショックやリーマンショックのときには為替相場がたった数日で10%以上
変動する異常事態となり、この時リスク管理を怠った投資家は大きな損失を被りました。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!




■なぜFXは危険とされていたのか?

ネット専業FX会社が誕生する以前はFXのような証拠金取引は投資元本以上に大きな損失
を被る危険性があったため、リスクの高い取引とされていました。


しかし、今現在法が厳格化され、FX会社の持つシステムが大きく向上したことによって、
FX会社が投資家を守るためのロスカットがかなり高確率で適用できるようになりました。




■ロスカットルールとは?

ロスカットルールとは投資家の損失を抑えるために証拠金に対して資金の維持率が一定
の水準を割り込むと強制的に反対売買を実行して取引を終了させられます。


くりっく365を取り扱っているFX会社と店頭取引のFX会社でもロスカットルールは微妙
に異なり、同じ店頭FXでもロスカットルールは取引されるFX会社によって異なります。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


取引所取引と店頭取引の違いについて



FX取引は、取引所取引と店頭取引の二つに分けることができます。取引所取引とは株式
のように取引所を設けて通貨の売買が行われ、くりっく365が取引所取引の代表です。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



一方、店頭取引とは取引所を介さずに顧客とFX会社の相対取引をさします。


日本では橋本政権時代の1998年に改正外為法(金融ビックバン)によって、一般の個人
投資家でもFXによって外貨を取引することが可能となりました!。


法が改正される前は、FXのような為替取引が認められていたのは、銀行などの金融機関
のみで、市場が開放されたことによって、沢山のFX会社が誕生することになりました。


ちなみに「くりっく365」が誕生したのは今から5年前の2005年です。東京金融取引所
が行っているのですが、店頭取引と差別化するために色々試行錯誤しています。


例えば為替相場が大きく変動する場面にて個人投資家を保護するために、取引に対して
透明性や公平さを高めるために取引所独自のルールを設けるなど努力を行っています。


また、「くりっく365」の人気を高めるために税制面で優遇措置がとられています。


同じFXでありながら取引所取引と店頭取引とでは中身が異なりますので、どちらかを選ぶ
にあたり、十分注意する必要があります。双方を比較検討してから選ぶべきだと思います。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


必ず100%信託保全のFX会社を選ぶ



株式投資の場合は企業が倒産してまうと保有している株は紙くずになってしまいます!。
これを信用リスクといいます。この場合は投資家が損失をこうむります。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



一方、FXの信用リスクといえば取引しているFX会社が破綻することです。


万一FX会社が破綻しても投資家の運用資金が全額返還されるようにするために金融庁は、
FX会社に信託保全を義務化してます。今後よりFXが健全化することは間違いありません。


これまでも仮にFX会社が破綻しても、できるだけ多くの投資家の資金が守られるように、
金融庁は資産の分別管理を最低限義務づけていました。


しかし、実際に破綻してみると分別管理では十分でないことが分かりました。


実際に投資家の資金が守られないケースが多かったようです。このため、投資家の資金
を守ることを目的に信託銀行にて管理する信託保全を義務付けることを打ち出しました。


万一、FX会社と最悪信託銀行まで破綻したとしても、投資家の運用資金は守られます!。
これで一件落着と思いきや、実は思わぬところに落とし穴があったのです。


表向き信託保全を採用しているFX会社でも、一部の資金しか信託保全していなかった
ケースもありました。このため今後は信託保全の中身が問われることになりそうです。


信託保全が採用されてるFX会社を選んで取引するのは当然のことですが、100%かどうか
必ず確認してください。極端に取引コスト重視で選んでしまうのは危険です!

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


 タグ

スプレッドは固定でなければならない理由



FXで実際に為替取引を行うにあたって通貨の買値と売値との差をスプレッドといい、外貨
預金での為替手数料にあたります。このためスプレッドは取引コストの一つとなります。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



当然のことながらスプレッドの幅が狭ければ狭いほど投資家にとっては取引コストが軽減
されるので有利で、FX会社間の顧客獲得競争が激化しているため米ドルで0円に近いです。


投資家にとってはありがたいのですが、「実際にスプレッド米ドル0円から」と表示されて
いるFX会社であっても、実際には市況によって1銭、2銭と動くので注意してください。


スプレッドが変動性のため「0円から」と表示されているわけです。


ですので、最近ではスプレッドが固定であるのは当たり前となっています。


「スプレッド米ドル1銭固定」の方が安心感があります。


これまでであれば、スプレッドなどの取引コストは基本的に安ければ安いほど良いという
イメージが強かったのですが、今後は裏の裏までしっかりと確認する必要がありそうです。


誰もが「0円から」よりも「1銭固定」の方がお得に感じると思います。


しかし、上述した通りの理由から決して得というわけではないので、FX会社を選ぶさいは、
必ずスプレッドに関しては固定かどうかも確認してください!。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


 タグ

損失を抑えて利益を確実に物にする方法



サブプライムショックやリーマンショックなどの金融危機が発生すると、当然のこと
ながら為替の値動きが激しくなりますので、リスク管理を徹底する必要があります。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



今後早ければ年内にも中国ショックが起こる可能性がありますので、為替相場全体が
ジェットコースターのようになることを覚悟して挑む必要があります。


FXでは豊富に注文方法が用意されているのでこれらを上手く使いこなせば比較的容易
にリスク監理を徹底することが出来ます。中でも逆指値注文は有効です。


ドル・円相場が1ドル=100円で取引されているときに1万ドル購入したと仮定します。


買った時よりも円安になれば為替差益が得られますが、反対に円高になると為替差損
が生じます。そこで、相場に入る前に、どれくらいのリスクが取れるか考えます。


もし、3万円程度まで我慢できるのであれば1ドル=97円まで耐えることができます!。
これが相場に入ったさいのリスクの許容範囲となります!。


こうした場合「1ドル=97円よりも円高になったら売る」と逆指値注文を入れることで
対応することができます。これで3万円以上損することはありません。


そして、逆指値注文で確実に利益確定することもできます。例えば現在のレートよりも
1円程度下に逆指値注文を入れておけばトレンドが転換しても確実に利益確定されます。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


 タグ

リスクを最小限に抑えてFXを始める方法



外国為替市場では取引の最小単位が100万通貨単位から取引が認められています。
つまり、米ドルであれば100万ドルから取引することが認められるわけです。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



1ドル=90円ですので100万ドルを買うには日本円で9000万円となります。当然の
ことながら一部の方を除いて一般の個人投資家では不可能に近い数字です。


銀行をはじめとした大口の機関投資家のみが取引できた外国為替を、一般の個人
投資家でも取引できるように小口化したのが外国為替証拠金取引なんです。


多くのFX会社で1万通貨単位から取引することが認められています。しかし、ここ
最近ではより小口化が進み、FX会社によっては1000通貨単位から取引できます。


これにより、さらにFXの敷居が低くなり、個人投資家の参入障壁を小さくしてます。
1000通貨単位であれば高校生のお小遣いでも十分取引することができます。


1000通貨単位で取引した場合の手数料は若干割高に設定されています。


しかし、外貨預金で運用することを考えれば格安といえますし、リスクも小さいので、
大きく儲けようとするのではなく、お小遣い稼ぎからチャンレンジしてみては?。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


 タグ

FX会社の取引ツールを最大限利用する



外国為替市場は最初にウエリントン市場からスタートし、ニューヨーク市場が終了
するまでに各市場が営業することによって、24時間取引することが出来ます。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



このため為替相場は常に変動するわけですが、FXをはじめ外貨投資で収益をあげる
には相場の動きを注意深く見守る必要があります!。


しかし、一日中パソコンの前に張り付いて監視するわけにはいきません。こうした
場合に有効なのが売買の条件を決めて予約注文を出して取引する方法です。


例えば「いくらになったら買い、いくらになったら売る」といった形で、FX会社が
提供する取引ツールを利用すると条件を出して注文することができるのです。


これを有効活用しない手はありません。毎日デイトレードで相場をリアルタイムで
見ながら取引しているのであれば必要ないかもしれません。


しかし数日〜長期間に渡ってポジションを建てて取引されている場合は必須です。


取引ツールを利用すれば利益確定だけでなく、損切りも実行できます。


条件注文の基本となるのが「指値注文」です。これは「1ドル=90円になったら買う」、
「1ドル=95円になったら売る」といった注文が可能です。


有効な活用方法としては、相場が円高になったら買い、円安になったら売るといった
場合に利用します。一度設定すれば自動的に注文が実行されます。


こうして常に条件を設定して取引すると否が応でも相場に対して厳しい目が養われます。
また、投資効果を高めるだけでなくリスク管理も徹底できるようになります。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


米国が金利を利上げすると相場はこうなる?



FXは日本語で外国為替証拠金取引といいます。外国為替を取引することでスワップ
ポイントが発生するのですが、これがFX取引の大きな魅力の一つとされています。

【PR】 CFD は業界最狭水準スプレッド!取引手数料0円!


実際にFX取引ではドルやユーロ、豪ドルなどを買いポジションを建てることにより、
ポジションを保っている間は毎日スワップポイントを受け取ることができます。


スワップポイントは外貨預金でいうところの金利にあたります。


しかし、スワップポイントは金利と異なります。あくまでも取引する2国間の通貨の
金利差によるものなので、取引される通貨ペアによって異なります。


スワップポイントは毎日のように変化します。残念ながら世界的に経済が悪化した
ことにより主要国通貨の金利は足並みを揃えるかのように低下しています。


金利水準が高いとされる豪ドルですら3%台を割り込んでいます。それ以外の主要国
通貨の大半は2%以下の水準にあり、スワップの魅力は後退するばかりです。


米ドルはサブプライムショック以降のゼロ金利政策によって円同様に金利水準が低い
状態にあります。しかも、金融緩和だけは凄まじい勢いで行っています。


これまでバーナンキFRB議長は金融機関を守るためにゼロ金利政策を長期化すること
を明言していたのですが、ここにきて米国の景気は回復の兆しを見せています。


雇用統計も改善されつつあり、GDPも高い水準を維持してます。


金融緩和の出口を求める声も広がっているので、世論も利上げを望む声が高まって
くると思いますので、今年は利上げされるタイミングが大きなポイントになります。


ユーロがギリシャやスペインの問題があって当面政策金利の利上げが難しい状況に
ありますので米国が利上げに向うと長期的な円安局面に入る可能性が高まります。


しかし、今後は財政出動を大幅に抑えなければなりません。金融緩和が終われば、
すぐに株安・ドル安が進む可能性が高いです!。


再びドル安・円高が進む可能性が高いので、長期的なドル安が続く可能性は低いので、
アベノミックスが仮に良い方向に進んだとしても、楽観視するのは危険です。


今後も乱高下する場面が頻繁に訪れる可能性が高いので、中長期で米ドルを中心に運用
しているのであれば、いつでも逃げる準備をお忘れなく!。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


 タグ

FXを安心して取引するための預託金制度



FX会社によっては安心して投資家の方々が取引できるように預託金制度を採用しています。
預託金は証拠金とは別に取引を始める前に一定の資金を預け入れておく仕組みです。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



預託金という仕組みがなぜ良いのかといいますと、先に資金を預け入れることによって、確実
に資金配分を考えながらFXを取引することができるからです!。


もしかすると「別になくてもできるのでは?」と思われるかもしれません。


仮に証拠金のみで取引した場合は、マージンコールが発生するたびに 追加で証拠金を差し
入れるか決済するかの選択が迫られることになります。これは避けることができません。


そして、相場が上昇局面にあるため、もう少し取引を続けるためには追加で証拠金を差し入れ
なければなりません。しかし、さらに相場が下落する可能性もあるわけです。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義



そうなりますと、再び証拠金を差し入れなければならなくなります。また、手元に証拠金分の
お金がない場合や、お金はあっても銀行に行く暇がなければ意味がありません。


追加入金できない場合は最悪の場合は強制決済しなければなりません。この時点で損を損
として確定されます。取引を続けていれば相場が回復する可能性もあったかもしれません。


しかし、先に一定額の預託金を預けていればマージンコールは発生しずらくなります。


ですので、余裕を持って取引することができます。上場相場では短期的に下落しても相場が
持ち直す可能性も十分ありますので、こういった場合に預託金制度は大きなメリットです。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


 タグ

「小額資金でFX取引できる」に騙されない



FXは小額の資金から取引を始めることができる点が大きな魅力とされています。実際にFX会社
の広告では「小額の資金から取引できる!」といったコピーをよく目にします。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



しかし、本当にレバレッジを高めれば1万円から5万円程度の資金でも取引できます。当然のこと
ながらリスクはその分高まります。大きく動けばマージンコールが発生した後に強制決済です。


そうした危険性を理解した上で取引するのであれば問題ありません。しかし、そうでないのであれ
ば1000通貨単位のところでレバレッジを抑えて取引するべきです。


そうすることによってリスクを抑えることができます。仮に1万円としてもレバレッジは10倍以内に
抑えられますので、大きく動いたとしても即ロスカットといったことはありません。


ですので、精神的に余裕を持ってFX取引することができます。その結果としてリスクを抑えることが
出来ます。また、1000通貨単位で取引できるFX会社で1万通貨を取引するのもオススメです。


先行き不透明な相場では、できるだけ早く決断する必要があるわけですが、迷いが生じるため決断
できません。そうした場合は半分だけ利確定し、半分は継続します。そうすることで利益を追いかけ
ることができます。小額の資金から取引できる=リスクが高い取引は避けましょう。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


 タグ

本だけでFX取引を学ぶのは危険です!



FXにかぎらず投資を始めるにあたって、投資に関する入門書など書籍から入る人が圧倒的
に多いのですが、学べば学ぶほど難しく感じてしまい前に進めなくなってしまいます。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



しかし、本を読んだからといって取引が上手くなるわけではありません。「 ゴルフの入門書 」
を読んだからといって、ゴルフが上手くなるかといえば、絶対にそんなことはありません。


入門書を読むのは悪いことでありませんが、入門書だけでFX取引の感覚を学ぶことはできま
せんので、それならば一日も早く取引口座を開設してデモトレードから始めるべきです。


そして、デモトレードに慣れてから、自分のお金を取引すれば良いわけです。また、その際も
可能な限りリスクをおさえるために1000通貨単位で取引することをオススメします。


米ドルであればレバレッジを3倍程度かけて取引したとしても、3万円から5万円程度の資金が
あれば十分取引することができます。この程度なら安心して取引することができると思います。


そうすることによって積極的に売買することが出来ますので、FXを実際に取引するための知識
や外貨を売り買いする感覚を磨き上げることができますのでメリットは大きいです。


最初から大きな利益を狙うのではなく、最小限にリスクを抑えて取引しながら色々なことを学ん
でいく方がはるかに有意義です。急がばまわれの精神でFX取引を身に着けていきましょう!。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


 タグ

FXのリスクはレバレッジで決まる?



FXではレバレッジをかけることによって証拠金の何倍もの外貨を取引することができます。これが
FXの最大の魅力となっています。また、資金効率が非常に高い点も魅力とされています。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!



ちなみに当サイトでオススメさせていただいている 『 DMM FX 』では、25倍までレバレッジをかけて
取引できます。海外のFX取引会社は数百倍までレバレッジをかけることができます。


2011年からレバレッジは 最大で25倍に規制されることになり、こうした規制を逃れるために海外の
FX会社を利用している方もいますが、正直レバレッジは25倍もあれば十分です。


基本的にレバレッジと証拠金のバランスによってリスクが決まります。


例えば 1ドル = 90円 のときに10万ドルを取引するとして、証拠金9万円でレバレッジは 100倍で、
証拠金90万円でレバレッジは10倍、証拠金900万円でレバレッジは1倍となります。


そして、1ドル = 91円まで円安が進むと10万円の利益が得られます!。証拠金が低くても高くても
同じ金額分が利益として得られのであれば証拠金が引く方が良いと考えるかもしれません。


しかし、1ドル=89円まで円高が進むと今度は反対に10万円の損失を被ることになります。この場合
は証拠金10万円 の場合は、即ロスカットがかかってしまいます!。


悪材料が突如として発表され、パニック的に投売りが活発化すると!、場合によっては強制決済が間
に合わずに証拠金以上の損失を被る可能性もあります。ですので、必ず身の丈にあったポジションを
身の丈にあった証拠金とレバレッジをかけて取引する必要があります。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


FX取引は1000通貨単位から始めよう!



多くのFX会社では最低取引数量が1万通貨となっています。これは米ドルであれば「1万ドルから
取引することができますよ」という意味です。1ドル=90円であれば90万円です。


FXではレバレッジをかけて取引することができるので、基本的にはだれでも取引することはできる
わけですが、だからといって証拠金として10万円程度しかおさめていない状態で、これからFXを
取引し始める初心者の方が100万円近い金額を売買するのはオススメできません。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



というも、1円動くと1万円損益が発生しますので、たった2〜3円動いただけで20%〜30%も損失
を被ることになってしまうのです。4〜5回まけたら元での10万円まで回復するのは至難の業です。


「10万円なんか月の小遣いだよ」という方からすれば何の問題もないかと思いますが、毎日厳しい
環境の中で働いて貯めたお金を簡単に減らしてはいけません。


そこでオススメなのが1000通貨単位で取引する方法です。これでリスクは一気に10分の一まで
縮小することができます。レバレッジを10倍まで高めたとしても1万円以下で取引できます。


上述した例で言えばレバレッジをかけなければ十分そのまま取引することもできる額です。リーマン
ショックのような金融市場に大激震が走るような自体に陥ったとしても大丈夫です。


レバレッジをかけないで取引すれば仮に10円相場が下落したとしても損失は1万円程度ですので、
何の心配することも無く、そのまま取引を続行することができます。


こうして失敗を繰り返しながらスキルを確実に高めていくことによって、ポジションを拡大しても安定
した取引を行うことができるようになります。1000通貨単位から取引できるだけでなく、初心者の
方に対して手厚いサポートが自慢の「DMM FX」がオススメです。

【PR】 FX取引はツールが凄い ≪DMM FX≫ ではじめよう!


FXは取引量が多い時間帯で取引する



基本的に、FX取引きにて通貨の売買が行われる外国為替市場には、株式市場のように証券
取引所というものが存在しません。電話やインターネットを介して売買が行われます。


また時間によって取引きされる地域が移っていくのが特徴です。

【PR】 FX取引はツールが凄い ≪DMM FX≫ ではじめよう!



例えば日本時間の朝5時位からニュージーランドのウェリントン市場がスタートし、その後は、
シドニー市場、東京市場、香港市場、シンガポール市場のアジア市場がスタートします。


アジア市場の時間帯は株式市場の動きと連動性が比較的高いのでドル円相場が動きやすい
という特徴があります。個人でも東京市場だけを狙って取引している方が多いです。


日本の夕方5時くらいからロンドン市場から欧州市場がスタートするのですが、この時間帯は
当然のことながらユーロを中心に取引きが活発化するのが特徴となっています。


基本的に欧州市場 (ロンドン市場)がオープンしている間が 一番通貨の取引量が多い時間帯
とされています。そして、仕事を終えて帰宅し、自宅でくつろいでいる日本の夜10時頃が皆様
おまちかねのニューヨーク市場がスタートします。とにかく勢いが凄いです!。


午後10時過ぎくらいからユーロ・ドル、ドル・円の動きが活発化します。


日中仕事がある人は日本株を取引する場合は自動売買ツールを使って取引するのが精一杯
ですが、FXなら帰宅してから取引できるので、こうした点からも、FXがオススメです!。


そして、FX取引きに限らず、株式投資でも、流動性が高く取引量が大きい方が価格変動による
利益をあげやすいです。市場規模が日本株とは比較にならないので断然FXのほうが有利です。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


為替相場を確認するだけで人生が変る?



恐らく国民の大半が自国通貨しか持っていないのは日本人くらいだと思います。海外では一般の
人でも当たり前のように複数の通貨で資産を分散しています。それだけ日本円が強くて信用が
あるわけですが、だからといって楽観しすぎるのもいけませんよね。


このため、為替取引がまず資産運用の第一歩となるわけです。そして、資産が拡大してくると次第
に株式や不動産へとシフトしていきます。つまり資産運用の基本は為替となるわけです。

【PR】 転職して年収UPするなら「今でしょう!」



二つの国の金利差と為替レートの変動を全く無視している方が、いくら入念に企業分析を行っても
株式投資で利益をあげるのは難しいと思います。それくらい為替や金利は重要なのです。


海外に頻繁に出かけられる方は、円を外貨に両替するタイミングも感覚的に分かるようになります
ので、海外から日本に戻るたびに両替するのではなく、円安になるまで両替せずに持っておこうと
いった無理をしない、窮屈でない外貨の運用を自然に行うことができるようになります。


また、原油などのエネルギーや金やプラチナなどの貴金属が取引されている商品先物市場では
為替の動きが連動する場合が頻繁に見受けられます。原油とドルの動きが顕著です。


為替相場が大きく動くことで商品市場が動き出すこともありますし、反対もありますので、為替の
動きを日常的に把握するだけで、投資だけでなく仕事においても非常に有効です。


経済の先行きがおおよそ予想することができますので、もし、外貨投資を行わなくても為替相場の
基本的な仕組みと為替相場の動きだけは毎日確認されることをオススメします。

【PR】 転職してワンランク上の自分を目指しませんか?!


 タグ
さらに詳しく調べる


 検索例 
  FX 通貨ペア 手数料などと入力
メニュー
カテゴリ
お問い合わせフォーム

btn_msg.gif

相互リンク随時募集中!
タグクラウド
タグ
  • SEOブログパーツ
  • SEOブログパーツ


Copyright © FX取引の基本が分る外貨投資入門 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。