格付け会社のS&Pは世界中の金融商品の格付けを行っています。しかし、大抵の場合
市場に混乱をもたらすだけで、指標としては大して役に立ちません。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



以前に日本国債の評価を下げられましたが、ほとんど何も起こりませんですた。


しかし、今後も日本政府の財務状況が改善されないようですと格付けを引き下げる
方向で動いているとされていましたが、今のところ目だった動きはありません。


極端に円高が進んだころは、日本国内に流通する金融商品を売って海外の金融所品
へシフトする動きが活発化し、日本のお金が海外に流出する動きが活発化しました。


一時期、外債で運用しながら毎月分配金を支給するファンドが人気を博しましたが
今現在も純資産額を大幅に低下させた状態が続いています。


分配金が定期的に支給されても元本割れしては意味がありません!。


毎月分配金が支給されるとはいっても1万円に対して50円程度です。


100万円でも5000円です。確かに日本の預貯金金利のことを考えれば馬鹿にできない
額ではありますが、投資するに値するメリットには程遠いです。


しかし、大切な資産を3〜4割も目減りさせてまで得たいとは誰も思いません。毎月
支給される度に手数料がかかるので、実際にはさらに削られることになります。


日本国債の格付けが下がれば、円建て資産の売りが一時的に加速する可能性が高まり
ますが、こうした状況が来ることをヘッジファンドは望んでいます。


今現在連日のように株式市場が乱高下していますが、再び低迷することになれば続々
と外貨建ての金融商品が誕生するかもしれませんが十分注意する必要があります。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!