外貨預金のデメリットのカテゴリ記事一覧

FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。

カテゴリ:外貨預金のデメリット

外貨預金のデメリットのカテゴリ記事一覧。FX取引の基本から各国通貨の特徴や実践的な売買までをガイドする外貨投資入門サイトです。
No Image

外貨預金のデメリット
FXの魅力の一つにスワップ金利があげられます。スワップ金利は取引される通貨と通貨の金利差によるものです。外貨預金でいうならばスワップ金利は利息にあたります。【PR…

記事を読む

No Image

外貨預金のデメリット
外貨預金のキャンペーン金利は高いとされていますが、あまりにも 為替手数料が高いので、短期間で換金したら、金利による利益が吹き飛んでしまいます。【PR】 全通貨業界…

記事を読む

No Image

外貨預金のデメリット
安全度が高いうえに毎月分配金が支給され利回りもそこそこ期待できるという理由で外債ファンドはリタイア層を中心に大きな人気を博しました。【PR】 全通貨業界最高水準…

記事を読む

外貨預金よりはるかにFXは優れてます



FXの魅力の一つにスワップ金利があげられます。スワップ金利は取引される通貨と通貨
の金利差によるものです。外貨預金でいうならばスワップ金利は利息にあたります。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



このため日本よりも海外の金利が高いときには有利に働きます。金利差が広がれば広が
るほど利息による収益が高まることでスワップ金利の魅力が高まります。


しかし、リーマンショックやユーロショックなどによる、金融危機により世界中の国々
が金利を利下げしていま、高金利通貨とされている豪ドルですら3%を割ってます。


利下げすることで、お金が借りやすくなることから、景気が悪化するのを防ぐとされ
てきたわけですが、日本はすでに低金利政策を10年以上にわたって行っています。


景気は劇的に改善されるようなことが無かったため、依然として金利は低いままです。
一方海外の国々が景気の悪化を抑えるために金利を低く抑えてます。


これにより日本と海外の金利差が縮まることとなり、スワップ金利も連動して小さく
なります。しかし、だからといって円資産だけで運用するのは危険です。


今後さらに経済が拡大する可能性が高いですが、輸入に頼っている国の通貨は、どう
しても先行き不安なので、少しでいいので資産の一部は海外資産で運用すべきです。


外貨預金は一見魅力的に感じるかもしれませんが、為替手数料が極端に割高です!。
利息による収益が食われてしまいます。これが外貨預金の大きなデメリットです。


スワップ金利が低迷しているからといっても、FXの場合は取引コストが非常に割安に
設定されているので、外貨預金よりもはるかに有効に運用することができます。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


 タグ

外貨預金のキャンペーン金利の罠(2)



外貨預金のキャンペーン金利は高いとされていますが、あまりにも 為替手数料が高い
ので、短期間で換金したら、金利による利益が吹き飛んでしまいます。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



その為替手数料自体が銀行のTTS・TTBというレートで構成されているのですが、一般
の方にとっては仕組みを理解するのが難しくらい、透明性が低いです。


例えば今現在1豪ドル=80円と仮定します。ちなみに豪ドルを銀行で外貨預金した場合
の為替手数料が2円から4円程度です。今回は片道2円とします。


この場合預け入れのレートTTSは82円です。


80万円程度あれば1万ドルになるかなと思いがちですが、外貨預金の手数料というのは
非常に割高に設定されているので実際には9800ドルにしかなりません。


結果として金利も少なくなってしまいます。また引き出そうとしたときの為替レート
が1豪ドル=80円と、変らなかったとしても銀行の引き出しレートTTBは78円です。


円に両替したときの金額は76万4400円となります。つまり、最低でも4%以上の収益
をあげない限りは行ってこいになってしまうわけです。


金利プラス為替差益が必要不可欠となります。しかし残念ながら外貨預金は為替差益
を狙うのが難しく長期での預け入れが絶対なので、運用することが非常に難しいです。


というのも1年後の為替相場を予測すること自体無理だからです。


プロでも難しいことを一般の投資家ができるわけもありません。また、上述したよう
な形で運用資金が目減りしても為替差損によるものと誤解される方が少なくありません。


外貨投資するのであれば為替手数料が利益に大きくかかわりますので、とにかく重要
です。外貨預金よりも圧倒的に為替手数料が割安なFXが断然おすすめです!。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


外貨預金のキャンペーン金利の罠(1)



安全度が高いうえに毎月分配金が支給され利回りもそこそこ期待できるという理由
で外債ファンドはリタイア層を中心に大きな人気を博しました。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



しかし、ファンドによっては純資産残高が悲惨なまでに下落しています。


先進国の政策金利が低迷しているので外貨商品離れが起きるのではないかと思って
いたら意外にも依然として人気が高い金融商品が外貨預金です。


やはり、円高による銀行のキャンペーンに魅力を感じてしまうようです。


確かにキャンペーン金利はこの低金利時代にとんでもない金利を提示しています。
しかし、上手い話には必ず裏がありますので騙されないように注意しましょう。


今回はキャンペーン金利について解説させていただきます。


多くの方が預け入れている間ず〜〜とキャンペーン金利が適用されると思ってる
ようなのですが、外貨預金のキャンペーン金利は期間が1ヶ月に限定されています。


つまり、2ヶ月目からは通常の金利が適用されることになるわけです。


例えば豪ドルでキャンペーン期間中にとある銀行で外貨預金を始めたと仮定します。


1万ドル預け入れると10%の金利が適用されます。年利計算であれば1000ドル利息が
つくわけですが、キャンペーン金利はこの12ヶ月分の1です。


このとき83ドルの利息がつきます。それ以降は通常金利が適用されます。しかし、
考えてみてください外貨預金の為替手数料は豪ドルで片道2円前後とられます。


往復で4円ですから1万ドルあたり4万円もとられます。これが銀行が定期的に行って
いるキャンペーン金利のからくりです。FXでリスクを抑えて取引した方がお得です。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


さらに詳しく調べる


 検索例 
  FX 通貨ペア 手数料などと入力
メニュー
カテゴリ
お問い合わせフォーム

btn_msg.gif

相互リンク随時募集中!
タグクラウド
タグ
  • SEOブログパーツ
  • SEOブログパーツ


Copyright © FX取引の基本が分る外貨投資入門 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。