■リスク管理の重要性について

FXは証拠金取引のためレバレッジをかけることによって、少ない資金でも何倍もの取引
ができますが、為替相場が大きく変動する場面では大きな損失を被る可能性があります。


サブプライムショックやリーマンショックのときには為替相場がたった数日で10%以上
変動する異常事態となり、この時リスク管理を怠った投資家は大きな損失を被りました。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!




■なぜFXは危険とされていたのか?

ネット専業FX会社が誕生する以前はFXのような証拠金取引は投資元本以上に大きな損失
を被る危険性があったため、リスクの高い取引とされていました。


しかし、今現在法が厳格化され、FX会社の持つシステムが大きく向上したことによって、
FX会社が投資家を守るためのロスカットがかなり高確率で適用できるようになりました。




■ロスカットルールとは?

ロスカットルールとは投資家の損失を抑えるために証拠金に対して資金の維持率が一定
の水準を割り込むと強制的に反対売買を実行して取引を終了させられます。


くりっく365を取り扱っているFX会社と店頭取引のFX会社でもロスカットルールは微妙
に異なり、同じ店頭FXでもロスカットルールは取引されるFX会社によって異なります。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!