FX取引は、取引所取引と店頭取引の二つに分けることができます。取引所取引とは株式
のように取引所を設けて通貨の売買が行われ、くりっく365が取引所取引の代表です。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



一方、店頭取引とは取引所を介さずに顧客とFX会社の相対取引をさします。


日本では橋本政権時代の1998年に改正外為法(金融ビックバン)によって、一般の個人
投資家でもFXによって外貨を取引することが可能となりました!。


法が改正される前は、FXのような為替取引が認められていたのは、銀行などの金融機関
のみで、市場が開放されたことによって、沢山のFX会社が誕生することになりました。


ちなみに「くりっく365」が誕生したのは今から5年前の2005年です。東京金融取引所
が行っているのですが、店頭取引と差別化するために色々試行錯誤しています。


例えば為替相場が大きく変動する場面にて個人投資家を保護するために、取引に対して
透明性や公平さを高めるために取引所独自のルールを設けるなど努力を行っています。


また、「くりっく365」の人気を高めるために税制面で優遇措置がとられています。


同じFXでありながら取引所取引と店頭取引とでは中身が異なりますので、どちらかを選ぶ
にあたり、十分注意する必要があります。双方を比較検討してから選ぶべきだと思います。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!