株式投資の場合は企業が倒産してまうと保有している株は紙くずになってしまいます!。
これを信用リスクといいます。この場合は投資家が損失をこうむります。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



一方、FXの信用リスクといえば取引しているFX会社が破綻することです。


万一FX会社が破綻しても投資家の運用資金が全額返還されるようにするために金融庁は、
FX会社に信託保全を義務化してます。今後よりFXが健全化することは間違いありません。


これまでも仮にFX会社が破綻しても、できるだけ多くの投資家の資金が守られるように、
金融庁は資産の分別管理を最低限義務づけていました。


しかし、実際に破綻してみると分別管理では十分でないことが分かりました。


実際に投資家の資金が守られないケースが多かったようです。このため、投資家の資金
を守ることを目的に信託銀行にて管理する信託保全を義務付けることを打ち出しました。


万一、FX会社と最悪信託銀行まで破綻したとしても、投資家の運用資金は守られます!。
これで一件落着と思いきや、実は思わぬところに落とし穴があったのです。


表向き信託保全を採用しているFX会社でも、一部の資金しか信託保全していなかった
ケースもありました。このため今後は信託保全の中身が問われることになりそうです。


信託保全が採用されてるFX会社を選んで取引するのは当然のことですが、100%かどうか
必ず確認してください。極端に取引コスト重視で選んでしまうのは危険です!

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


 タグ