FXで実際に為替取引を行うにあたって通貨の買値と売値との差をスプレッドといい、外貨
預金での為替手数料にあたります。このためスプレッドは取引コストの一つとなります。

【PR】 FX取引はスプレッドで利益に差が出ます!



当然のことながらスプレッドの幅が狭ければ狭いほど投資家にとっては取引コストが軽減
されるので有利で、FX会社間の顧客獲得競争が激化しているため米ドルで0円に近いです。


投資家にとってはありがたいのですが、「実際にスプレッド米ドル0円から」と表示されて
いるFX会社であっても、実際には市況によって1銭、2銭と動くので注意してください。


スプレッドが変動性のため「0円から」と表示されているわけです。


ですので、最近ではスプレッドが固定であるのは当たり前となっています。


「スプレッド米ドル1銭固定」の方が安心感があります。


これまでであれば、スプレッドなどの取引コストは基本的に安ければ安いほど良いという
イメージが強かったのですが、今後は裏の裏までしっかりと確認する必要がありそうです。


誰もが「0円から」よりも「1銭固定」の方がお得に感じると思います。


しかし、上述した通りの理由から決して得というわけではないので、FX会社を選ぶさいは、
必ずスプレッドに関しては固定かどうかも確認してください!。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!


 タグ