いうまでも無くFX取引ではテクニカル分析同様にファンダメンタル分析も重要です。
しかし、為替相場は必ずしもファンダメンタルズどおりに動くとは限りません。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



市場予想通りとなれば折込済みとしてマーケットは残念ながら反応しません。それ
に対して金利はファンダメンタルズに忠実に動きます。


このため金利動向に関しては予測が立てやすいわけです。


基本的に為替相場は取引する二国間のファンダメンタルズの格差によって動きます。
つまり国力を測るためにファンダメンタルズは重要な指標となるわけです。


ここでいうファンダメンタルズとは、その国の経済情勢を表すものです。


例えば「経済成長率」、「雇用情勢」、「経済収支」といった経済力や政治力を含めた
総合的な国力を測るものをさします。そして、国力を比較します。


例えばドル円相場は米国と日本のファンダメンタルズの差を端的に表したものです。


ですので、一時期日本経済は悪化する一方でしたが、それ以上に米国経済は疲弊し、
大胆な金融緩和を実施したため、長期間にわたってドル安・円高となりました。


ファンダメンタルズの差が相場を動かす場合が多いわけですが、そうでない場合も
あります。それが金利です。ですので各国の金利動向は注意しなければなりません。


通貨間の金利差が開くことによってファンダメンタルズ的には対して差がないにも
かかわらず、ファンダメンタルズが弱い通貨が買われることもあります。


特にインフレリスクの高い国の通貨はこうした傾向が強いので十分注意が必要です。
とくに中長期でFX取引される場合は、金利動向を見逃すことは許されません。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


 カテゴリ
 タグ