外国為替市場で一日に取引されるお金の量は、日本円に換算すると200兆円前後あると
いわれています。あまりにも巨額すぎて想像ができないですよね。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



ちなみに株式市場は東京証券取引所で一日あたり1.5兆円といわれています。


いかに外国為替市場の取引量が多いかお分かりいただけると思います。


また、意外に思われるかもしれませんが、こうした流動性(市場参加者が多く、
売り買いが活発)の高さが個人投資家が実際に取引する上で非常に有効となります。


株の場合は仕手株といって大きな資金を持った大口の投資家が意図的に株価を操作
して、利ザヤを稼ぐ方法で多くの個人投資家が被害をこうむります。


上述したとおり株式市場は取引量が多くないので、こうした取引が可能なんです。


トヨタやキャノンのような市場規模が大きい銘柄は無理ですが、取引量の小さな銘柄
であれば株価の操作は簡単にできてしまうのです。株価操作だけではありません。


機関投資家は運用資金が潤沢にあるのをいいことに情報操作を行うことさえあります。
私は株から投資を始めたので実際にこうしたことを何度も経験しています。


株を取引する場合こうした猛者たちと戦わなければならないわけです。


一方、外国為替市場は取引量が桁外れに大きいので仮に資金量の差はあったとしても、
個人投資家も大口の投資家も同じ条件で取引しなければなりません。


外国為替市場でも日銀のような中央銀行が介入してくるときには一時的に大きく動き
ますが、相場の大きな流れまでかえることはでき無いので為替は公平性が高いのです。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


 カテゴリ
 タグ
FX