FXは日本語で外国為替証拠金取引といいます。外国為替を取引することでスワップ
ポイントが発生するのですが、これがFX取引の大きな魅力の一つとされています。

【PR】 CFD は業界最狭水準スプレッド!取引手数料0円!


実際にFX取引ではドルやユーロ、豪ドルなどを買いポジションを建てることにより、
ポジションを保っている間は毎日スワップポイントを受け取ることができます。


スワップポイントは外貨預金でいうところの金利にあたります。


しかし、スワップポイントは金利と異なります。あくまでも取引する2国間の通貨の
金利差によるものなので、取引される通貨ペアによって異なります。


スワップポイントは毎日のように変化します。残念ながら世界的に経済が悪化した
ことにより主要国通貨の金利は足並みを揃えるかのように低下しています。


金利水準が高いとされる豪ドルですら3%台を割り込んでいます。それ以外の主要国
通貨の大半は2%以下の水準にあり、スワップの魅力は後退するばかりです。


米ドルはサブプライムショック以降のゼロ金利政策によって円同様に金利水準が低い
状態にあります。しかも、金融緩和だけは凄まじい勢いで行っています。


これまでバーナンキFRB議長は金融機関を守るためにゼロ金利政策を長期化すること
を明言していたのですが、ここにきて米国の景気は回復の兆しを見せています。


雇用統計も改善されつつあり、GDPも高い水準を維持してます。


金融緩和の出口を求める声も広がっているので、世論も利上げを望む声が高まって
くると思いますので、今年は利上げされるタイミングが大きなポイントになります。


ユーロがギリシャやスペインの問題があって当面政策金利の利上げが難しい状況に
ありますので米国が利上げに向うと長期的な円安局面に入る可能性が高まります。


しかし、今後は財政出動を大幅に抑えなければなりません。金融緩和が終われば、
すぐに株安・ドル安が進む可能性が高いです!。


再びドル安・円高が進む可能性が高いので、長期的なドル安が続く可能性は低いので、
アベノミックスが仮に良い方向に進んだとしても、楽観視するのは危険です。


今後も乱高下する場面が頻繁に訪れる可能性が高いので、中長期で米ドルを中心に運用
しているのであれば、いつでも逃げる準備をお忘れなく!。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


 タグ