FXは元々はインターバンク市場での取引が小口化されたものです。FXが誕生する前
は銀行か一部の機関投資家だけしか取引することが認められていませんでした。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



そして、最低の取引単位が100万通貨ですので、米ドルを取引する場合は100万ドル
から取引が認められます。これを「一本」といいます。


米ドルを10本といえば1000万ドルをさします。


実際にインターバンク市場では1本単位で取引されることはほとんどありません。
10本、20本といった具合にまとまった単位で取引が行われます。


それだけ規模が大きいわけです。


これを円に換算した場合、1米ドル90円であれば1本は9000万円です。


つまり、インターバンク市場では10億円、100億円単位のお金が当たり前のように
取引されている巨大な市場なんです。株式市場とは比較になりません。


そして、1998年に外為法が改正されたことによってFXが誕生し、一般の個人投資家
でも為替を自由に取引することが出来るようにたったわけです!。


個人投資家向けにFXが登場したことによって最低取引単位が100万単位から1万単位
(FX会社によっては1000単位)まで引き下げられることになったのです。


不況により、これまで不況に強いとされてきたパチンコなどのギャンブル業界にも
陰りがみえてきており、上場している同業種の企業が厳しい状況を迎えてます。


気晴らしでギャンブルをやるのではなく、着実にお金を増やせる可能性が高いもの
にシフトされているのだと思います。今後さらにFXの取引人口が拡大します。


まったく荒唐無稽な話では無く、FXは為替手数料が激安なので海外へ旅行や出張へ
出かけられる方にとってもFXは利用価値が高いと思います!

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


 カテゴリ
 タグ