FXは二営業日後決済という仕組みがとられていますので、もし仮に本日1万ドル買った
としても、実際に代金を支払うのは2日後となります。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



顧客からの大量の注文を当日処理するのは大変です。しかし、本来我々個人投資家は、
外貨そのものが欲しくてFXを取引しているわけではありません。


あくまでも外貨を売り買いして利益を得たいがために取引しているわけです。


ですので、わざわざ決済する必要もないので、FXでは決済日を1営業日ごと延長して
いく「ロールオーバー方式」が採用されています。


こうすることにより決済日が1日ごとに繰り延べられます。


そうすることによって決済期限なく取引しているような格好になりますが、実際には
決済期間がないのではなく、単純に期限を迎えていながら繰り越しているだけです。


このため、実際には決済せずに毎日ポジションを持ち越す形になっています。そうする
ことで、FXではポジションを保有している間は毎日スワップポイントが得られるのです。


インターバンク市場では担保なしで一日借りられる無担保コール市場があります。ここ
から金利0.1%で100万円を借りたとします。そして、豪ドルの金利が3%と仮定します。


そのときの金利差は2.9%つまり1年で2万9000円利息がつきます。これを365日で割り
ますと一日あたり79円の利息が得られます。これがスワップポイントの仕組みです。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!