FX会社によっては安心して投資家の方々が取引できるように預託金制度を採用しています。
預託金は証拠金とは別に取引を始める前に一定の資金を預け入れておく仕組みです。

【PR】 全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう!



預託金という仕組みがなぜ良いのかといいますと、先に資金を預け入れることによって、確実
に資金配分を考えながらFXを取引することができるからです!。


もしかすると「別になくてもできるのでは?」と思われるかもしれません。


仮に証拠金のみで取引した場合は、マージンコールが発生するたびに 追加で証拠金を差し
入れるか決済するかの選択が迫られることになります。これは避けることができません。


そして、相場が上昇局面にあるため、もう少し取引を続けるためには追加で証拠金を差し入れ
なければなりません。しかし、さらに相場が下落する可能性もあるわけです。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義



そうなりますと、再び証拠金を差し入れなければならなくなります。また、手元に証拠金分の
お金がない場合や、お金はあっても銀行に行く暇がなければ意味がありません。


追加入金できない場合は最悪の場合は強制決済しなければなりません。この時点で損を損
として確定されます。取引を続けていれば相場が回復する可能性もあったかもしれません。


しかし、先に一定額の預託金を預けていればマージンコールは発生しずらくなります。


ですので、余裕を持って取引することができます。上場相場では短期的に下落しても相場が
持ち直す可能性も十分ありますので、こういった場合に預託金制度は大きなメリットです。

【PR】 FX取引はツールで「シグナル」を先取りして勝つ!


 タグ