■難解な専門用語もすぐに慣れます!


FX取引を実際に始めるにあたって、まず戸惑うことは難解な専門用語です。


こうした専門用語の全て英語がベースとなっているので最初のうちは戸惑うと思います。


実際に為替レートの一覧をみても通貨ペアの欄は全てアルファベットで表示されていますので、
ドル・円から取引したいと思っても、どれがどの通貨か分からずに混乱するかもしれません。

為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>






■通貨ペア表記について


基本的にFXのような外国為替取引の世界では各国の通貨を全てアルファベット3文字で表します。
例えば米ドルだったらUSD、ユーロはEUR、日本円はJPYといった具合です。


基本的に最初の2文字が国を表します。そして、三文字目が国を表します。これはISOによって
定められた世界共通の通貨コードです。慣れればすぐに覚えられます。


そして、通貨ペアの表記の順番も決まっています。例えばドル・円(USD/JPY)の場合は円・ドル
とは表示されません。この並びは右側の通貨に対して左側の通貨はいくらかを表します。





■取引会社のデモトレードで慣れましょう!


ですので、日常生活で使われない言葉が山のようにありますので、FX会社で口座を開設して、
すぐにもでFXを取引したいといった思いがそこで砕かれることになるかもしれません。


ですので、いきなりFX取引をはじめるのではなく、取引会社が用意しているデモトレードで
実践的な取引を学びながら、こうした専門用語にも慣れていくことをオススメします。


FX取引はスプレッドで利益に差が出ます! >>