■ツールやサポートが充実している業者を選びましょう!


FX業者を選ぶにあたって、取引コストは当然のことながら重要です。しかし、取引コスト
だけで選んでしまうのは危険です。コスト以外にも重要な点がいくつかあります。


やはり、投資家をサポートするシステムが充実していなければ意味がありません。


優良業者は、テクニカルチャート、情報ツール、各種注文方法などが充実しています。
そして、こうしたツールが使いやすく、サポートが充実した業者を選ぶべきです。

為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>





■信用が何より大切です


また、顧客の資金を管理するわけですから信用度の高い業者でなければなりません。


これまで、顧客の資産を預かる方法として分別管理か信託保全のどちらかが義務付けられ
ていましたが、信託保全でなければ、営業を認められなくなりました。


それだけ厳格化しています。しかも今後中国経済崩壊の影響を世界経済がモロに受けます。


そうなれば1日で各国の通貨が対円で10円も動くような危機的状況下を迎えるでしょう。


近い将来そうした中で外貨投資することになります。中には台風にサーフィンをやる輩の
ように、大きな利益が狙えるとばかりに、危険な取引をする投資家も必ずいます。

あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義






■信用リスクを今後はより警戒しましょう!


そして、証拠金以上の大きな損失をこうむるわけです。


そういった投資家を多数かかえてしまうと、業者側も大きな損失をこうむってしまいます。
最悪の場合は業者事態も破綻に追い込まれてしまいます。


そのときに信託保全が採用されている業者であれば、仮に破綻に追い込まれても信託銀行
に投資家の資産は別に管理されているので安心です。


とはいっても破綻する可能性が低い業者を選びたいものです。


そこで目安となるのが、自己資本規制比率です。


基本的にFX業者は120を超えていないと営業することができません。


やはり、200%前後ある業者でないと怖くて取引できません。こういった取引コスト以外
の点にもしっかりと目をむけたうえで、ご自身にあったFX業者を選ぶ必要があります。

全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう >>