■レバレッジの仕組について


レバレッジはFX取引における魅力の一つです。


よくレバレッジについて誤解されているのが単純に取引ツールで3倍なら3倍と入力する
ことによってレバレッジが設定できるものと誤解されている点です。


基本的にレバレッジとは最低取引単位(1万通貨、1000通貨)に対して必要な証拠金比率
をさします。一般的なFX取引会社の1万通貨単位で無いと取引することができません。


FX取引はスプレッドで利益に差が出ます! >>





■レバレッジはリスクそのものです!


ですので、1万ドル、1万ユーロ、1万ポンド購入する必要があるわけです。


例えば今現在のドル円相場が1ドル=100円と仮定します。


ドル円の通貨ペアで取引した場合、1万ドルを購入するには100万円が必要です。


証拠金が100万円ならレバレッジは1倍となります。証拠金が10万円ならレバレッジは10倍
となり、「 証拠金 」が1万円ならレバレッジは100倍となります。


法規制によりFX取引会社のレバレッジは25倍です。


あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義






■海外FX会社に注意


個人的には25倍で十分だと思っていますが、「 海外FX会社 」で取引すると100倍以上の
レバレッジをかけて取引することができるため、非常に人気が高いようです。


この点は海外ということで難しい点が多いので注意してください。


また海外FX会社で運用して高額配当をうたう怪しいファンドにも注意してください。


またリスクをできるだけ抑えるためにFXで外貨預金感覚で取引することを検討されている
方は必ず証拠金と同額(レバレッジ1倍)の取引ができるか確認してください。


いわゆるFXがリスクが高いと評されるのは、このレバレッジによるものです。


無謀なレベルのレバレッジをかけて取引しなれば、外貨預金などとは比較にならないほど
投資効果の高い外貨商品であるため、依然として幅広い層に人気があります。


為替取引を始めるなら最少スプレッドで利益を確保せよ >>



 カテゴリ