為替はなぜ変動するの?


基本的にFXは二国間の通貨を取引することで利益を得るわけですが、実際に通貨が取引される場面では、ドルを取引する場合はドルを基準に他方の通貨の交換レートが表示されます。


商社や貿易会社に勤めている方は日常的に為替に触れる機会が多いので問題ないのですが、これまで為替に無縁だった人が1ドル=90円が100円になっても円高か円安か分かりません。


必ずといっていいほど混乱します。どうしても円が多くなるということで円高と勘違いされます。




為替が変動するとこうなります


しかし、実際には90円出して1ドルが買えたのに対して100円出さなければ1ドルが買えなくなった
ので円の価値が下がり円安なんです。通貨の価値が変動すると物価も変動することになります。


基本的に円高はより少ない円で他の国の通貨と交換することができます。


そして、反対に円安は他の国の通貨を交換するのにより多い円を必要とします。


どうぞこれだけをしっかり覚えておいてください。




こうして相場は騙そうとする


同じようにドル高やユーロ高というのは、より少ないドルやユーロで他の国の通貨と交換できることをさします。つまり、取引する通貨に対してドルやユーロの価値が上がったことを意味します。


そして、反対にドル安やユーロ安は他の国の通貨と交換するのに、より多くのドルやユーロが必要になることです。つまり、取引する通貨に対してドルやユーロの価値が下がったことを意味します。


 カテゴリ
 タグ