■売買ルールの重要性について


売買ルールを軽視する方が圧倒的に多いですが、売買ルールに従ってトレードすることに
よって、ぶれそうになっても、迷いを抑えて的確にトレードすることができます。


しかし、せっかく売買ルールを設計しても、ルールを無視してしまったら何の意味もあり
ません。利益確定および損切りは必ず実行する必要があります。


今回は利益確定するポイントと、その後の対処する方法について解説させていただきます。


全通貨業界最高水準のスプレッドでFXをはじめよう >>










■適切なポジションが無理なく取れる!


例えば 買い ポジション を建てていた状態から、予想通り 相場 が上昇したことよって、
利益確定ポイントに到達したため、全でのポジションを決済したと仮定します。


当然のことながら、次の日から何もしないで良いというわけではありません。


次の日からも売り買いの判断だけは訓練として必ず行います。


次のエントリーのタイミングを図る上で非常に大切です。


もし、買いだけでトレードされているのであれば次の機会までしっかり待ちます。


あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義






■無理すればするほど取引が難しくなる


仮に売り買い両方でトレードされているにしても、すぐさま利確して早々と次の日から
売りポジションを建て、エントリーすれば良いわけではありません。


投資判断に悩むことになるかもしれません。


例えば、相場の状況が 「売り」 だと判断するのをためらう状況が続いて、どちらかと
いえば 「買い」でエントリーしたいような状態が続く場合もあるかもしれません。


こういった状況下では次の一歩を踏み出すのに悩まされます。





■どれだけ余裕が持てるかで勝負が決まる


しかし、その前の段階で利確していますので、仮に相場がそれ以上、上昇したとしても
上昇しすぎであると考ることも当然のことながらできるわけです。


この時余裕を持って待てる状態にあります。


利益確定した後に、しばらく売りか買いかの判断を毎日続けることによって、いざ売り
タイミングに転換したら、新たに売りポジションを建てて相場に入ればいいわけです。


こういった形で取引すれば余裕をもって相場に入ることができます。


FX取引はスプレッドで利益に差が出ます! >>